プロゴルファー織部金次郎4 シャンク シャンク シャンクの作品情報・感想・評価

「プロゴルファー織部金次郎4 シャンク シャンク シャンク」に投稿された感想・評価

《ご長寿の映画》、Vol.11。

シリーズ3作目までは観てたからいよいよコアな部分に触れてるような気がする4作目。

プロゴルファー織部金次郎、通称“おりきん”。
昔からこのシリーズが大好き。
武田鉄矢は金八先生よりも、本シリーズか『刑事物語』の武田鉄矢が好き。

言うほど“鉄矢節”をかましてないからかも知れない。
金八のように生徒の前に立って教えを施すキャラではなく、“うだつが上がらない”をそのまま地でいく代名詞みたいなキャラクター“おりきん”がとてもハマってる。
若干説教臭くて講釈垂れだけど、棘がなく、等身大で、欲をかかないこの庶民的なキャラが素敵。

このシリーズは途中から武田鉄矢自ら監督やってることもあって、彼の魅力を余すことなく存分に徹してる感じ。“うだつの上がらない”を存分に。

そして、このシリーズの見どころはその“うだつの上がらなさ”と双璧をなす見どころは、財前直見。
彼女がめちゃくちゃ可愛い。
シリーズ1作目からおてんばでお茶目なキャラ。

歳の差も、キャラの差も、美女と野獣さながらの武田鉄矢と財前直見。
彼女に振り回される反面、彼女のストレートさに何度も助けられて“うだつが上がらなくても”ゴルフを続けられてこれた。

その腫れた惚れたでも語りきれないこの2人にしかない付かず離れずの関係性が最高。

今回も、おりきんは桜子と娘達のためを思って、お金のためにスポンサーを付け、クラブを変える。
大事な手に馴染んだサンドウェッジを置いて別のサンドウェッジを握りながら戦う。

元のサンドウェッジで調子を上げたのに、スポンサーの思惑に左右される。
スポンサーの会社の女課長の妙な距離感など、今回も良かれと思ってやればやるほど本意ではない雑念が増えて、本当に求めていたことを見失う。

47歳と言う年齢でやっと掴みかけてるシード権を追うか、理由はどうあれやっとついたスポンサーとの契約の狭間で起こる摩擦と葛藤。

光石研は最高だが、彼に振り回されて不憫なおりきん。でも途中から妙に親身になってくる光石研は胸を打つ。

シャンク、シャンク、シャンク。

望めば望むほど遠のく夢や希望。
得意のバンカー攻めで愛用しているクラブをステラに変えたこと。
それを勧めたのは桜子であること。
皆が良かれと思って掴ませたチャンスが、転じて彼をピンチに誘う。

この雑念多き彼のゴルフ人生、何を掴むか、どの道を行くか。珍しく取れる選択肢があるようなないような、そして、結局彼らしい選択とは何なのか、が浮き彫りになる4作目。

やっぱり財前直見可愛い。まさにツンデレ。
しかも「あたしは、おりきんにはナンバー1ではなく、オンリー1になってほしい」って、どんだけ時代を先取りしたセリフか。

そして、阿部寛カッコいい。
その他のお馴染みのオリキン思いの仲間達の気遣いや下支えが今回はやや少ないが、胸に沁みるこの庶民的シリーズ、良い。

“うだつが上がらない”、それで良いじゃないか。
うだつが上がらなくたって幸せはあるんだ。
どこでどんな成績だってそのままで良いんだ、みんながついてるぞ。

この頃のバブルな世界観の中で、寄り道ばっかして庶民の期待と夢を乗せて、スター性が無くとも皆に愛されて、がむしゃらに全てを飲み込んでシャンクを打ちにいくおりきん、最高。


F:1728
M:106
カペリ

カペリの感想・評価

3.5
・織金のバンカーショットの技術に目をつけたゴルフクラブメーカーからまさかのスポンサードの打診があるが、織金は気もそぞろ
・前作はなんだかストーリーがゴタゴタ散らばった印象だったが、本作はスムーズだった
・織金で知覧の特攻隊の話が出るとは思わなんだ、“特攻花”の逸話って実話なんだろうか?
・モデルハウス見学時の財前さんの服装がかわいいと思ったら、そんなオチが
・シャンクに怯え過ぎの観客たち、どこまで逃げるんだよ
・前作よりずっと活躍の光石研さん、赤いドレスが妖艶な高橋ひとみさん、いいライバルの林隆三さん、再び警官役の堀内孝雄さん
楽しめた。
著書に「前略 パーの神様へ 私の事をお見捨てですか」がある ゴルフ好き がよく判る
mokomoko

mokomokoの感想・評価

2.8
人生の寄り道(シャンク)は決して悪い事ではないってテーマはいいと思うよ。

2019久々みた

シャンク
ゴルフではミスショット
横道それたボール
寄り道の意味で使われたりする

ーーーーーー
1〜4作の中でコメディ色は一番薄いが
一番よかった
特にラストの桜子はシリーズ中で
一番いい女だった
ーーーーーー
今回は沖縄

プロ25年目50歳
21年目46歳で1勝しただけだが
バンカーからのカップイン率の高さに
企業が目をつけた

使い慣れたSWの封印
cm出演と新製品SWステラの使用
が条件にスポンサー契約
娘の学費のため
仕方なく受ける
しかしオリキンには使いにくいセッティング
それはまるで誰かに合わせたフォルム
シャンクによる事故で仲間にけがを負わせる
安部の嫁にプロゴルファーの嫁像をみた桜子
大切な仲間たちを追い払うスポンサー
引き離されても追ってくる桜子
桜子がきにくわないオカマ
7年前プレイ中に倒れた仲間
新しい父親と娘たち
ステラに固執する女課長
自分だけじゃなく周りも全員まっすぐ進めてない
ゴタゴタ続きで臨んだ沖縄大会
シード権獲得がかかった最後の一打
シャンクステラを使うしかない
諦めないオリキン
誰も思いつかない発想で奇跡を起こす



1742
2146
2550
ーーーーーー
ナンバーワンよりオンリーワンのフレーズは
このときすでに月並みだったんだな
スマップの歌が2002年やからな
ーーーーーー
高橋ひとみは1作目でクラブをくれた女だが
別人の役

旅館のお手伝いさん1作目から毎回同じだ

警官
堀内孝雄

励ます会に来たテレビレポーター
岡本あつこ

あなたにおすすめの記事