口裂け女の作品情報・感想・評価

「口裂け女」に投稿された感想・評価

daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
「口裂け女」とはいったい何者なのか?その誕生の影の忌まわしい秘密とは?
27年前、日本全国を恐怖で震え上がらせた「口裂け女」が、とある郊外の町に出現するという噂がささやかれ始める。 
やがて噂どおりに子供たちが行方不明になる事件が続出、目撃者の証言から浮かび上がる犯人の姿は、白いマスクとコート、長い黒髪の女性---まさに「口裂け女」(水野美紀)そのものだった。 
目の前で教え子を連れ去られた教師・京子(佐藤江梨子)と教師・松崎(加藤晴彦)は、子供たちを救うため、命がけで真相究明に乗り出し、口裂け女の悲しくも忌まわしい秘密が明らかになっていく!
あなた方は、「口裂け女」という都市伝説をご存知だろうか?80年代に子供たちの間で語り継がれ恐れられたモンスター。ぼさぼさの長い髪にマスクに、ロングコート。マスクの下には大きく切り裂かれた口。赤い屋根の隠れ家に住み、赤いカローラに乗って子供をさらいに来る。日本版ブギーマンのようなモンスター。この映画では、「口裂け女」のルーツにも踏み込んでいる。
キーワードは、「風邪」「虐待」「デカイハサミ」。
子育てに悩む母親を媒介にして、子供に対する大きい愛が反転した憎悪の化身として子供たちを次々に血祭りにしていく口裂け女に、果たして勝てるのか?
デカイはさみを武器に口裂け女が子供をズタズタにしていくスラッシャーシーンは、トラウマもの。
全体評価が低いが都市伝説を映画化したものなので個人的にはいい出来かと
いつ襲われるかわからないヒヤヒヤ感、子供心を擽られる一作
かなき

かなきの感想・評価

2.9
『ワタシ、キレイ?』

リサイクルショップのテレビで延々と再生されていた。あまりの再現度の高さと衝撃的な描写はなかなか忘れられず、後日レンタルしたものの、殺戮シーンはトラウマ級。
今思えば、よくこれを店頭で流していたなと思う。趣味が悪いにもほどがある。笑
きゅう

きゅうの感想・評価

4.3
口裂け女のビジュアルがどの口裂け女作品よりも良かった。
都市伝説で語られていない部分の、口裂け女に襲われた後の子供がどうなるのか、というところが容赦なく描かれていて感心した。大人に見られない内に手際よく子供に手を下す強さで怖さをきちんと表せていた。
ただ、その他の演技力が微妙でいちいち気になった。
この口裂け女は憑依&パワータイプでかなり強かった。そこはとても良かった。せっかくビジュアルもパワーもあるのだから、チャームポイントのお口をもっと開いてアピールして欲しかった。
都市伝説界の超大御所、口裂け女を独自に解釈した作品。

本作の口裂け女は序盤からハッキリと姿を現し、手際よく子供たちを誘拐する。

この口裂け女、子供に全く容赦が無い。
片手に持った大きなハサミで子供を切り刻むシーンはあまりにも残虐で思わず目を背けたくなる。
(切るシーンが直接カメラに映るわけでは無いが、血まみれになった子供の姿が映るのでかなりキツい。)

口裂け女誕生のくだりはあっさりしていたが、口裂け女の恐ろしさは存分に味わえる。
ひなた

ひなたの感想・評価

2.3
最初は怖かったけど、ちょっと間延び感あったかな。
口裂け女役の水野美紀が綺麗だったので、星2つ⭐️
lag

lagの感想・評価

2.6
棒読みが不安と気持ち悪さに拍車をかける。

元が都市伝説なのもあってか、二次設定というか取って付けたような異能。突っ込んだら負けかな。
smzu

smzuの感想・評価

4.5
口裂け女が露骨に出てくる感じが好きです。変に演出しない感じが怖いです。ずっと心に残ってて、白石晃士を知るきっかけになりました。ハサミとらうま
ホラーというよりミステリーっぽさが強い感じ。ハサミがリアルな痛みを想像させてゾワッとします。

2017/11/26 DVD
porikozn

porikoznの感想・評価

2.0
佐藤江梨子と水野美紀。
当時は今更の口裂け女〜とか思ってたけど、佐藤江梨子のスタイルが良い事。そこに目がいってしまう。
ってか、めっちゃ切れるハサミだよね(笑)
>|