呪怨の作品情報・感想・評価・動画配信

呪怨2002年製作の映画)

上映日:2003年01月25日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

3.0

「呪怨」に投稿された感想・評価



前半、細切れで理解しづらい
としおが私の祖父と
同じ名前で笑った

個人的に着信ありの1の方が
怖いな

布団のシーンは印象にあった
小さい頃見たけど今でも怖い
Jホラーの王道
じめっとしてあと残りがある怖さ
超有名Jホラーの1作目。

この呪怨シリーズ今までに観たことがあったのは「貞子VS伽耶子」のみ。正直、音で脅かしてくるだけでむしろバトルものとして楽しめてしまう映画だった。

その原点を観てみようと思ったが、結構期待外れだった。驚かしてくるシーンもなんとなくわかってしまうし、幽霊?もすべてただただ白塗りのひとたち。結局、びっくりは多少するけど心のそこから怖いと思える作品ではなかった。

まぁ、観ておいて損はないかもしれないけど、2作目を自ら進んで見ることはないと思う。
まっき

まっきの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃見た時は、聖域である布団の中からお化けが迫り来るなんてありえんやろ!反則やん!と怖がりまくった記憶がありますが、大人になって見るとそこまででもなく…ビデオ版の方が怖かったように思います。

みんななぜ玄関でへたりこんじゃって伽椰子から逃げようとしないのかが謎。これを言うと元も子もないのかもしれないけど。
子どもの頃にみた布団のシーンが怖すぎてずっとトラウマだったんだけたど、20歳になってから観ると全然怖くないどころか、むしろジワる…ホラーの見すぎで慣れたのか、それとも呪怨がそこまで怖くないのか。
iori

ioriの感想・評価

2.0
人と叫びながら観るのが楽しい。もし一人で見てたらあんなに怖がったか分からん。冷静に見ちゃうと、この動き練習したんやろなーとか考えちゃうし。
mai

maiの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃一部だけ見たことがあっと。それご布団の中からの伽倻子。当時は安心できる場所だった布団が一気に恐怖の場になりトラウマだった
オニバス形式なのを知らなかったが、おもしろかった。これにより色んな人が呪われていくのがわかり、ジャパニーズホラーを感じた
788

788の感想・評価

1.0
今見るとこの評価になってしまう。
the ジャパニーズホラー
瀕死

瀕死の感想・評価

3.2
ビデオ版未視聴状態で鑑賞。

あまり怖すぎず、程よく楽しんで観れた。
結構好き。

オムニバス形式だがそれぞれが伏線で繋がってる感じがいい。
勝也さんが彼女か奥さん?が浮気してたって疑うシーンあるけどどんな奴と子作りしたらあんな肌白い子供出来んの?伽椰子のどんなところからでも殺しに来るというかじわじわと襲ってくるというのはJホラー感が溢れてて良いなって思いました。あとリングとのJホラー二大巨頭なのでもうちょっと評価高いのかなって思ってたのと天使の国?って王様が居るってことは奴隷も居るのかぁ
>|