呪怨の作品情報・感想・評価

呪怨2002年製作の映画)

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

2.9

「呪怨」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

としお怖し(>人<;)苦手。

頼む。布団の中はやめろ。

髪洗ってる時も自分で洗うから手伝ってくんな。

バカこえぇ。参りました。
面白いなぁ〜

「リング」とはこれまた打って変わって、かなりトーンの違うホラー。

割と序盤からはっきりと化け物が出てくる
笑っちゃうギリのラインを攻めていて、ちゃんと怖い

そのへんのバランスが見事でした。
日本の日常の中に恐怖を織り交ぜているので、怖いと感じる。
しかし、単純で演出も凝っていないのか、リピートはするまでではない。
過去のオリジナル版の方が、精神的恐怖を味わえる作品となっている。
ひろせ

ひろせの感想・評価

2.5
過去に小説を読んだ後に鑑賞した記憶。あまり面白くなったような。
A

Aの感想・評価

3.0
ラストの階段シーンやっぱり怖くて目つぶっちゃった笑

伽倻子の夫役の人の表情の作り方が凄い
本当に人を殺したことがあるんじゃないかって感じの目をしてる。

「終わりの始まり」も怖かった〜
き

きの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

今見たら流石に色々チープなのと演出笑えてしまうところも多くて怖くはなかったけれど、細かい演出にうまいなぁと唸る場面もチラホラあったし、1時間半のサクッと観れるなりに楽しめました。
貞子ほどではないにしろ、伽倻子というキャラクターは秀逸だなと思う。
邦画ホラーのじとっとした、哀しいテイストも効いていて、印象深い。
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.0
お昼どき、ランチしながら呪怨(`・ω・´)笑
さすがにそこまで近づくと、アイラインがガタガタしてるの分かるね笑
うわあー猫いっぱいだあぁぁ…((((;゚Д゚)))))))……あれ、でもちょっと羨ましいかも…(´⊙ω⊙`)?
kaito

kaitoの感想・評価

3.4
ホラー映画って、音で脅かすようじゃダメだよね。映画を観た後にも身体の底から震えが湧き上がってくるように、身体にすみついてしまう恐さが本当のホラー映画だと思う。これはそういった映画の一例になる。
「リング」と肩を並べたJホラーの至宝

実際オムニバス形式で話が展開するのは面白かったけど時系列での関係を考えてしまうから怖さが半減する。

最後の女の子が特別扱いを受けるのもよく分からん^_^;

けど、この作品は伽椰子の登場や俊雄の演出などの力の入れ方が他のホラーよりレベルが違う。
ホラー映画の幽霊のタイミングは掴めるけどこの作品は予想を毎回超える演出してるから何回観ても緊張と戦慄が走る。

呪われた家での階段から降りてくる所や2階の屋根裏から1階の部屋までの表現の仕方が一軒家の魅力を全部引き出せてる。

このバケモン=伽椰子は倒せないよな~・・・
違う!バケモンにはバケモンをぶつけんだよ!←ホラー界の名言
KoYa

KoYaの感想・評価

3.7
びっくりさせる感じじゃなくて邦画独特の嫌な怖さがある。布団とかお風呂とか子供の頃怖くなる場所をうまく取り入れていて、小さい時観たらトラウマになってただろうと感じる。色んな意味でこれはたしかに流行るな〜って思った。名作だと思うけど案外評価が低いのが意外。
>|