リングの作品情報・感想・評価

「リング」に投稿された感想・評価

TOMO

TOMOの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

貞子が呪いのビデオを通じて襲ってくる

ホラー映画の中で一番好きな作品
終始画面が暗く見えづらいからテレビに寄って行ってしまう。
実際見たのはめっちゃ前なのに、描写はめちゃくちゃ鮮明に覚えてる。
最初から最後まで、曇天な感じ、重いムード。
テレビから貞子出てくる件は新しすぎて感動すら覚えた。


各国色んな得意分野の映画があると思うけど、ホラーの分野は他国に負けてないと個人的には思う!
月

月の感想・評価

5.0
今のホラー映画にはない怖さ。
この映画好き。
ちゃんと物語もあるし、いまどきの驚かす怖さじゃなくて、ジワジワと迫ってくる怖さ。
やっぱりこの時代のホラー映画が好きだなあ
mimi

mimiの感想・評価

3.5
ほんとによく出来たお話◎
身近に起こりうるかもしれない事を題材にしてるだけあって怖さがリアルになる。
考えた人は賢い。
凛太朗

凛太朗の感想・評価

3.5
ジャパニーズホラーの金字塔と言えばこれですよね。久々に観たくなったので鑑賞。
私が初めて観たのは、VHS化されたタイミングくらいかな?20年近く前の中学生くらいの時に観ましたが、当時は凄く怖かった記憶があります。
映画版の前に高橋克典主演の2時間ドラマ版をテレビで観た記憶がありますけど、こっちはこっちで記憶に残ってますね。今ではテレビではやれないだろう。って感じの内容だった気が…

映画版の冒頭、いきなりどこかで見覚えのある二人組の女子。
竹内結子さんと佐藤仁美さんですね。
久々に観て何がびっくりって、この二人が出てて、当たり前だけど凄く若かったこと。
それと、真田広之がめっちゃイケメンだったことと、松嶋菜々子の演技が意識して観ると笑ってしまうくらい酷いこと。
当時は松嶋菜々子も綺麗やなぁ。くらいの認識くらいしかありませんでしたけど、改めて観るとこの演技は違う意味でヤベーです。でもやっぱり綺麗。

改めて観ると特に怖くもないんですけど、当時はトラウマになるくらい怖かったですね。
なんであんなに怖かったんだろうか?って考えてみたんですけど、やっぱこれ当時はDVDやBlu-rayではなく、当然インターネット配信でもなく、VHSが主流だったってことごあるでしょうね。
呪いのビデオどーこーで、実際自分もビデオを観ちゃってるわけである。科学では証明できない得体の知れない恐怖。
勿論映像自体、貞子のアレも含め不気味で怖かったってのもありますけどね。

更にこの映画から数年後、携帯電話の普及によりチェーンメールなどが流行りましたね。
このメールをいついつまでに何人かに送らないとどーのこーのといった内容の。
現在でもSNSでのわけのわからないデマの拡散だとか、マスコミやネット社会による個人批判だとか、色々とこの映画に通ずるところはあると思います。
たわし

たわしの感想・評価

3.8
言わずと知れたJホラーの金字塔
原作に比べるとちょっと端折っている部分はあるけど、1ジャンルを確立したこの映画を観る価値はあると思った
原作が面白く夢中で読んだ記憶が蘇る『リング』の映画化。
映画化もジャパニーズ・ホラーとしてエポックメイキングなもので貞子の出現のビジュアルや主題歌などマスメディアに与えた影響が大きいのは周知の事実。
一方で主人公の浅村が原作では男性であるのに対して松嶋菜々子を配したキャスティングに疑問にも思ったもののビデオの映像を見てしまった息子を扶ける手段を探す必死さは母親のそれの方が説得力がより高いと思えて良い変更だったかと。
冒頭のシーンにおける女子高生の被害者とその友人が竹内結子とライザップの佐藤仁美だった事に軽い衝撃を感じた。
ユウサ

ユウサの感想・評価

3.2
凡ゆる機器のデジタル化によってホラーは死んでしまった。呪いのビデオの不気味さいいですね。
Wa

Waの感想・評価

3.5
123456789 1011121314151617181920
houjh13

houjh13の感想・評価

4.5
呪いのビデオにまつわる連続変死の謎を追うホラーミステリー。映画にのめり込んでしまう。謎の女貞子とは何者なのか?そこに至るまでの展開が素晴らしい。

昔のホラー映画はやっぱり怖い。

松嶋菜々子さん、お美しい。

貞子さん、見つけてくれた恩人に対して、そりゃないぜ。。

恩を仇で返したらだめよー
>|