CUBE2の作品情報・感想・評価

「CUBE2」に投稿された感想・評価

WOWOW.

時間と空間をゆがめた四次元キューブから脱出を目指すパート2。前作がよかっだけに期待しすぎてしまい入り込めなかった。チープになってリアルさがなかった。
前作「CUBE」の続編となるが、もちろん登場人物、CUBEも進化し、仕掛けも違っている。

冒頭のヒトの眼球のアップが前作同様に使われているが、できたらやめてほしいくらい気持ちが悪い😨

前作に比べてCUBE内が明るく、CGが使われているが、’80年代の洋楽PVを見ているような安物描写😓

今回はほんの少しCUBE外のシーンも出てくるが、イマイチのエンディング…💦
完全B級ホラーに成り下がった…

WOWOW録画
グロいシーンはほとんど無く 私的には良かったけれど 安っぽい感じが拭えない。続編だ!と期待したものの がっかりしてしまったパターン。前作が素晴らしい作品だということがよく分かりました。

74
との

とのの感想・評価

3.0
酷評されるほど悪くはないと思うが、前作の良さはまるでなくなってしまっている。まず、四次元立方体という謎理論。前作でもそこそこ有り得ない設計だが、今作はもう一気にファンタジーの世界。また、人間に裏がありすぎるのも微妙。その意外性も脈略がなく、前作のような納得感がまるでない。うーん、、こうやって振り返ってみると、やはり酷評されてしかるべきかもしれない笑
アキ

アキの感想・評価

2.3
続編。。

正直微妙でした。

前作が面白かったことにより、期待しすぎちゃったかも。。

でも最後までは見れました。

このレビューはネタバレを含みます

1のキューブの陰謀論やった場合のキューブ

スピードのはやい自動ドアこわすぎ
Towa

Towaの感想・評価

2.0

“四次元立方体…”

『CUBE』の正統な続編、第二作。
前作からの設定は踏襲するも
監督、脚本も一新した今作は、、
✒️老若男女がまた新たな超立方体
”HYPER CUBE”から脱出を試みる
密室スリラー作品。


最鑑賞。全く覚えていなかったけど
「そうだったそうだった…」
観るのが苦痛の子守唄。
前回、途中で挫折した理由を
再認識することになるとは、、
今回はがんばるぞお(棒)

先週からごめんなさい、
低評価ばかりの作品で。。
とはいえやってくうー♪


前作のCUBE内は暗くじめじめ感あって
人も少なく眠たくなりそうな雰囲気
なのに面白いから眠くならない立方体。
今作は対照的で明るく白く清潔感あって
人も多いし退屈な会話劇も続いていて
今回も眠たくなってきた。てか寝た。

「ん?」

まず皆わちゃわちゃ集まりすぎ!
前作ならぎゅーぎゅーなりそうのに
部屋がちょっと広い気がした。

「んん?」


そして、今回はもうSF感満載設定に
変わって部屋がなんと四次元ボックスに
なっていてもうどんだけ説明されても
訳わからず、無理ゲー感が出過ぎ!

まぁーテンポも悪いし回想っぽいの
挟んでくるし、トラップも最先端すぎに
なってて全く怖くもないし意味わからん!!
しかも全くグロくないオマケ付き♪

「ふぬぬん?どこかできいたような…」
「まさか!」

日本リメイクって部屋も明るいしグロない
これをかなり参考にしていませんか??


ラストはラストで衝撃でもなく
それよりも気づいたことがあって
日本版の杏ちゃん役の役割と
あの人の役割が存在は違えど
一緒なんですけどー!!!笑

やばい。。そりゃこの評価になるよ🥺
これはもう観ないと思いまーすハァァ💨


一口メモ:
以前これみて3作目をやめたっけ…
いや今回は3作目を観るッ!!
次作は初鑑賞だ、楽しみ🧚‍♀️
あまりに典型的な駄作続編で感心した。調べたら1とは監督脚本製作全部違う別物だった。観なくていい

機能が進化してるけど1の「作っちゃったからどうせだし使ってるだけ」設定どこいった
CUBEから引きつづきシリーズ2作目。

前回と違い、みんなガンガン部屋を移動してる。トラップは少ないが、その代わりパラレルワールドの存在が加わり、時間軸が並行して存在する空間になる。その為、トラップへの恐怖というよりはヤバイ奴とまた出くわす恐怖だったり、自分が死ぬ瞬間を見ちゃったり、別の精神的恐怖が襲ってくる。


前作とさらに違うのは、このメンバーだから脱出できたという仲間意識より、皆んながちょっとずつこのCUBEの開発に関わっていて、謎が見え隠れする感じ。結局のところは何だか分からないので、次のゼロを観るしかない。

2022.37本目
1作目に引き続き鑑賞。

うーん、微妙。
妙にSF臭くなったうえに分かりづらい。
グロさもさほどなくなり、中途半端な作品になっていました。

キューブは別にシリーズで見る必要はないかもしれませんねぇ。
>|

あなたにおすすめの記事