The Platform(英題)の作品情報・感想・評価

The Platform(英題)2019年製作の映画)

El Hoyo/The Platform

製作国:

上映時間:94分

ジャンル:

3.3

「The Platform(英題)」に投稿された感想・評価

Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.0
面白かったし、テーマが割と早いうちにわかるんだけど、いろいろな要素や物語構成もちゃんとしてるから最後まで興味もてた。でもそのわりにラストのメッセージのインパクト薄いし、伝えたいことが全面に出てきて、所々細かい設定ズボラじゃないかなあ?

スペインの映画だと知ると納得できますが。
dio5

dio5の感想・評価

2.0
シチュエーションホラー
伝えたいことは分かるけどスッキリしない終わり方
SFサイコスリラーといった感じの作品。賛否両論あると思われる。個人的には星新一の作品が好きなのでのめり込んで見ることができたが、近未来に起こりそうな奇妙な世界観が苦手な人にはおすすめしない。
テーマとしては極限の状態においても人は私欲に制限をかけて他者の為に行動することができるのかという疑問が投げかけられていると感じた。これに対する答えは限りなくNOに近いと言える。というのも動物の本能としては生命維持が第一優先であり、生き延びて次世代にバトンを渡すことが生き物としての本質にあるからだ。
しかしながら人間と動物との違いは弱肉強食では測れない多様性を保って守っていくことにあるだろうし、その上で弱者に手を差し伸べ、全ての人が可能な限り平等であることは確かに価値があると言える。
この点において、この作品は非常に皮肉的であり、"うまく"機能しているように見える資本主義大国諸国の風刺であると感じた。
上の階層の者が下の階層の者へ他者への貢献を求めるシーンは、まさしくコロナ渦において大多数の顔も知らない民衆にSNSにてその豪勢な自宅から自粛を呼びかける世界的なハリウッドスター達という図と何ら変わらないものだ。
あらためて自分達の生活は顔も知らない大多数の困窮する人々の上に、彼らの犠牲の上になっているということを痛感せざるをえない。
構成としては、最下層とされる階が333であったこと、度重なる神を信じるか否かという問いかけなど、未だにヨーロッパの中でもキリスト教への信仰が厚いスペインの背景を鑑みると現実味があった。エンディングは海外特有の、視聴者の解釈に依拠するいわゆるスッキリしないものだが、現実世界ではこれより大きなスケールで数々の課題が山積みであることを考えるとこれでもまだ救いのある世界と思える気がした。
負の連鎖を断ち切るには「自分が上の世代にされて嫌だった事を下の世代にはしない」を選択するしかないんだな
Tackass

Tackassの感想・評価

3.3
いろいろ「?」なとこはあったけど、面白かったよ、obviously!
Yuka

Yukaの感想・評価

3.5
たて版スノーピアサー

からっぽになったマスク、トイレットペーパー、ホットケーキミックスの陳列棚って感じ(^。^)

別に代わりのより良い社会のあり方とかもなく、
心もからっぽに…

社会に疑問を提示する映画でさ、
日本人役がフィリピン人は本当やっちゃってる😅
やっぱりスペイン人にとってアジアは1つの惑星でした
Tomokito

Tomokitoの感想・評価

2.5
ナタリやメキシコのイサーク・エズバン系の不条理シチュエーション・スリラー。結構スラスラ状況が説明されちゃうのでこの手の映画としてはちょっと物足りなさがあるんだけど、これに関しては状況の謎解きや脱出というより、階層社会を打破するというメッセージを優先してるのでまぁ納得。
でも理論では食糧というか富の分配を均等にすれば全ての人に行き渡るとか言っといて結局そんなの机上の空論、というのがひねくれてるというかリアリスティックというか。
naho

nahoの感想・評価

3.3
人々の言動、そして建物のシステム、その一つ一つに社会の縮図を感じた。

ただ、この映画の中では、1人がずっと上層にいたり、下層部にいるわけではなく、入れ替わりがあることで他の境遇の人物が世界にいる事を知っている。

(ただし殆どの上のものは下のものの存在を知っていようともすぐに意識から無くなってしまうのだろうか)反対に、下のものは上のものたちを羨ましく思うと同時に、生き延びるための思考に脳が占拠されてしまいはたまたこちらの人々もだんだん他の境遇のものたちを忘れてしまうものなのだろうか


自分が相手にしてほしいことを、相手がしてくれないと怒る。だが、自分がその相手の立場だった場合、必ずしもそのして欲しかった行為ができると言える人は少ないだろう


アメリカのVPN登録してまで見た価値はありましたが、たまに目を向けられないシーンがありました
Teru

Teruの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

個人的にはもう少し情報がほしかったけど、なかなか考えさせられた。

《追記》
一緒に見た旦那の説明で、女の子がなぜ"メッセージ"なのか理解した。
縦社会でどのレベルにいるかによって食べられるものも変わるし、人々のお互いに対する態度も変わる。みんなが自分のことしか考えていない中で、自分の子を守り続けた、母の強さに称賛。
Yurina

Yurinaの感想・評価

3.0
斬新。
数字が大きくなるにつれて下層へ向かうわけだけど、まさに可視化された縦社会だった…
>|