ライフ・イズ・ベースボールの作品情報・感想・評価

『ライフ・イズ・ベースボール』に投稿された感想・評価

家のDVD棚の未見ゾーンにいたけどとっくの昔に鑑賞していたことすら忘れていた…。

野球の話ではないのとそもそも面白いものでもない

これは邦題で原題は「Game6」1986年のワールドシリーズ、レッドソックス対メッツの試合を背景に、子どもの頃から熱烈なレッドソックスファンのニューヨーカーで元タクシー運転手の劇作家が、自らの自伝的…

>>続きを読む
犬

犬の感想・評価

3.0

タクシー

1986年のニューヨーク・ブロードウェイを舞台に、人生の正念場を迎えたレッドソックスファンの劇作家の男性と、68年ぶりの優勝にあと一歩のところまで迫ったレッドソックスの運命を交差させなが…

>>続きを読む
野球の話だと思った、と評価低いレビューが多いですね。舞台の脚本家の公私にわたる苦悩の話でした。

私はけっこう後半に向けてどうなるんだろうとドキドキしました。
最後はあっけなかったですが…

ニッキー・ローガン(マイケル・キートン)は脚本家で成功を収めている
新作も好評なのだが辛口劇評家スティーヴンから貶されることを恐れていて拳銃を手入れスティーヴンの殺害を考えている

レッド・ソックス…

>>続きを読む
こるり

こるりの感想・評価

2.0
主人公の無責任さに嫌悪感。野球の勝敗に都合よく逃げた。スティーヴン(RDJ)の野球の話に共感。彼の熱弁をもっと聞きたかった。

野球の話かと思ったので、正直ガッカリ。NYに住みながらレッドソックスを死ぬほど好きな人の感覚的なものは、アメリカ人(アメリカに住んでないと)でないとイマイチわからないと思うので、そこもマイナスなんで…

>>続きを読む
BoaS

BoaSの感想・評価

1.4

ゴリゴリの野球モノではなく、その名の通り、人生と野球を対比させ上手く描いた作品といいたいところだが、決して上手くはない比較とイマイチよくわからない内容に正直ついていけなかった。
何か見事に野球と人生…

>>続きを読む
Kanako

Kanakoの感想・評価

2.8
野球映画かと思って観たら違った。失敗を恐れる野球ファンの脚本家が自分の人生を野球に例えながら、試練を乗り越えようと奮闘する物語。感動というより、ちょっとハラハラする。ロバート・ダウニー・Jrが可愛い。
YakuzaPark

YakuzaParkの感想・評価

2.5
案外普通だった。
ただ、ロバートダウニーJr.とマイケルキートンの共演はすごく良かった。
>|

あなたにおすすめの記事