ザ・ファンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ファン」に投稿された感想・評価

幼き頃に破れた夢への熱い思いがつのってロバートデニーロがメジャーリーガーのストーカーになる話。

家庭も仕事も上手くいかない男がより選手にのめり込んでいくって流れだったけど、そりゃあ家庭も仕事も上手くいかないよねって思った。

やってることは狂気の沙汰としか言えないんやけど、幼い頃の夢が忘れられずどんどん執着していく様はなんだかちょっと切なかった。
サルサ

サルサの感想・評価

3.6
デニーロの演技力凄すぎて本当に怖い。最後のまさかのあんなところにいたのは笑える。
クリス

クリスの感想・評価

3.3
久々に見た映像派T・スコット監督、デ・ニーロ×スナイプスW主演のエキサイティングスリラー❗

アクション・サスペンスジャンルに長けているお三方なのに花形野球選手に執着して破滅していくセールスマンというなかなか地味なプロットになってるのがヒットしなかった理由かもな✨

展開としては、家庭崩壊してながら息子に溺愛してるナイフセールスマン(こういう職有るんだな🎵)のギルがジャイアンツに入団した花形選手のボビーにつきまとって自分を含めたファンを大事にしろ‼️って身勝手な行動する中盤までは見応え有る。

ギルが野球観戦に熱中するあまり子供をないがしろにしたり仕事の商談に失敗して失業したりとかなりダメな人間として描くので単にサイコストーカーって感じにならないのが中途半端な印象かな~

ボビーもかなり天狗なキャラクターで験担ぎの背番号11ユニホームにこだわってる割に着用してた選手(デル・トロ❗)と不仲になってもラスト辺りでは人情味ある発言してこちらも中途半端。

ボビーの子供を誘拐してからがスリリングな展開を見せるがちょっと飛躍し過ぎている感じ……

デ・ニーロのサイコパス演技は流石過ぎる🎵
chill

chillの感想・評価

3.5
この人...頭がおかしいよぉ...(泣)

ラーメンズ/studyより


家族や仕事を失った熱狂的野球ファンの男のひいきチーム、ひいき選手への愛は次第に狂気に変わっていく...

最近観た"ケープ・フィアー"でデニーロのヤバ奴演技は極まった感がありました。あの映画の男は刑務所帰りですでにボーダーのあちら側に行ってしまってた男だったんですが、本作はトラヴィス(タクシー・ドライバー)やパプキン(キング・オブ・コメディ)ラインの妄執に取り憑かれた男が今まさにボーダーを越えていかんとする映画です。やっぱこっちのタイプのあたおかの方が楽しいですね。

何度かある電話での会話シーンがこれでもかとカットバックするのやり過ぎ感も含めて良かったです。
とあるシーンで掛かるナイン・インチ・ネイルズのいや〜な感じの音楽印象的でした。
前にも観てるけど
こんな悲惨な終わり方だっけ❓

まぁ失業したし
失うものがないって怖いね。

紙一重で大惨事。
熱狂的ファンって怖い😱
SYU

SYUの感想・評価

4.0
2022/08/27
監督 トニー・スコット
ロバート・デ・ニーロ
ウェズリー・スナイプス

"狂ったナイフが、スタジアムにいる"

熱狂的な野球ファンである男が、1人の選手を応援するうちに狂気のストーカーと化し、選手を追い詰めていく様を描くサスペンススリラー。

R・デ・ニーロでもう一本。

これはかなり面白かった記憶、ストーカーという言葉が出始めた90年代後半、1人のスター選手に執着し、やがてその家族をも巻き込んでいく男、演じるデ・ニーロの、次第に身勝手な狂気に囚われていく姿が見事でした。

家庭や仕事の問題など、男が狂っていく様もしっかりと描かれ、クライマックスの試合でのシーンはドキドキさせつつ、予想外の展開を見せる娯楽性の高さは流石のT・スコット監督といったところでした。

ライバル選手を演じたベネチオ・デル・トロの憎たらしさ、他にもE・バーキンなど豪華キャストも見応えあるスリラーの秀作です。

鑑賞日1996年 劇場にて
shuki

shukiの感想・評価

3.7
90年代になってもこんな事させられてたんだなデ・ニーロ。コメディに転向したくなるのもわかる気がする。キングオブコメディ路線

脚本的に全員キャラとして弱い。デ・ニーロはやはり上手いが、もう似合ってない。

トニスコは、冒頭のラジオキャスターの前髪の長さからして流石。紛れもなく映画になってる。終盤の雨も良いし、観客席がちゃんと躍動してる所に演出力が表れる。

トニスコ映画はデカい。レオーネやグレイに共通するデカさがある。
KKK

KKKの感想・評価

4.3
①紹介
 刃物の営業マンが、ある野球選手の熱狂的なファンであり、スランプから脱却してもらう為にある行動にでる。サイコメンヘラ映画

②個人的見どころ
 猟奇的で手段を選ばない湿っぽい怖さと鳥肌が立つような衝撃の連続

③オススメの人
 痛々しかったりグロい描写がない気持ち悪いサイコが観たい人

④プチ情報
 ロバート・デ・ニーロ演じる刃物の営業マン役は当初はトミー・リー・ジョーンズが演じることになっていた。
 後々に有名になるベニチオ・デル・トロ、ジャック・ブラックが脇役で出演している。
サスペンスフルでめちゃくちゃ良かった!

何するか分からんタイプのきもい変人、車内の会話、距離を越えた切り返し
Queeeen

Queeeenの感想・評価

3.1
私生活も上手く行ってない
大の野球好きが
行き過ぎたファンになり
過激なサイコに豹変して行く、、
デニーロぴったりの役柄ですな。
思ったより強烈では無かった。
>|

あなたにおすすめの記事