BBB(BAY BLUE BLUES)2021の作品情報・感想・評価

BBB(BAY BLUE BLUES)20212021年製作の映画)

上映日:2021年12月22日

製作国:

3.8

あらすじ

「BBB(BAY BLUE BLUES)2021」に投稿された感想・評価

炒飯

炒飯の感想・評価

3.5
初代中畑政権の頃から続くドキュメンタリー企画だが、監督の交代に合わせて改題していることに本作でやっと気付いた。遅すぎる…。
三浦監督のキャラクターに合わせた「BBB(BAY BLUE BLUES)」というタイトルがセンスキレキレで超カッケェのでそれだけで加点が入る。

近年の「FOR REAL」は年によって実験的な構成も多かったが、今回は原点回帰と言うべきかオーソドックスなドキュメンタリーといった仕上がり。
内容的にはどうしても脚本(現実)如何に寄るところが大きく、最下位に沈んだ本作は盛り上がりどころはあまり作れなかった。
(そういう意味ではやはり2017年が最高傑作)

感動したのはオースティンのくだり。
不振に苦しむ三嶋の投球練習に付き合い、「三嶋のボールは本物だ」と惜しみない賛辞を口にする。
明らかな素質を持ちながら伸び悩む細川の面倒まで見てくれて、ナイスガイが過ぎる。一生横浜にいてほしい。

シーズンの結果も含め、次作に期待。
願わくば長期政権を築いてBBBが何作も世に出され、いずれ優勝編を見せてほしい。
Manan

Mananの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

2021のホーム最終戦、敵の胴上げを目の前で見た記憶はずっと残ると思う(一年目の番長と重ね合わせながら)
悔しさをバネに2022は必ず横浜反撃。
ヨー太

ヨー太の感想・評価

2.9
こういうまとめ方して使われない細川。早くクビにするなりトレードするなりしてやれや
kanekone

kanekoneの感想・評価

3.8
牧やオースティンの活躍はあったもののチーム全体としては盛り上がりに欠けたシーズンだったのかと。細川の出番があるのが嬉しい。初めて翌シーズン中に観たけど、今のところ今シーズンもイマイチなことを思うと、シーズンオフに観て来年こそはと盛り上がるのが正しい見方なのかもなぁ。横浜反撃を信じていますが…。
みち

みちの感想・評価

-
極端なベイスターズファンのために毎年作られる一年のまとめドキュメンタリー。でも毎回品質高くてじわじわ上映場所が増えて、今はわりと全国で見れる。全国にいるのかベイスターズファン。。
監督が変わるごとにタイトルが変わるこの映画、ラミレス政権下の前シーズン"For Real"から番長政権になってBBBに改題。いきなり最下位で否が応でも「夢の終わり」を感じてしまった。やっぱりラミちゃんが特別だったんだよな。。
なお、2022開幕戦は現地で観戦し、やっぱりねという感じでしたまる
すなぎ

すなぎの感想・評価

3.0
最下位のシーズンだったのでドラマチックなことが起きるでもなく重苦しく、まとめ方もファンムービー以上のものには今回はなってないかなあ。
本当に毎年毎年、ファンのためにありがとう。ファンなので、問答無用に刺さる。悔しいシーズンでしたが、今週開幕。非常に待ち遠しい。正座して観ました。
*初めて映画上映を観に行かなかったから、正直連続記録が途絶えて悔しい。

20,21年はコロナ禍ではあったが、その中でとにかく球団にも色々と文句を言いたいことがファンとしてはあった。でも最後までよくやり切ってくれた。と思う。

試合を観に行っても正直毎回勝つ気があまりしなくて、途中から牧とTAを観に行くだけのシーズンだった。

もう過ぎたことは何も言わず、今年見せてくれてるやる気に期待していこうって映像を見て思いました。笑

珍しくファン感謝祭にも行かなかったので、22年は(コロナ落ち着いてたら)もう少し熱を入れます◎
ピーチ

ピーチの感想・評価

4.0
期待よりおもしろかった!
開幕からの9連敗?はつらすぎたなー。
見てた人みんな笑っててウケた。
来年こそは横浜優勝!!!

わたしの一推し選手の平良くんが
怪我してるし、普段そんなに表に立つ選手じゃないけど、割とフォーカスされてて嬉しかった!
来年見られないのは残念だけど、
復活待ってるー!!!
ベイスターズの一年を追っているドキュメンタリー映画。ドキュメンタリーということもあり、特に盛り上がるところもなければ盛り下がる箇所もない、一定のペースで進んだ印象。しかし、裏でこんなことが行われていたんだという発見はあり、ベイスターズのファンとしては興味深かった。

あなたにおすすめの記事

似ている作品