スタンド・バイ・ミーの作品情報・感想・評価・動画配信

スタンド・バイ・ミー1986年製作の映画)

Stand by Me

上映日:1987年04月18日

製作国:

上映時間:89分

4.0

あらすじ

「スタンド・バイ・ミー」に投稿された感想・評価

ちょあ

ちょあの感想・評価

3.5
あの12歳の時のような友達はもうできない、もう二度と

その関係が一生続かなくても、
一瞬が最高ならそれは一生もの。
最高な12歳の青春
tem

temの感想・評価

3.6
これといった共通点のない相手と”つるむのが楽しいから”遊んでいたあの頃。
主人公と同じく自分もふと考える事がある。あの頃のような友達はもう出来ないのか、もし出来たら…と。
パッケージをみて一見4人の友情がメインで描かれていると思いきや主人公とクリスの熱い友情映画だった😊
里中春

里中春の感想・評価

4.6
すげぇなぁ、オールタイムベストかも、自分も色々思い出したぁー。

ずっごいナチュラルなところ、とてつもないワクワク感といいノスタルジックなとこといい全部良い。

今10代やけど、各年代で感じることも変わるだろうし、これから先何回も観る作品
natto

nattoの感想・評価

5.0
仲が悪くなったわけではないけど中学に入るのと同時に自然と距離が離れた友達を思い出す。小学校6年生のときに毎日駄菓子屋に行ったり、ドロケイをしたりして楽しかったなあ。
桜の花

桜の花の感想・評価

5.0
冒険するワクワク、緊張、ハラハラ全てが詰まった映画
何度見ても面白い
okaeri

okaeriの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

聞こえた言葉は少々汚いけれど、これが人類の想像する「冒険」というものであるのだと実感した。
冒険のきっかけとなる「死体」にはかなり意味があったと思う。
語り手であるゴーディは優秀な兄を事故でなくし、彼は自分に劣等感を感じていた。家族からも「死んだのがお前だったら」と言われる。
死体を目にして彼が言葉にしたのは「なぜ兄さんは死んだのか?」 なかなか重たい。


ゴーディ以外にもそれぞれ事情があって、不良で。
それぞれ合わないように思えるけど彼らは間違えなく大親友というものだったと思う。
>|