アウトサイダー コレクターズ・エディション/アウトサイダー ディレクターズ・カット版の作品情報・感想・評価

  • Filmarks映画情報
  • アメリカ映画
  • アウトサイダー コレクターズ・エディション/アウトサイダー ディレクターズ・カット版の映画情報・感想・評価

「アウトサイダー コレクターズ・エディション/アウトサイダー ディレクターズ・カット版」に投稿された感想・評価

よ

よの感想・評価

3.8
最高です。完璧な作品とかそういうのでは全くないけれど、瑞々しくて煌めくような瞬間の数でいったら傑作の領域を超えている。心躍る。90分のバージョンは観ていないけれど、そちらの方が良さそうな予感もする…。
ozabon

ozabonの感想・評価

-
ディレクターズカット版はほんとうに余計。中学生の頃に観てとても好きだった映画がダレダレに改悪されていた。
この頃のマッドディロンの色気って凄い。この映画のファッションも流行りの俳優さんもそれぞれが輝いてた映画、時もまさしく良きアメリカ!
そのため自分がこの映画で感動したシーンはありません。ただただカッコいいやつらってだけでいい
てつ様

てつ様の感想・評価

5.0
青春の映画
当時何度も見た。
これでマットディロンのファンになった。
面白い❗️懐かしい‼️
ロブロウを初めて知った映画。
この映画でロブロウの人気が⤴️⤴️
しかし、凄いキャストだよなぁ。
若いときは映像とストーリーだけが残っていたけど、映画をたくさん観るようになって音楽の力はすごいなあってね。なので、久しぶりに再鑑賞。ロブロウ若い トム・クルーズ若い、、、stay gold
スティービーワンダー に ぐっとくる。50~60年代のロックがほどよく心地いい。
Fieldpan

Fieldpanの感想・評価

2.0
・16/05/08:WOWOW【初鑑賞】

金色のままでいろよ、夕日を見るたびに。
4423

4423の感想・評価

4.0
ディレクターズ・カット版。劇場公開版より原作の内容に近い形になっているため、完成版とも呼べるだろう。

だが、劇場公開版もこのディレクターズ・カット版も若者に捧げる叙事詩であることは変わらないし、これから先も輝きを失わない作品であることに変わりはないのだ。

空の青さや黄金に輝く夕日を見てきれいだと感じる心、風が頬を撫で、髪をさらっていく心地よさや、寒空の上を煌めく無数の星たちを慈しむ心。

グリースもソッシュも関係ない。私は一人の人間だ。人間だった。

弾の入っていない銃を片手に暴走し、あっけなく死んでいった君はこの世の中のなにを美しいと感じたのだろうか?

本作のイギリス版とも呼べる、モッズとロッカーズの対立を描いた『さらば青春の光』を観ても感じたが、人はいつしか輝きを失ってしまうときがくる。だからこそ「輝きを失わないで…」という言葉に胸を貫くような痛みを感じ、すがるように寄り添いたくなるのかもしれない。

☆蛇足ではあるが、本作は音声解説が最高に面白いのでこちらもぜひ堪能して頂きたい。

パトリック・スウェイジの「クルーズよ、そいつを殴るなよ。いい子でいるんですよ」発言には腹を抱えて笑ったし、ダラスが死ぬシーンではコッポラが「もういい加減に死ね!」と言っていたらしいがこれマジでどうなってんの?

ダイアン・レインはこのシーンを「映画史上における死ぬシーンのトップ5に入ると思うわ」と語っていたが、コッポラの「もういい加減に死ね!」発言には笑うしかない。

極めつけがクルーズに対して「彼は出世したみたいだね」と語る出演者たち(大爆笑)。

ちなみにコッポラの音声解説も聞いたのだが、「ワイのお気に入りは娘のソフィアたんが出てるところだお」とか言いやがって本当にコッポラクソwwww

コッポラが黒澤明をリスペクトしまくっているのは皆さん周知の事実だが、まさか飼い犬に用心棒という名前を付けたなんて話が出てくるなど…。まさかの作品名。キクチヨとかじゃねーのかよ。
スティゴールド
リーバイス501 コンバースローカット
ヘィンズのTシャツ
僕もスタイルは、そうでした。
tmtkhzm

tmtkhzmの感想・評価

3.8
黄金色はいつまでも続かない。
少年から大人に為るための試練。

STAY GOLD‼
>|