アウトサイダーの作品情報・感想・評価

「アウトサイダー」に投稿された感想・評価

DK

DKの感想・評価

3.2
ただただ役者がイケメン

kidsとかelephant に似たテイストの映画かな?

トムクルーズを探せムービーとしても使えます
1984年6月24日、テアトル池袋で鑑賞。

この映画を観に行ったのは、コッポラ監督作品だったから。

出演者は、ダイアン・レインがお目当てで、おまけがマット・ディロンという程度。

しかし、今、出演者を確認すると(当時の自分のノートに)6番目ぐらいにトム・クルーズが書かれている。印象薄し。(この映画を観た時には、トム・クルーズ映画は『卒業白書』ぐらいしか観ていなかった…)

観た当時は大学生だった自分にも響くものが無かった残念な映画であった。
だいたい、行き場のない若者たちを描いてもらっても、共感できる映画になっていなければ、意味がない。
それを考えると、ジェームス・ディーンの出演作の偉大さを思う。

この作品、コッポラ監督の失敗作。
kuu

kuuの感想・評価

-
過去鑑賞記録マッドディロンのチェリーボーイ、ダイアンレイン初々しさ!親友が好きだった映画
馮美梅

馮美梅の感想・評価

4.5
当時の今で言う、イケメン俳優総出演という感じの作品でした。
ティーンが読む小説を映画化したんだけど、不良少年たちの青春群像劇というのですか?

お金持ちと貧乏な少年たちのいざこざや、でもそんな中でも仲間を大切にしたり、ささやかな希望を持って生きようとする少年たちの刹那な青春を巨匠のFコッポラ監督がメガホンを撮ってるんですよね。

若き日のトムクルーズや、今は亡きパトリック・スウェイジ、C・トーマス・ハウエル、ロブ・ロウ 、エミリオ・エステベス 、ダイアン・レイン 、レイフ・ギャレットそしてラルフ・マッチオなどなど。

ラルフって童顔なので当時の役は年下の役だけど実年齢は既に22歳だった(笑)でも後半教会の火事で大やけどを負ってしまったラフル演じるジョニーのセリフは涙が溢れてくるんですよね。

当時英語も読めないのに(今もだけどさ)英語のペーパーバックも買って必死で読んだものです(日本語のノベライズも買いましたね)

スティービー・ワンダーの「ステイ・ゴールド」も泣かせてくれました
当時はM・ディロンとD・レインぐらいしか有名でなかったから、コッポラ作品として観た。
今となっては贅沢過ぎる出演陣の後の功績がこの映画の付加価値になってる気がする。
おゆき

おゆきの感想・評価

4.1
かっこいい〜
服装の違いで育ちの違いを表現してるの面白かった。本当にこんな感じだったのかな。
でもわたしはお金持ちのベージュのゴルフパンツみたいなのよりデニム履いてる男の人が好きだよ!!
悲しいことや苦しいことを一緒に経験した友情とか兄弟愛は強いなぁ
若いときに見るのも良いけど、大人になって見るともっと感慨深いのかも
SHIGE

SHIGEの感想・評価

4.7
観た後、映画館を出て
友達と何時間もこの作品の事を
語り合った


自分と同じ年頃の男の子たちが
繰り広げるストーリーに
自分をラップさせながら…
自分は「グリース」の一人として
あのスクリーンの中にいた。


あの頃、YAスターと呼ばれた彼ら
マット・ディロン
ダイアン・レイン
C・卜ーマス・ハウエル
ラルフ・マッチオ
トム・クルーズ
エミリオ・エステヴェス

今でも彼らの出演作には
必ず目がいく
mar88

mar88の感想・評価

4.5
全く知らなくて。
「グッドフェローズ」なみに度肝抜かれてる。
当時は酷評されていたとか、なんとか。

いや、そんなの関係ない!って断言できるほど、わたしは好きだ。
兄弟愛、友情がこれでもか、というくらいに熱く熱く描かれていて「専門家の評価なんてどーでもいいよ!」とやさぐれてしまいそうになるほどカッコよかった。

確かに、わたしの記憶にあるコッポラ監督の雰囲気とは違う気がするけど、この映画はこの映画でかなり傑作だと思ったのです。

とりあえず、リヴァー・フェニックスとブラット・レンフロがお好きでしたらぜひ観てみてほしい。

ライダースにGパンスタイルはここから始まったというお話を聞いた。
こーゆーお話大好きだなぁ〜。

あ、オープニングとエンディングの曲があまりにも有名。名曲。
MakiMinami

MakiMinamiの感想・評価

5.0
コッポラ監督は、
監督で脚本家、映画プロデューサー、
実業家の1939年生まれの
イタリア系アメリカ人。
ゴットファーザーが
世界的ヒットとなり、
有名になった。
甥っ子には、
ニコラス・ケイジがいる。

カリフォルニアでワイナリーを持ち、
ルビコンワインは、
世界的評価を受けている。
ジョージルーカスの
スカイランチと提携し、
スカイウォーカーワインも
販売している。

アウトサイダーは、
青春時代の思い出の映画。
マット・ディロンが好きで
8回位見ただろうか?

脇役でトム・クルーズが出ていた。
主役は、ETの
C・トーマス・ハウエル。
レイフ・ギャレットは、
この頃売れていた歌手。
セント・エルモス・ファイアーの
ロブ・ロウ、
エミリオ・エスティヴェス。
ゴーストのパトリック・スウェイジ。
美しいダイアン・レイン。

と、豪華キャストで、
挿入歌には、
スティービー・ワンダーの
stay goldが使われ、
美しい夕陽の映像が曲にぴったりで、
いつまでも、青春の狂おしさと
純粋な美しい心と映像が
胸に焼きついて離れなかった。

大好きな青春ドラマ。

純粋だったあの頃に戻って、
今は売れてる俳優たちを見つけながら
映画を楽しんでみませんか?
2MO

2MOの感想・評価

3.5
今日という日が暮れる大空の片隅にいつまでも残る黄金の光は、思い出の中で生き続ける若き君の言葉だ。

“Stay Gold”

金色の夕焼けに佇めば、水面に揺らめくさかさまの世界。
>|