マイ・フレンド・フォーエバーの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ・フレンド・フォーエバー」に投稿された感想・評価

maimai

maimaiの感想・評価

3.5
泣けた。
少年たちの純粋な友情と親子関係の絶妙なバランスが心に響いた。
やぶ

やぶの感想・評価

4.5
ひたすら泣ける映画。ラスト30分が特に。偏見のない純粋な友情が、どれだけ人の人生の支えになったであろうか。とてもとても観てよかったと思える。
なの

なのの感想・評価

5.0
悲しくて、苦しいんだけれども、幸せで、心いっぱい、暖かくなれる映画。
s子

s子の感想・評価

4.2
ある日、エリックの家の隣に新しい住人が引っ越してきた。その家の子供デクスターはHIV感染者だという。始めは戸惑い、敬遠していたエリックだったが、やがてデクスターと心が通い合い、友情が芽生えてきた。そしてエリックは“彼の治療法を見つける”とデクスターを連れてあてどのない旅に出掛けるが……。

靴のくだりは本当に感動した。今よりもエイズに対して偏見があった頃にエリックとデクスターは出会って友達になってデクスターの病気を治す為に色々治療方を探すエリックに心が熱くなったし、デクスターの母親も良い母親でとてもよかった。最後のシーンは涙が止まらなかった。とても素晴らしい友情映画でした。
ざき

ざきの感想・評価

4.2
HIVに感染している少年の治療法を探し求める少年の友情を描いた作品。
ラストの母親の言葉はとても泣けました!
コンバースのスニーカー見たら思い出しそうです
、、
betty

bettyの感想・評価

4.3
ニューオーリンズへの旅はもちろん、普段の生活内でのエリックとデクスターの2人の仲良さげな姿がとても微笑ましかった。病室でも笑顔を見せ合う2人を観てなんかうるうるした。

生きているだけで幸せだけれど、友達や家族と共に楽しい時間を過ごしている当たり前のことの方が何倍も幸せで、大事にしていきたいって思えた。
私はこういう類いの映画に弱い🙂
noa

noaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

1995年、ちょうど自分が生まれた年の映画。いじめっ子たちに、おまえの弟が言われたらどうだ?と言ってるところがすごくよかった。そこから吸い込まれた。
本当に素敵な映画だった。
お母さんが最後、エリックのお母さんにキレたところも。
真夜中

真夜中の感想・評価

4.2
昔観た時より泣けなかったのはエリックの無茶ぶりにハラハラしてしまったからで、それはそれだけ自分の中にも年月が流れたからなんだろうなと思う。
おかげで最後の母親同士のシーンでぼろぼろ泣いてしまった。
でもエリックの無茶ぶりが親友を助けたい一心なこともわかってる。

あの冒険がなければもしかしたらデクスターはもう少し長く生きられたのかもしれない。
でも母親と二人、友達もいなくひとり庭で遊んで過ごしていたよりきっと幸せだったんだろうと思う。
まだ幼いのに自分の血は毒だと悟っているデクスターに胸が締め付けられた。

最後の最後までデクスターに寄り添っていたエリック。
しばらくコンバースを見るたび思い出しちゃうな。
taka

takaの感想・評価

3.7
友情って良いなぁってウルウルした。主人公が泣かないのが個人的には好きだった。あそこで人目憚らずに泣けた方が多分楽で、泣けないって言うのが難しいところなんだと思う。

(U-NEXT9)
おはる

おはるの感想・評価

3.7

世界をちょっとだけ知る冒険に行けて良かった。先が見えず真っ暗だった宇宙がちょっと小さくなったかも しずかにはじまってしずかに終わった
見終わったあとの余韻がスタンド・バイ・ミーににてた エリック美しいな エンディングもすき
>|