難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 XVII プライドの作品情報・感想・評価・動画配信

難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 XVII プライド2000年製作の映画)

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

3.2

「難波金融伝 ミナミの帝王 劇場版 XVII プライド」に投稿された感想・評価

劇場版はこれが最終作のようです。

U-NEXTのキャッチコピー、「高利貸し・萬田銀次郎が野球少年のために立ちあがる。」って、銀ちゃんが子供のためになんて、そんなバカな!と思って見たら特に野球少年のために立ち上がる話ではなく、いつもの銀ちゃんでした。
ただ今回は手数料もとれてなさそうだし、ミナミの鬼にしては甘い手打ちだったかな…?

苅谷俊介さん演ずる元プロ野球選手の、落ちぶれてもなお野球しかないどん底の演技が良い。銀ちゃんとの過去シーンはぐっとくる。公平は野球少年の一面を見せるし、川島なお美演ずる翔子も今回は債務者の娘にとってのいいお姉さんという役回りで好感度高いです。宮川大輔さんも債務者として出演。

(エンディング)♪おおさかの〜よる〜〜〜
プライドというサブタイトルが全くマッチしてない。

冒頭で山村はんが「こんなヘッポコ実業団でなんてコーチしたくないわ」の一言だけ少し絡みがある程度。

山村はんがプライド捨てて仕事してるような描写も全く無い。あ、冒頭で少しだけタクシー運転してたか。

メインテーマは、未来を閉ざされかけた野球少年を救う話。

だから、こうすれば良い。『ミナミの帝王〜未来のメジャーリーガー〜』

これでええやろ。
萬田さんの儲けが無かったんじゃないですか?だれか教えて下さい
「金稼ぐんのに身体使うんの嫌やったら、頭使わんでどうすんねん」って、結局男騙すんやけどね(笑)

毎週金曜の"貸すも地獄、借りるも地獄"で見てきた『ミナミの帝王 劇場版』最後の作品。
と言ってもまだ1作見てないのがあるんですけど。
劇場版18作含めシリーズ全60作品もやったんだから人気あったんですよねー、昔は(笑)

過去の栄光が忘れられない男の話し。
今作劇場版最後と言っても、別にシリーズの最後の作品でもないし、そもそもシリーズ自体打切りやったから完結してるわけでもない。
つまりは全然特別なストーリーでもなんでもないんですよねー。
と言うかいつもみたいに組織的な詐欺でもないし、めちゃくちゃこじんまりした話やった(笑)
ここ何作かは割と面白いストーリーやったのに、これはダメでした。
元々大人向けの劇画が原作の娯楽作やったのに、いつのまにかエロは無くなったし、劇場版初期に恒例だった大阪以外にロケに行くのも無いし、派手なアクションやグロは元から無いし、劇場版がここで終わったのもうなずけるくらいの駄作でした。
監督はかわってないのにBGMやオープニングが今までと違ってたり、今シリーズの特徴の一つの法律を盾にした借金回収とも違ったし、あきらかにネタ切れで色々困ってるみたい(笑)
それでもこの後Vシネ版が20作以上続くんやから大したもんですね(笑)
せっかく川島なお美が出てるのに、セクシーシーンどころか活躍すらしません!(笑)

いつもの仕事後の深夜鑑賞だったんですが、『ミナミの帝王』として久々の駄作だったので寝落ちからの巻戻し再生の無限ループに落ちました!(笑)
90分の作品に何時間かかった事やら(笑)
関西ローカル放送の日曜昼の14-16時にエンドレスでやっていました。

敢えてビデオ借りてまで見る気はしないけど、意外と面白いんです。

関西キッズはミナミの帝王に人生の全てを教えてもらいます。

土曜は吉本新喜劇
日曜はミナミの帝王を鑑賞。
これが関西小学生の日常風景。

この映画シリーズで関西キッズは、
・スナックのママは金にガメつく、おしぼり屋に厳しい。
・アホなオッさんは騙され家族に捨てられる。
・最後はヤクザと焼き肉と金がモノを言うのが世の中。

と言うことを学びます。

似ている作品