スウィート・ノベンバーの作品情報・感想・評価・動画配信

スウィート・ノベンバー2001年製作の映画)

Sweet November

上映日:2001年10月27日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.5

「スウィート・ノベンバー」に投稿された感想・評価

こんなんぜってえありえねえだろ…と思いながらも最後はウルッときてしまった。ありえない設定なのになぜか引き込まれていく…、映画の不思議な魅力だよね。

まあでもやっぱ、この類のストーリーは美談美女であることが第一条件になるよね。キアヌ・リーヴスとセロン様を拝めたので何も文句はないんですけど、現実的に考えて、このレベルのイケメンたちが車の免許更新試験でばったり会うなんてあり得ないわけですよね。はい。後、特に前半のストーリーが突っ込みどころ満載だったので、もうちょっと入念に脚本を書いた方が良かったのではと思いました。物語の終盤で、みんながあっというような秘密が隠されているのであれば、もう少し丁寧にその土台となる前半部分を固めるべき。それがちゃんとできてないとあんまり泣けないしね。

まあとりあえず、セロン様が美しかったです。

やり手広告マンのネルソンはある日、運転免許の更新試験場で出会った女性・サラから、11月の1カ月だけ恋人にならないかと提案される。一度は断ったものの、仕事でしくじって会社を首になり、恋人にもフラれたことから、彼女の提案に乗ることにするが…。前半では風変わりな女性サラと仕事人間ネルソンが出会い、恋に発展する様子がユーモアたっぷりに描かれる。後半では一転、彼女の秘密が明らかになり、切なさを高めてゆく。
さす池

さす池の感想・評価

2.1
【過去に観た。★記録】

セロン様の身長が高すぎて、あれ?なんか、あれ?ってなっちゃう。いや好きだけど。
HARUKA

HARUKAの感想・評価

3.7
仕事命のネルソンが1人の女性と出会って変わっていくお話。街の人たちが助け合っていてこういう街に住みたいと思った。
懐かしい。
しかもあいも変わらず大昔に観た映画は既視感のないほど忘れている。
なんとなく「冷静と情熱の間」のような美しい街並みがあると思っていましたが、そんなんは無し。
シャーリーズセロンのサラがだいぶクレイジーですが、あんなに純愛で、いいんでしょうか?とっかえひっかえやったんちゃーん!とか下衆に思ってしまいます。
でもなんだかんだで美しく甘い。
monopoly

monopolyの感想・評価

5.0
理由なくただただ好き。
作品の評価はそんなに高くないと思うけど、個人的にすごく好き
一見ロマンス映画のようだが、ギリギリ地上波で放送できるライトなAVと呼んだほうがいい映画。
仕事が全ての男を偶然会った美女が軟禁してくれるという訳の分からない展開。
ネルソンも最初は何のためにこんなことをするんだと抵抗するが次第に洗脳されていく。
早く警察を呼べよ。

ネルソンはプレゼンに失敗してクビになる。
素人から見ても酷いプレゼンだなあと感じる内容で、仕事が本当にできる人間なのか疑問になる。
一応、賞を受賞したりチーム内で指示を与えていることから、仕事ができそうな雰囲気だけはある。
冒頭にプレゼンに成功しているシーンを入れるべきだった。

結局人生は何事もバランスが大事だし、好きなように生きればいいと思うのだが。
ネルソンがマゾに目覚めた話を作りたかったのなら合点がいく。
Jim子

Jim子の感想・評価

3.5
ジョン・ウィック見た後に甘いキアヌを楽しみたくて鑑賞★
見ず知らずの人からの意味わからない提案飲み込むの割と早めだなキアヌよ!とかあんな仕事クソ野郎だった人の1ヶ月足らずでの変わりよう!!!こんな戯けたりしちゃうの!?って思いつつ好青年に変わっていくキアヌ良かった♪
ダンガリーシャツ姿も似合ってたな♪
無双も甘いのもいけるキアヌ好き!!!
沙那王

沙那王の感想・評価

3.0
前半はネルソンのクソっぷりにムカつきますが、自由奔放なサラに拾われてから、紳士になったネルソンの姿にキュンキュンします。
ネルソンがタクシーの窓から花を差し出す所や、サラとの愛しい時間の回想シーンでエンヤのonly timeが流れます。
全ては時のみぞ知る。という歌詞。
強くて美しい私を覚えていてほしい。
最後の彼女の選択に賛否両論あるかと思うけれど、私は彼女の決断に共感します。
サラは猫科の生き物かもしれませんね(笑)
ネルソンがタキシードで歌う姿も素敵💕
サラの毛糸のショールと茜色のワンピースも素敵💕

ちなみに、サラに拾われて服を新調したばかりのネルソンのトランクスにはMS RX- 78-2が描かれております。
Lune

Luneの感想・評価

3.6
ハッピーエンドの恋愛映画だと勝手に思って見たからまさかすぎて、、、
自然体で楽しんでいるサラみたいな人が自分も好きだから、出会い方がどうであろうと自分も運命感じて恋落ちると思うのに切なすぎる、辛いな、、、
プレゼントのシーンすごくよい

このレビューはネタバレを含みます

価値観は人それぞれ、それで何が悪いのかと思う。企業戦士とか、ビジネスマンの価値観を病気だからといって恋愛を通して変えようとする事は洗脳なのだけど、その恋愛をさも美しいもののように表現することも観客への洗脳だと思う。
そのことへの自覚のなさが、最初の時点では観ていておもしろい人であったキアヌリーブスの魅力を奪い、普通の人間に変えてしまう。

ここで言ってるのは変えようとする女の意図についてであり、自然に変わってしまうという事が恋愛ドラマの美徳なのだと思う。

それにしても、一ヶ月ごとに一緒にいる男を変える女の行動の理由が不身の病だなんて、普通すぎてがっかりだ。
サラを美しい女として描くために、10月の相手をわざわざゲイに設定して肉体関係がなかったかのように見せることも、作り手の恣意でしかない。毎月男を変えていく、退廃的な病気の女であっても何の問題も無い。
>|