フェイス/オフのネタバレレビュー・内容・結末

フェイス/オフ1997年製作の映画)

FACE/OFF

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.8

「フェイス/オフ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

男たちは”顔”を賭けて闘った!

期待度★★★★☆

ジョン・ウーが、ハリウッド進出して初めて「自分の好きな様に撮れた」と誇るアクション作品。

今まで悪役ニコラス・ケイジを見たことなかったが、あの目をひん剝いた顔芸で悪役は映える。FBIの女性を容赦なく撃つくらいワル。

爆破シーンも迫力満点で序盤のチェイス・シーンでは、セットではない本物の滑走路での中型ジェット機と捜査車輌を使用しているそうで。
他にも警察の船を突き破っていくボートのシーンや最後の決戦でお互い黒スーツになるのも魅力的。

展開はサクサクで爆弾の解除の情報を掴んでハッピーエンドかと思っていたが、まさか敵側も動き出すとはねえ。2人の演技もすごいし秘密を知っている仲間が殺されて刑務所から出られない時の絶望的はとんでもなかった。
まさに俳優。ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジの素晴らしい演技を楽しめる作品です。
入れ替わっているという事実に、これっぽっちの疑問を持たないほど演技が自然。本当にすごい。入れ替わっている中での苦悩・葛藤・喜びの演技が凄まじいし、鳥肌が立ちました。俳優さんの凄さを感じれた作品です。
始まりから終わりまでダレることなく楽しめる
弟死んだ時トロイ泣くんだ(笑)
2人が替わる話だけど、ある意味娘が一番変わった
内容も構成も最高だしニコラス・ケイジもそりゃよかったけど、トラボルタが一瞬一瞬がセクシー過ぎて同じシーンを何度見返したか。初めのほうの「(キャスも)絶対乗る!」の時の顔、その角度。キャスアーチャーになっての登場、新聞から目を上げるその目、傾ける顔と目線、新聞で口元を隠すような仕草、イヴと初めて会いサングラスを外した後の目と口元、歩く足元、ラザロの葬式前、イヴを車に乗せドアを閉めた時の口元、キリがない、超超超超絶セクシー。
まあ軽薄な悪党似合い過ぎだからしょうがないけど、この作品の中ではその状態でFBIの凄腕捜査官の皮も被ってるのが余計に最高に似合ってた。
口元と口元の演技と首?顔の角度の演技はトム・クルーズにも似てますね。

ジェイミーは何気にキャスアーチャーのほうがよっぽど父親らしかったんでないの?とか弟が一番敏感で受け入れるのも早くて、夫婦愛より悪党の兄弟愛に負けてね?とか、だから初めのキャスのやられ方はあの方法にしたのね、とか細かく楽しめるのも大好き。
★★★★☆最近のこの手のFBIやらCIA対テロリストにあるような展開に展開を重ねるような難しさは全く無く、入れ替わる方法もある意味シンプル!!MIシリーズならマスクでしょうが、言葉の通り入れ替えるって!?この発想は衝撃的でした。始まって10分でクライマックスさながらのアクション、30分でビックリして、とにかくハラハラの138分。それにしても二人とも相当しぶといな(笑)ボートのシーンは必見!!
2015:09:17
★★☆☆☆  移植の拒絶反応にはどう対処してるんだ?
あり得ない設定すぎるのと、ツッコミどころ満載ですが、それも映画の良さとして受け入れれば楽しめます!
あと決着つくのがもう少し早くても良かったかな〜〜。
アクション盛りだくさんでアクション映画好きの私は楽しめました(o^^o)
好きな映画でした!
普段は悪役側が好きですが、今回はさすがにトラボルタに同情してしまった、、、。
ニコラスケイジの悪役感が溢れてる
最後のボートシーンがアクション史に残る名場面だと思う。
凄かったなぁ〜。顔はジョン・トラボルタの方がカッコいいよね。。ジョン・ウーの白鳩も健在w
テレビ放送のカットされたやつを観たから30分ぐらいは未見ということになるから、全編ちゃんと観たいな。
ちょっとした伏線が回収されている所がよく出来た脚本だなと思った。坊主って呼びかけるところとか、娘にナイフの使い方を教える、靴紐を結ぶetc... これは名作だね。
いつもの鳩(教会のシーン)。情報を引き出すためにFBI捜査官のトラボルタとテロリストのケイジが入れ替わる、汚い「君の名は」。どちらもそれぞれの生活の中で父性を学んでいく点は面白かった。野暮ったいアクションや銃撃シーンが懐かしい。人の命が軽い軽い。最後に敵の子供を養子に迎えるのはどうなのか…。モーターボートから飛び出る二人がスタント丸出し、隠す気も無いのが潔い。
>|