フェイス/オフの作品情報・感想・評価・動画配信

フェイス/オフ1997年製作の映画)

Face/Off

上映日:1998年02月28日

製作国:

上映時間:138分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「フェイス/オフ」に投稿された感想・評価

Gan

Ganの感想・評価

-
ハイテンション、ハイスピードな激アツ映画。ニコラス・ケイジの怪演ぶりが、コメディを超えて感動の域に達する。
頭に残る演出が多かったです。
派手な娘 ナイフ 鏡写し 銃痕 
顔をさする仕草 マイケルとアダム
Eike

Eikeの感想・評価

4.0
ジョン・ウーのハリウッドにおける出世作であり、トラボルタ&ケイジの悪ノリ振りが遺憾なく発揮された「怪作」。
ストーリーの出鱈目ぶりは特筆物であるが(映画の途中で善と悪が入れ替わってしまう!)ジョン・ウーの「タメとケレン味」の利いた演出が臭みを「味わい」に昇華していて奇跡的に破綻せずに済んでいます。
ジョン・ウーは本作の他にもT・クルーズのMI-2やJ・C・ヴァンダムとハード・ターゲット等もハリウッドで作っておられますが、やはりアメリカではスタジオ側からの干渉は相当なものがあったらしくストレスが溜まったそうです。
そんな中で本作に関しては一番思い通りに製作する裁量があたえられていたそうです。
確かに本作には「勢い」が感じられる気がしますね。

主演の二人のどちらの方が「おいしい役」であるかと言えば今作に関してはやはりトラボルタ氏でしょう。
やはり善良な人物が邪悪に変貌する方がインパクトが強いですから。
実際、「悪いトラボルタ」の悪ノリ振りが後半を引っ張っていると言えます。
その分、オープニングからトラボルタ氏にスイッチするまでのケイジ氏のキレっぷりは負けじとばかりに殆どマンガ並みです。

そう、本作に関しては主演の二人はほとんどマンガのキャラクターを演じている様なものといっても良いのです。
ただ、もしこの二人だけにスポットが当たっていたら恐らく途中でアクが強すぎて消化不良を起こしていたと思います。
不思議なのはこのデタラメなお話に対して脇を固める演技陣が異様にシリアスにサポートしていてドラマとしての体裁を整えていること。
ニック・カサベテス、ジーナ・ガーションそしてジョアン・アレン。
特にジョアン・アレンはさすが実力派なわけです。
彼女の存在感のおかげで本作はドラマ面でも女性観客にもアピールできる作品となっています。

よく考えると完全にSFの内容なのにSF臭を巧みに消している点も巧い。
元々はスタローン&シュワルツェネッガーによる「夢の共演」の為の企画作であったものをウー監督がトラボルタ&ケイジにスィッチした経緯があるそうで、中々に慧眼だったと思います。
アメリカ製のアクション映画としては確実に最上級の1本であり、オリジナリティという点でも学ぶべき点の多い作品であります。
是非ご覧になることをおススメします。

ちなみに本作もまたリメーク(リブート?)の企画が進行中だそうです。
aikido

aikidoの感想・評価

3.0
銃撃シーンのカッコ良さと頭がキレて冷酷非道な悪役の存在感が半端なく、主人公に勝るとも劣らない魅力を放っていて、やはりアクション映画には強力な悪役が必要だなと改めて感じました。
また、アクションだけでなく家族愛があったり飽きない工夫がされていますが、冒頭のアクションがピークで尻すぼみになっていく展開が勿体ない映画で、前半が良かっただけに残念でした。

ジョン・トラボルタとニコラス・ケイジの演技が素晴らしく、入れ替わりを違和感なく演じていたので、二人のパフォーマンスなしには成立しない映画だと思いました。

アクション映画にしては見せ場が少なく、中盤以降に退屈に感じられる場面が多くなり、テンポも悪いので、最終的には可もなく不可もなくといった映画でした。
JG

JGの感想・評価

3.7
存在感たっぷり過ぎるニコちゃん&トラちゃんの共演!ドタバタのアクションではなくスリラー色が強かったので観応えがあった。
人様のレビュー見て
思い出した映画

アフリカ旅行の帰りに飛行機の中で観たんだよなぁ〜
懐かしい!

顔取っ替えちゃうびっくりな映画
そりゃないだろう!と思いながら
面白くて全部観ちゃって寝れなかった。
ルオ

ルオの感想・評価

5.0
2人の演技が素晴らしい!悪のオーラ全開だったニコラスケイジの獄中でジョントラボルタを見た瞬間の絶望。

ジョントラボルタも負けず劣らず、ラストの表情が忘れられない。

これでもかというアクションの連続と、記憶に残る様々な演出。ジョンウー監督は素晴らしい!

白い鳩。
じじ

じじの感想・評価

3.4
息子を殺されたFBIの主人公は捜査の為に息子を殺したテロリストと顔を取り替えることに…
すぐ戻すはずがとんでも無い事に…

何も考えなくて良い話かな
みー

みーの感想・評価

3.7
過去鑑賞作品記録

ジョンウー監督作品

どっちも好きな俳優が入れ替わるから善悪感が面白かった。
顔は変わっても体型変わらないんじゃ分かるんじゃない?
おもしろかった。
もっとファンタジーな感じで入れ替わるのかと思ってたけど、あんな人為的な感じで入れ替わるのね。正直相当面白かった。それもきっと主演二人のおかげ。

2022,6,2@ディズニー+
>|

あなたにおすすめの記事