ザ・ロックの作品情報・感想・評価

ザ・ロック1996年製作の映画)

THE ROCK

製作国:

上映時間:135分

ジャンル:

3.8

「ザ・ロック」に投稿された感想・評価

マイケル・ベイ最高傑作
序盤から派手なアクションを仕掛け
中盤からアルカトラズへの侵入。こりゃワクワクするぜ!!悪役のエド・ハリスが、自分なりの正義をもったテロリストなので、人間ドラマに深みがあった!でも、一番の見どころは、ど迫力アクション!
ショーンコネリーほんと渋い。ニコラスケイジはなんでここまで売れる俳優になったのか今も不明です。
アルカトラズ島に立て篭もった犯人からミサイル発射を防ぐミッション、まさにショーンコネリーがジェームズボンドっぽくて良かったです。
Mountain

Mountainの感想・評価

3.5
ニコケイ全盛期!

アルカトラズ島で海兵隊によるクーデターが勃発!科学兵器VXガスによる脅威を利用し、観光客81人とサンフランシスコ全土を人質に取り1億ドルの身代金を要求。
緊急招集された科学兵器のスペシャリストと元英国諜報部員の男は特殊部隊と共に、アルカトラズへの潜入を試みるのだった…!!

元諜報部員という設定の役柄を、かつて007だったショーン・コネリーさんが演じてて、ニヤっとしちゃいますねぇw

アルカトラズへの潜入ルートが、一歩間違ったら死んじゃうSASUKEみたいww

あんなとこ通ってまで脱獄しようと思うかな……?ww

観たのがだいぶ前なので、
細かい部分は忘れてますが、
トイレの芳香ボールが連なったような爆弾をニコラス・ケイジが解体してたのだけはしっかり覚えてますww

日曜洋画劇場でよく放送してたイメージがありますw

久しぶりに、また観てみようかなっ。
七沖

七沖の感想・評価

4.0
〝《ザ・ロック》へ、ようこそーー〟
直球のキャッチコピー。
ジェリー・ブラッカイマー製作の作品にハズレなしと、幼い頃に学んだ作品。

遺族への補償が不十分で恨みを抱いた海兵隊のハメル准将らが、脱出不可能の監獄島アルカトラズ(通称ザ・ロック)を占拠した。化学兵器を盾に遺族への補償を迫るハメルらに対抗するため、政府は化学兵器のプロと、過去に唯一ザ・ロックから脱獄した老兵を混ぜたチームを向かわせる…というストーリー。
このあらすじだと、ハメルが主人公みたいだ。実際、正義感が強く無用な殺しを好まない人物として描かれており、止むに止まれず決起する様子は、正義とは何かと考えさせられる。

マイブームの90年代アクション映画巡り第3弾。
本作の役者はショーン・コネリー、エド・ハリス、ニコラス・ケイジと演技派が揃っていて、かなり男臭い。

とにかくテーマ曲がカッコよくて大好きだ。作曲はハンス・ジマーだと知り、どうりで好きなわけだと納得した。
ハメル准将の悲哀を煽るような曲調と相まって、シャワー室やラストの発煙筒シーンはかなりエモい。

化学兵器や、串刺しなど死に方がわりとエグいが、基本的には誰でも楽しめるアクション映画だ。ショーン・コネリー演じるメイソンがどう考えてもボンドな設定にも笑えた。
優男

優男の感想・評価

4.0
DVDやTVで、何度観ても面白いです!!
個人的にニコラス・ケイジ氏が好きなのですが、贔屓目を除いても最高だと思います!!
STORYが解っていても観てしまう•••
いや、観たい!と思う作品です!!
もっとTVでやってほしいです!!
ザロックへようこそ

期待度★★★★☆

最後まで気を抜けない敵もカッコイイ映画
NケイジとSコネリーの掛け合いよし。ムーブ。火にビビるSコネリーかわいい
海兵隊が落としたレンガを皮切りに銃撃戦が始まったシーンが印象的。ハメルの「撃つな」の叫び・・・
クライマックスの連続のような映画。
2時間があっという間に過ぎて行って、びっくり。

ドキドキし過ぎて心臓に悪いくらい元気な映画。
キャラもみんな良くて、ストーリーも淡々と進んで鑑賞後もスッキリした気分になれる。
ショーンコネリーがかっこよかった。
natsu

natsuの感想・評価

4.5
渋オジサマ!ショーンコネリー!渋い!
ニコラスケイジは、まだ若いです。
アクション満載で、少し時間は長いですが楽しめます。
naekana

naekanaの感想・評価

4.5
久しぶりに観たくて観た1本
雨や台風の日はアクションが観たくなる。

キャストがよい。
ショーン・コネリーがカッコよすぎでしょ‼︎
いつかアルカトラズ島観光行ってみたい。
と、この映画を観て思う。
>|