ラスト・キャッスルの作品情報・感想・評価

「ラスト・キャッスル」に投稿された感想・評価

S

Sの感想・評価

3.5
レッドフォードがカッコ良いー!
マークラファロもステキでした◎
なんとなく観始めたのに引き込まれて一気に観てしまいました。
もう一回ちゃんと観たい。
いやー渋い。ロバート・レッドフォードがとにかくしぶい。軍人刑務所に入れられることになったアーウィン中将。理不尽な扱いを受ける受刑者たちの元で、尊厳を取り戻すべく立ち上がる。優秀な指揮官がいることで、どのように変わっていくのかという点が非常に興味深かった。
ベトナム戦争、湾岸戦争で輝かしい軍功を立てた米国陸軍のアーウィンは三つ星の中将だったが、ある作戦の失敗で軍法会議にかけられて軍刑務所に収監される。その城のような風貌の監獄、通称「キャッスル」ではウインター大佐による囚人の非人道的な管理が行われていた。アーウィンも例外ではなく、地位も名誉も剥奪され同様の扱いを受ける。はじめは「英雄アーウィン」に対して距離を置いていた囚人達だったが、次第に打ち解けはじめる。しかしそこである事件が起きて、彼らはウィンターを更迭しようと立ち上がる。



軍刑務所が舞台なので、出演者が軍人という描かれ方をしているからこそ、なおさら感じられるものなのかもしれないけれども、大きくいってしまえば『人間の尊厳』を描いている、とても渋いけれども良作。
人々の心を集める『真のリーダー』とはいったいどういうものなのか、そしてアメリカの軍人にとっては『星条旗』というものがどんな象徴なのか、凄くアメリカっぽいなぁというのを感じます。
正直なところ私たちにはだいぶ非日常なものではあるのですが、それを作品として見せられて、納得させてもらえる感じです。

かつての英雄によってバラバラだった皆が尊厳を取り戻していく描写。
心理戦から盛りすぎていない暴動まで堅実に作られた、本当にカッコイイ映画作品。
msp

mspの感想・評価

3.5
FOXムービーの番組内容説明に「正当監獄サスペンス」って(笑)
サスペンスではないですよねこれ。

いかにもザ・アメリカ!って映画ですが男がカッコいいの好きなので良かったです。
Netflixで。

2001年の映画だからみんなちょっと若い。

軍人用の刑務所だから指揮官がいれば一致団結になれるよって事だな。
hanikkor

hanikkorの感想・評価

2.5
やってることは戦場にかける橋を連想したけど、言ってることは真逆だったな
piyo

piyoの感想・評価

3.8
監獄に入れられたら脱獄するだけが映画の華じゃないぜ!
ということで、今回は軍人が入れられる監獄において、優秀な指揮官が入ったらどうなるか?というお話。
普通であれば看守VS囚人となるところを、今作が見せたのは指揮官VS指揮官!その指揮能力には雲泥の差がありましたけどね。
指揮官とは何か?指揮官たるにはどんな態度であるべきか?
なんだか監獄に入れられながらも軍人としての何たるかを学ぶための教材を見てるかのよう。
そしてみんないいやつ!これがプリズンブレイクだったら一人や二人は確実に裏切り者が出てるはず。統率力を末端まで行き届かせるのも指揮官としての才の1つだ。ということで、とにかく中将殿がかっこいい。
おしお

おしおの感想・評価

4.3
偉大な軍人がかつて語った
諸君は兵士だ
死んでも旗を守り抜けと
そして誰にも見えるように高く旗を掲げろ
これで城は完成だ

かっこよすぎ
アメリカ映画最高
田上

田上の感想・評価

3.2
Theアメリカ映画!
戦意高揚映画って感じ。

兵士がなぜ兵士たるか、指揮官がなぜ指揮官たるか。
そういうのを雄弁に語ってくれる。
熱い。

戦略性のある攻防は見ごたえがあって
僕としては、なんか最近ハマってる将棋の参考になった。

良くできた作品でした。
cano

canoの感想・評価

3.8
脱獄が目的じゃない反乱を起こす囚人たちに、泣かされる…
アクションも強めで、めちゃ面白かった〜〜。
誰よりも堂々としていて、理不尽な権力に屈しないロバート・レッドフォードがかっこいい。
そしてなにより15年前のマーク・ラファロがめちゃくちゃイケメン!今もダンディでかっこいいけど、甘いマスクでスタントを難なくこなす彼が見れる!

リーダーという存在に憧れてリーダーになるのは傲慢でしかないのかなぁ。
出来過ぎたお話ではあるけど、スカッとする!
聞いたことのない映画だったけど、友人のススメで観れてよかった。
>|