キングダム・オブ・ヘブンの作品情報・感想・評価

「キングダム・オブ・ヘブン」に投稿された感想・評価

KMN

KMNの感想・評価

4.4
個人的にはリドリースコット最高傑作。

時代考証の精巧さによる美しい舞台と美しい画、BGM、SEはグラディエーターに引けをとらない。

配役の妙と怪演だけでなく、キリスト教徒もイスラム教徒も皆それぞれの正義を抱えて戦いに臨む姿、ボードゥアン四世のらい病の描写などに凄さがあると思う。

勧善懲悪でない、特定の価値観に重きを置いてない脚本。
映画としてはモヤモヤさせられマイナスかもしれないが、史実に近いし、考えさせられる事も多い。

ラストの展開は一転して映画的でカッコいい。
ザン

ザンの感想・評価

3.2
あの病気で仮面をかぶらざるをえない国王の権力者っぷりがこわい。
じえり

じえりの感想・評価

3.0
話が駆け足
ある程度の予習をしてから見た方が良かった
しかし美男美女
オーランドブルームとエヴァグリーンが良き
MiYA

MiYAの感想・評価

3.0
3時間、長かったー。同じリドリー・スコットなのに、なんで本作が「グラディエーター」になれなかったのかと考えると、わかりやすい悪役がいなかったからではないかと。西欧もイスラムも彼らなりの「大義」のもとに戦ったわけで、そこを相対化させた姿勢は正しいのですが、映画としての分かりやすさやドラマの盛り上がりは欠いてしまったなぁ。

あと期待したエヴァ・グリーンが妙に野暮ったくて魅力がなかったのが残念。彼女の女優としての魅力が開花したのは「007」以降だったよう。
esew

esewの感想・評価

3.0
2018.10.24

何よりこの作品では十字軍側が理不尽な侵略戦争を起しているということがハッキリ描かれていているのがいい。

でも出だし1時間30分、エルサレムにつくまでがタルい。絶望的にダルくて長い。



でもでも、エルサレムについてからはのシーンは圧巻のものが多々ある。いくつもの巨大投石器でエルサレムの城壁が破壊されていく様とか、何万の軍勢が対峙する物量とか。CGとリアルの群衆を上手く組み合わせて嘘くささがでないように数万の軍を描けてる。

十字軍側の王とイスラム側の王サラディンとの双方威厳かつ理性的だが緊迫したやりとりや、最終盤サラディンと主人公の講和交渉なんかのセリフもすごくいい。

作品を通して、結局サラディンが一番かっこいいというね。知力、胆力、武力、政治力すべて持った完全無欠の王たる王として描かれてるのは映画製作側の知性と懐の深さを感じさせてくれる。世界中でアホな権力者の雑で横柄な政治ばかりが目立つ今の時代に逆に見たい。最初90分拷問レベルにつまんねえ笑
BANAMIYA

BANAMIYAの感想・評価

3.0
攻城兵器がバンバン出てくる合戦シーンが見どころ。サラディンのかっこよさがひたすら光る。ボードゥアン4世の仮面もいかす。
鴉天狗

鴉天狗の感想・評価

2.9
オーランド・ブルーム見たさで観ましたが、神様って何なんだろうなあと考えさせられるお話。あと、ひとって自分のもの主張しないと生きてけない生き物だなあとも。
信仰と戦争が関わってくると大体思うんですけども。
普通の良心を持つひとが戦争の中に放り込まれて、それでも変わらずにいられるというのは凄いことだと思います。本当に。
Saki

Sakiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

宗教系のお話はあんまり得意じゃないけど、これはわりと理解できた……ような気がする。本質的には理解してないけど。神のための戦争とはなんぞ…? 結局は神という存在を利用した'富と領土'の奪い合いであって、時の権力者の私利私欲でしかなかったんだよね。存在しない神のために(私は無宗教なのでこんなこと言っちゃう…)何千、何万の民や兵が犠牲になってた時代ってなんなん……。でもそこまで突き動かされちゃうから、宗教って怖いよな…。

ところで、オーランド・ブルームめっちゃカッコいいんだけど、何これ。ちょうど絶頂期の作品だな!? チャニングやらザックやらユアンやらにうつつを抜かしてオーランド・ブルームの美しさ忘れてたけど、ため息出るくらい、もう彫刻かな?って思うくらい、完璧です……。

この作品全体を通して、映像が美しい。そして壮大。広大な平地で凄い勢いでぶつかる2つの軍隊。それも何万、何十万の兵士がいる軍隊!! 砂煙すら美しい…。どういうことだよ……と思うでしょ? 観たらわかる!
rena

renaの感想・評価

2.0
オーランド・ブルームが気になったので鑑賞

歴史的な作品は馬鹿な私には理解できなかったみたい…

ロードオブザリングよりも古いのかなと思ったらそうでもなくさらにはパイレーツよりも前の作品だとわかってびっくり

オーランドブルーム=鍛治でパイレーツ観たくなってきたし、砂漠=ピラミッドでハムナプトラ観たくなってきたし、雰囲気でロードオブザリングが観たくなってきた。



オーランドブルーム…
彼は身長が180あるらしい。
意外に大きいかっけぇびびったー
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

3.0
 十字軍の大将となった男を描く。

 十字軍といっても終わりの頃の話。戦闘は派手なスペクタルながら、いったい何の為に争ってるのかよく分かんないままイスラムとヒリヒリ小競り合いしてる不思議な映画。もはや戦争の意味なしという感じ。イスラム世界との交流という恵みはあったものの、それすらいつ敵になるか分からない危うい関係。
 十字軍の虚しさが出てるのがいい。ただし、ちょっと尺が長いかな。
>|