キングダム・オブ・ヘブンの作品情報・感想・評価

「キングダム・オブ・ヘブン」に投稿された感想・評価

エドワード・ノートンのボードゥアン4世が素晴らしい。らい病で生きるミイラの姿になりながら王の威厳を放つ。まさに王の中の王。そしてサラディン。まさに英雄の中の英雄。オーランドブルームのバリアン。鍛冶屋の息子だけど、最後はよく頑張りました。ラストシーン、村に戻ったバリアンを訪ねた騎士、リチャード獅子心王に違いない。世界史の好きな人には結構堪らない映画です。
ayuk

ayukの感想・評価

3.3
ファンにはたまらない、泥まみれになってもカッコいいオーランドブルームに釘付けになる映画。

十字軍の時代のお話、1000年以上経っても争いが続いているなんて、
神が創った人間はこんなにも愚かなんだよ…
世界史をほどんどやってない自分にとって難しかった。世界史の教科書読み直してからまた観たい
鍛冶屋を営んでいた青年バリアンは、生き別れた父ゴッドフリーとの再会により、時の十字軍への参加を決意する。聖地エルサレムを目指す過酷な旅の中で、激しい戦闘や地中海での遭難などに巻き込まれるが...。

過去鑑賞。世界史好きとしてはたまらない題材!なんとアイユーブ朝の創始者サラディンまで出てくる!!
でもとにかく長いので、相当十字軍の時代の世界史が好きじゃないとなかなか最後まで観るのが辛いはず...。私も何度も寝落ちして、何度も観直すのを繰り返しました(笑)。

さすが監督はリドリー・スコットなので、戦闘シーンの迫力といい、ジェレミー・アイアンズ、エドワード・ノートンやリーアム・ニーソンなど豪華キャストによる美しい甲冑姿など見所はたくさん!オーリーも相変わらずの貴公子ぶり。
たまに観たくなるけれど、その度に気合が必要な一本(笑)。

十字軍、凄惨な戦いだったんだなぁ...。
カマ

カマの感想・評価

5.0
絶対にディレクターズカット版で観るべき。オーリーにはちょっと文句のつけどころあるけど、他は最高。通常版よりかなり長いけど、話が丁寧に描かれています。ディレクターズだとそこそこ出番が多く、伏線上割と重要人物なのに通常版だとそもそも登場しない人物もいます。

是非ディレクターズカット版を!リドリー監督の男気溢れる作品です。
史実に忠実なストーリー。スコット監督の映画はやはり迫力ある。今もエルサレムに平和がないのは1000年前の魂が人々から消えないからなのではないか。
大河ドラマがどのくらい作れるか検討もつかないぐらい、金のつぎ込まれた作品。びっくりするくらいの豪華さ。合戦のスケール感に圧倒される。
公開前は、かなり注目されていた作品だった。
監督といい、当時若手俳優で人気だったオーランドを起用していたこともあり、オーランドを大スターにするための超大作という感じで期待されていたのに、
実際公開されたら人気が全然でなかったらしい、、、

個人的には、人生で何度も観てしまったお気に入りの作品。知名度はかなり低いが。
丁度アメリカにいた頃に公開だったので、いち早く現地の映画館で見た覚えがある。
衣装はかなり凝ってるし、スケールもお金かけてるなぁと感じたし、さすがアカデミー賞受賞した有名監督なだけあって、期待通りで、ものすごく興奮した。
特に、配役に関しては、文句なし。一つ難をいうなら、周りの配役が良すぎて主役のオーランドが薄くなってしまったことくらいでは。
まぁ、オーランドファンではない私にはあまり関係ないところだ。
エヴァグリーンが、何と言ってもエキゾチックかつ美人すぎて、オーランドはある意味どうでもよくなった。(ぇっ)

ついでに、ディレクターズ盤についても触れておくと。
確かに、ディレクターズ盤の方が、時代背景とか史実に近くしてある詳細が映し出されていて、この映画のファンとしては良かったけれど、
史実を特に気にせず、一つの映画の物語として観るなら、通常盤でも別にいいんではないかな?と思う。
通常盤でも、大まかなストーリーには影響ないし、シンプルにまとめてはあったと思う。
もちろん、通常盤気に入ったなら、ディレクターズ盤も必見だとは思うけど。
mitonao

mitonaoの感想・評価

5.0
劇場で見たときは?だったけど、ディレクターズカット版を観てリドリー・スコットの偉大さを再確認。
エンターテイメントとしても歴史物としても楽しめる作品。
かつ

かつの感想・評価

3.5
オーリーかひたすらカッコイイ映画😍
周りの俳優陣が名演です😃

エヴァ・グリーンさんがエキゾチックで美しかったです😃
>|