ブーリン家の姉妹の作品情報・感想・評価

「ブーリン家の姉妹」に投稿された感想・評価

とろろ

とろろの感想・評価

3.8
いっそ物語だったら良かったのにと思うくらい悲惨。
華やかな王室とは裏腹にただただ惨い。
服も人もきれいな豪華キャストでおくる英国時代劇でした。
Panda

Pandaの感想・評価

3.0
16世紀の時代風景がわかる
息子が生まれない妃は捨てられる
アンとメアリーの姉妹での確執や兄弟愛がわかる。服装が素敵
でもやはりアンパッピーな結末は悲しすぎる。
A23

A23の感想・評価

3.3
やっぱりヘンリー8世周辺はドラマチック。
アンは野心家すぎて最後はなんとも。妹と弟が献身的。弟つらいよな。
ラストの幼いエリザベス女王が野原を駆けるシーン、そんなこの子が一時代を築くんだよなと胸熱。
ひーな

ひーなの感想・評価

4.0
当時の女性は結婚が自分の地位を高める唯一の方法だったから、権力の高い男をものにするのに必死だった。
アンは欲望が強すぎて自業自得だとは思うけど、弟の方は巻き添い食らってかわいそう、

実際の歴史とは話が異なる部分もあるけど、イギリスの歴史に興味がある人はおススメ!!

このレビューはネタバレを含みます

2008年。原作はフィリッパ・グレゴリーの同名小説。メアリーの夫ケアリーがいつの間にかフェイドアウト(原作によると「汗かき病」で死亡)、メアリーがヘンリーの娘を産む描写は省略、ジョージが弟の設定(原作では兄だが、末子だったのではないかと考えられている)、後にメアリーの夫となるスタフォードが序盤から登場、アンの周りにいて彼女の2日前に処刑された崇拝者のサークルはないなど、原作からはかなりの改変が。「アンの子エリザベスが45年統治」と最後にあり、あれだけ男系なのに彼女が単独で即位できた理由が気になった。
映画JP

映画JPの感想・評価

4.0
史劇。王位継承のため王妃に息子を産ませたいのだが、男の子を産むことが出来なかった最中、ブーリン家の姉妹が王の目に止まる。果たして王位継承となる子供は産まれるのか…王位継承の子は誰なのか…!?有名な俳優が出ていて、豪華な作品。
灰音

灰音の感想・評価

3.0
なんという昼ドラ的展開…

賢く野心家の姉と、心優しい妹っていう設定が既に昼ドラ感。

王が好色なクズ男過ぎてイライラしました。あの時代はそんなもん?

姉妹の母上と王妃だけが終始毅然としててかっこよかったなぁ。
はるか

はるかの感想・評価

4.0
宮廷のお話大好き。こういう、救いようがない話はもっと好き。これが史実となるともう大好物。
ジョージ役のジムスタージェスと、姉妹の母役のクリスティンスコットトーマスの演技がとても印象に残ってる。苦悶の表情がたまらなかったです。
同じような内容を扱った、『わが命つきるとも』と、『1000日のアン』もみてみたい
そこまでして、地位や名誉がほしい訳が分からない。
中世ヨーロッパの王室の血統主義が、こんなにも人を狂わせ、ドロドロの愛憎劇を生むのか、さらに興味が湧いた。
8人中2人の妻を処刑したヘンリー8世恐ろしや。次は、アンの娘、エリザベス1世について知りたくなった。
あ

あの感想・評価

3.6
姉妹が今の時代に生まれていたらと思うともう苦しくて、、女性の美しさは地位を高めるための道具じゃないし、子供を産めることだけが価値なんかじゃ絶対ない、、

色違いのドレスすごーくかわいい!
>|