ロビン・フッドの作品情報・感想・評価

「ロビン・フッド」に投稿された感想・評価

JaneDoe

JaneDoeの感想・評価

-
数年前に鑑賞
こういう無邪気な歴史劇が好きだった
今見たらどうなんだろう
Nanako

Nanakoの感想・評価

2.9
高校の時英語の課題で鑑賞
途中ちょっと眠くなってしまったけど森での戦闘シーンは結構かっこよかった
はに

はにの感想・評価

3.9
細部は忘れてしまったけれど森での闘いがかっこよかったと覚えている
当時、劇場で観賞
『フィールド・オブ・ドリームス』『ザ・ボディーガード』等でノリノリだった頃のケヴィン・コスナー主演

だけどもこの作品ではなんと言っても悪代官役のアラン・リックマン!
『ダイ・ハード』でも主役食うぐらいの存在感だったけどなんだったらもっと目立ってるw
貧困に苦しむ民から財産を奪い、それでも足りず遠征中のリチャード王が居ぬ間に王座を奪ってしまおうと魔女と一緒に策略
更には王の従妹マリアン姫まで無理矢理お妃にと誘拐する暴れっぷり
行動もそうですが台詞回しも聞いてると憎たらしいイントネーションで 笑っ

彼の片腕役のマイケル・ウィンコットも相変わらずガサガサ声の悪役で良い味出してる(*^▽^*)


勿論、民の味方として戦うロビン・フッドも格好いい
弓矢を射るシーンや合戦なんかはこれこそがロビン・フッド映画だなと思える◎
ケヴィンVSアランの一騎討ち!
アランが大きなソードを振り回す最後の戦いも見応えありです!!

ロビンの相方の様なモーガン・フリーマンも流石の貫禄&演技
豊富な知識と勇気で助ける彼らしい役が良い

小わっぱな役が似合うクリスチャン・スレーターや『アビス』のメエリー・エリザベス
ハッピーエンドを迎える最後にはリチャード王役にあの御方まで登場!と豪華俳優陣


これがオーソドックスなロビン・フッドの物語だと思えるクオリティ
大好き♪(≧∇≦)
dramatsu

dramatsuの感想・評価

2.1
1996年2月10日

偶然にも同じ年に同名タイトルのロビンフッドが公開された!紛らわしい。一方はイギリス版みたいだけど。

ケビンコスナーが中世の騎士の役やっても似合わないよなぁ。
アランリックマンは様になってて彼に全部持ってかれたって感じ。
クリスチャンスレーターもなかなかカッコよかった。
crazylove

crazyloveの感想・評価

5.0
善意が成功を導くとは限らない

20人の英国の騎士に勝る
アノン

アノンの感想・評価

3.7
アラン出演作、第三弾!

90年代初期の名作。大好きです!

このあらすじを書いてると、想像以上にお固くて難しそうな映画になったので簡単に説明を。

故郷をめちゃくちゃにされたロビンフッド(ケヴィン・コスナー)と民衆たちが、悪徳代官ノッティンガム卿(アラン・リックマン)に復讐を誓う物語。

アクションあり、ラブストリーありで退屈しません。

そして、主演のケヴィン・コスナーを丸々食ってしまう程の存在感を発揮したアラン!

この役はほんとにキョーレツ(笑)
初めて観た時、キャラ濃すぎてビックリしました(笑)

まだ観たことない方には、ぜひとも観て頂きたい作品です!
nanako

nanakoの感想・評価

4.0
アラン・リックマン祭
ロビンフッド:ケヴィン・コスナー版
ジョージ代官役。魔女に育てられ、捻くれながらも愛されたいと願う、ツメの甘いあんまり怖くない悪役です。
ケヴィン・コスナーも大幅にキラキラ王子だし、クリスチャン・スレイターも可愛いし、モーガン・フリーマン若いし、ショーン・コネリーも出てくる、単純明快だけど見応えがある作品。面白かった。
自分の中でロビンフッドと言えばコレ。
幼い頃に観て、ケヴィンコスナー演じる爽やかなロビンフッドの活躍にワクワクした憶えがあります。
若いスネイプ先生がとってもコミカルな悪代官として登場。愛らしい。
モーガンフリーマンも若い!
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
2008/9/29鑑賞(鑑賞メーターより転載)
世間での評判はそれほど良くないみたいだが、期待しずぎずに観ればまあまあ面白い映画。中世でしかもロビン・フッドという設定なので、相変わらず俺様演技全開のケビン・コスナーも他の作品より違和感がなく溶け込んでいる。モーガン・フリーマンとアラン・リックマンという十分主役もこなせる芸達者が脇を固めているのも、安心して観られる理由の一つかも。ラストの超大物ゲスト出演にはびっくり。
>|