マスク・オブ・ゾロの作品情報・感想・評価

「マスク・オブ・ゾロ」に投稿された感想・評価

バンデラスのカッコよさが一番
引き立ってる映画な気がする。
師弟の絆と愛そして友情、最高
に感動する。師匠の娘と弟子の
やり取りも非常にもえる。日本
の刀とはまた違うカッコよさと
美しさのある剣でのアクション
が最高に痺れる。
最高の映画。
アンソニーホプキンスはレクター博士の印象強すぎたから、かっこよくてびっくり
バンデラスがまだあどけなくてかわいい
個人的にはめちゃめちゃ大好きな作品。

アントニオ・バンデラス演じる
ゾロというキャラが
とにかくかっこよくて、
たまらない作品です。
【吹替版】


【字幕版】
●'98 10/10〜公開
配給: コロムビアトライスター
ワイド(PANAVISION/シネスコ)
SDDS/dts/DOLBY
〈国内: DOLBY DIGITAL/dts/SDDS〉
11/18 10:30〜 日劇プラザにて観賞
フィルム上映
SDDS映写
パンフ購入
※劇場では字幕版のみ。
Keita5721

Keita5721の感想・評価

3.5
何度観ても面白い大好きな王道映画。

暇つぶしにアクション映画観たい方におすすめ。
MiYA

MiYAの感想・評価

4.0
映画公開以来ずいぶん久々に観ました。当時は彗星のごとく現れたキャサリン・ゼタ=ジョーンズの美しさに度肝を抜かれ、そればかりが印象に残ったんですが、いま観るとアンソニー・ホプキンスの渋さに惹かれます。

魅力ある主人公(アントニオ・バンデラス)、魅力あるヒロイン(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)魅力ある脇役(アンソニー・ホプキンス)、これだけ揃えばほかに何を望むというのかという感じですが、父から子への継承(実の親子じゃないけど)という物語の骨格がしっかりしてるし、アクションもなかなか。これといって新しい要素はないけど、まず欠点の見つけづらいアクション映画の秀作といったところですね。
古き良きヒーロー映画です。ゾロが夕日に剣を掲げるシーンがとても好きです。
Shuu

Shuuの感想・評価

5.0
監督は『ゴールデン・アイ』のマーティン・キャンベル。製作総指揮の一人に、『プライベート・ライアン』など数々の名作で知られる巨匠スティーヴン・スピルバーグ。伝説のヒーロー " ゾロ " を『エクスペンダブルズ ワールド・ミッション』で好演したアントニオ・バンデラスが演じる。出演は、『羊たちの沈黙』などのアンソニー・ホプキンスほか。

スペインの植民地支配から独立したメキシコ。かつてゾロとして彼と対決したディエゴは、カリフォルニア再統治を企む元知事モンテロの野望を挫くべく、盗賊あがりの若者アレハンドロを後継者に育て上げようとする。20年前、ディエゴはモンテロによって投獄され、愛妻を失っていた。一方アレハンドロも、モンテロ配下の者によって兄を殺されていた。ディエゴの厳しい訓練により、新たなゾロとなったアレハンドロは、ディエゴの娘を救うため、そして自らの復讐のためにモンテロに闘いを挑んでいく。

アントニオ・バンデラスよ! あなた様はかっこよすぎる(笑) 彼の魅力とラテンな雰囲気が " ゾロ " の役にハマっていて楽しかったです。セクシーで情熱的でコミカルに人間味がたっぷり溢れていて非常に良かったですね。それと、アンソニー・ホプキンスも初代ゾロを楽しそうに演じていたので、自分もたまらず笑みがこぼれました。特に、初代ホプキンスと二代目バンデラスの2世代のドラマになっている描写がたまらなく面白かったです。

ゾロ! ゾロ! ゾロ!
lovelyn

lovelynの感想・評価

4.0
アントニオ・バンデラス、絶頂期の作品!
カッコいいねぇ!
キャサリン・ゼタ・ジョーンズもコレで一気にブレイクしましたね!
クリス

クリスの感想・評価

4.0
久々の鑑賞だったけど20年前とは思え無い綺麗さとテンポの良さを感じる❗

ゾロが二人いて世代交代を描きつつ民衆のヒーローとして活躍するバンデラスとホプキンスが素晴らしい🎵

コソ泥から貴族になっていくバンデラスがカッコ良すぎ❗

幽閉され復讐したり実の娘が美しく成長さしたのに親と言えないもどかしさ、兄弟を殺されて怒りに燃えたり
奴隷のように扱われる平民に希望を与えるゾロが素晴らしすぎる。

勧善懲悪活劇として最高の1本❗
>|