ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮の作品情報・感想・評価・動画配信

「ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮」に投稿された感想・評価

lemmon

lemmonの感想・評価

2.7
「THE TUDORS〜背徳の王冠〜」「ROME」にハマった人間なので、本作も好きかも?と手に取る。

上二作品のドロドロを超えるドロドロ🤮を観てしまっていたからか、少々物足りず😅。
自分のせい😂。


デンマーク国王夫妻が、ひとりの侍医を間に、互いに牽制しながらも、結果高めあうことになる様が物語としてはみたことがなく、そこは興味深かった。ある種うまくいっていた関係性。が、権力のあるところに嫉妬あり。崩壊していく。
あ〜最後のババアの勝ちほこり、歴史ドラマだ。


ヴィキャンデルは先日観た「チューリップフィーバー」に続き、この時代のコスチュームが似合っていると思えなかった。
ここでも色気を感じれず、エロさも重要な本作だが、彼女、童顔過ぎるのかもなあ🤔。
マッツミケルセンは蝋人形のように表情が変わらない。「カジノロワイヤル」とかはハマるけど、本作のような作品ではミスマッチに思えた。

う〜ん、テレビドラマ向きかも。
長く感じた。


本作、クリスチャン7世を演じたミネルに目がいった。「アマデウス」のモーツァルトを想い出す。見た目はバカ殿のような雰囲気なのだが🤣、人間の弱さ、周りにたくさん人がいようが孤独であること、生きてきた環境により精神のバランスが他人よりおかしくなっている主君を体現。天晴れでした。
月糸

月糸の感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

町医者が成り上がり若い王妃を寝取るなんてすごい話だなぁと思うと同時に、実話を元にしてるとの事で、実際にそれだけ魅力ある人物だったんだろうなと思う。
そうだろうなとは思ったけど最後は辛すぎて後半は一度観たきりだけど、舞踏会のシーンは楽しくて、手を叩いたり破顔するマッツが可愛くて可愛くて、何回も観てしまいます。一方売春宿から出てくるマッツは色っぽすぎてギャップがヤバい。
ロマンス色の強いパッケージと副題ですが、中身はしっかりとした時代もので大変見応えがあり、特に後半は精神的にハラハラするのでお気楽に観るとビックリします。
町医者が庶民のために思想を持って国を変えようと奮起するも、政府による印象操作で庶民の味方であるのにも関わらず敵に仕立て上げられ、最後は処刑されてしまう、悲しい話。
K

Kの感想・評価

3.0
1700年代末、教会勢力を盾に権力を横行させる貴族たち、知識人たちによる啓蒙活動が盛んになりつつもる時代、時代の節目のデンマーク王室での、バカ殿と王妃とイケメン医師の三角関係。

世界を変えることは難しい。

運命に逆らえなかった運命の2人。
yuki

yukiの感想・評価

4.2
マッツ・ミケルセン×アリシア・ヴィキャンデルで描くデンマーク王室スキャンダル。

デンマーク王室の歴史を知るという意味でも、単純に映画としてもおもしろく、ただのメロドラマでないところがとてもいい。

統合失調症のような精神病を抱え子どもみたいな国王クリスチャン7世、その若き王妃カロリーネ、国王の侍医で事実上の摂政ストルーエンセ。この3人が織りなすドラマは見応えがある。

異国から15歳で王妃としてやってきたカロリーネ、王である旦那はあんな感じで公でカロリーネを愛せないと宣言までしてしまう。ストルーエンセに惹かれるのがわかる。調べてみるとストルーエンセはもっと野心的でカロリーネも利用してた感じなのかな。でもマッツとアリシアちゃんの相性がいいので映画的でこれでよかった。ダンスシーンも素敵。

アリシア・ヴィキャンデルはセリフがないところの演技がうまい。惚れたときの表情とか抗えない表情とかセリフなしで語れる。
yumtantan

yumtantanの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

邦題から、王宮で男女がキャッキャウフフする話かと思ったら、
(いやキャッキャウフフはするのだが)
めちゃくちゃ重ーいデンマークの史実でした。

相手の事を何も知らず、
期待しか胸にないカロリーネが、
国王と会ったらとんだ呆けで
いきなり夢打ち砕かれていて哀れ…
(どこの国の王宮でも、同じ様な事あったんだろうけど)

国王とストルーエンセが打ち解け合う場面で、
シェイクスピアの引用が出てきてへーってなったり。
(ストルーエンセは、国王がただの呆けではない事を気づいたのだろうな、と)

映画でのストルーエンセは、
医者として国王の良き友として
控えめに振る舞っている様に見えたけど、
(少なくともカロリーネと関係するまでは)
マッツのストルーエンセからは、
野心みたいな物が見えず、
愛に目覚めて運面に翻弄された感。
(実際のストルーエンセは、野心家だった様ですね)

王妃との逢瀬は「そんな事してたらいつかバレるよ〜!」というヒヤヒヤにしか見えなくて、案の定なバレ方をしていて、
ストルーエンセ、医者なのにその可能性考えてなかった?!とツッコミたくなった。

王妃との乗馬のシーンと
ダンスノシーン素敵だった。
特に乗馬は、束の間のというか唯一自由みたいな描かれ方。

成長したフレゼリクとルイーセは、
クリスチャンとカロリーネに似てる!
似ている俳優さん器用したのかな。

デンマークの歴史を全く知らなかったので、
勉強になった。
何にせよ、一番可哀想なのはクリスチャンだよ…
haramouth

haramouthの感想・評価

3.0
18世紀デンマーク、絶対王政末期の宮廷が舞台の実話から。
病んだ王クリスチャン7世、王妃カロリーネ、侍医ストルーエンセの三角関係はやがて国政を巻き込んだ大スキャンダルに発展し…。

歴史以上のことは語られず、観客に新たな目線を与えるような物語ではないものの、デンマーク宮廷の美しさと、男女ともに沼らせる人たらしの魅力たっぷりのマッツミケルセンはひたすらに眼福。
あゆ

あゆの感想・評価

4.8
とても不幸でやるせない。誰もが国王を軽んじ、見下し、利用した。確かに不倫なのだろう。でもそれを責める気には少しもなれない。安っぽい愛の話ではないのだ、この歴史は。国を変えようとした。人を愛した。それだけなのに、こうも歯車が狂ってしまったのか。
「愛と欲望の王宮」だなんてセンセーショナルな副題は似合わない。デンマーク映画ははじめてだったが、少しも目が離せないほど惹き込まれた。
ところでマッツさんのダンスの動きが常人じゃない。美しすぎて惚れ惚れした。素晴らしい役者さんを好きになれて、とても幸せ。
翡翠

翡翠の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

侍医が王妃様を好きになってやっちゃってできちゃってどんどん政治的にも国政的にも悪い方へと落ちて行って、バレて殺されるドロッドロの恋愛交じりの王室スキャンダル。後半になってマッツがだんだんイライラしてきてヤケになってきてるのに、王妃様にだけ愛情を注いでいて王様には少しうんざりしてる感が面白かった。

処刑直前のマッツの演技が1番きた。ぶっちゃけ拷問シーンも少しはあっても良かったかなと、殴られる蹴られるのシーンも声だけだったから。私も民衆の1人だ!って言って処刑台に乗って頭落とされる時の涙が、、、一瞬でも王妃様のことが過ぎったところが切なくて…。
まぁ自業自得なんですけどね、あんだけやればそりゃ子供できるよって話よ。
Eirain

Eirainの感想・評価

3.4
マッツ主演作品ということで、DVDを購入して鑑賞。

舞台は18世紀のデンマーク王室。侍医としてデンマーク王・クリスチャン7世の信頼を得て、王妃・カロリーネの愛人となって取り入ることで王権を手にした啓蒙思想家・ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセの物語・・・を、ロマンティックに描いた作品。

や、デンマーク王室の歴史なんてほとんど知らないので、「ああ、こんな悲哀の事件があったんだなぁ(まあ不倫はいかんけど)。」と感慨に耽っていたのだが、鑑賞後にWikipediaで調べてみると、なんとまあヨハンに対する見解(印象)が違うのなんの。特に王妃との関係。映画では"禁断の恋"というロマンティックな描かれ方がされているが、Wikipediaではただ権力に取り入るために篭絡しただけという書かれ方。温度差に驚きを隠せない。

まあ「実話を基にした」や「史実に基づく」なんてものも、結局は語る"人"の主観から逃れられないものなので、「こういうロマンティックなお話だったかもよ」くらいの気持ちで楽しむのが一番。(無論、Wikipediaの(元となった)情報が必ずしも正しい訳でもない。)

しかしながら・・・(今回は自業自得だが、)まーたマッツは悲惨な目に遭うね。大きな不幸なく過ごせたの、まだ『アナザーラウンド』しか出会えてないぞ。
まぐろ

まぐろの感想・評価

3.9
誰だ〜文春砲みたいな邦題つけたやつは〜〜〜!!!!!!!!!!!!
めちゃめちゃ良質な歴史ドラマじゃんか!!!!!!

マッツ目当てで見始めたし、確かに長髪乗馬舞踏会と眼福てんこ盛りではあったけれども

これが史実なのが凄すぎる、全然知らなかった……

あとクリスチャン7世の俳優さんがとても好きだった、どうしようもないんだけどダメ人間を演じたくなってしまう抱え込んだ劣等感
皇太后がまた違う存在なら優秀な国王だったかもしれないと思わせられた。
>|

あなたにおすすめの記事