イースタン・プロミスの作品情報・感想・評価

「イースタン・プロミス」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

5.0
裏社会で暗躍するロシアンマフィアと、小さな命の為奔走する女…2人の運命が奇妙にも交錯する。
平和と誰かの幸福の為に、ヴィゴ・モーテンセン演じるニコライが選択した結末ともの哀しげな表情が後に引き摺る余韻を残す。最初から最後までヴィゴの表情一つ一つがオチに直結する素晴らしい脚本と演出、ヴィゴの演技力が見事…。開始1分で首から血が吹き出る、容赦ないバイオレンスでインパクトある描写のお掛けですぐに物語に引き込まれた。マフィアものお得意の銃撃戦がない代わりと言ってはなんだが、モザイクなし全裸ヴィゴがサウナでナイフ持った男2人と格闘するシーンは特に最高だった。生々しいナイフに刺された傷から滴る血がリアリティあってこれまた素晴らしい演出。久しぶりのマフィアものは良いな…。
hase3001

hase3001の感想・評価

2.0
D・クローネンバーグ監督といえば、「ザ・フライ」「裸のランチ」「クラッシュ」などを思い浮かべる世代ではあるが、本作はいぶし銀な雰囲気を残しつつ、V・モーテンセンのニヒルなシーンが存分に楽しめる作品に仕上がっている。

組織のボスのイタイ息子を演じるV・カッセルも、病的なヘタレさをかもし出しているところがいいね。

ストーリーは、大枠を外れない程度の、ロシアンマフィアの抗争と、組織が運営する未成年売春婦から生まれた子供をめぐり、ナオミ・ワッツがその謎に迫ろうとする展開。

後半に入り、ニコライの真の目的が語られ、子供は、アンナに引き取られ、めでたし、めでたし・・・というのが、あまりにも急で、少し消化不良だった。

ラストシーンでは、ニヒルに数珠をもって座っているニコライがいるんだけど、結局ボスになったの?そこが山場のような気がするんだけどな・・・

ただ、ニコライの、リーゼントには、格闘技選手バリの肉体より、スーツ姿のほうがいいな・・・007しかりなんだけど。
ヴィゴ、お疲れ様です
PePeLaNd

PePeLaNdの感想・評価

4.1
ナオミ!?ホワッツ!?

って言いたくならん?ならんかぁ〜

ナオミさん本当になんでも出るよね〜
そーいうスタンス嫌いじゃない(何様)

みんな大好きナオミワッツさんが出演している本作「イースタンプロミス」

冒頭から喉ギコギコ激バイオレンスシーンで鷲掴みにされるも中盤は至ってネガティブなドラマ重視の展開(いや悪い奴は本当に悪いんだけどね)

R-18という唯ならぬ期待はヴィゴの無機質なセックスシーンで「これかよ…」と裏切られそうになるが後半サウナでのモロ出しファイトで「これか!」と相殺が成立。

ヴィゴさんの動きはハッキリいって固くてギコいんだけど逆にリアリティがあってそれがいいんだわ\⍩⃝/

そして忘れちゃならない我らがヴァンサンカッセル。今回も出すぜシャクレた顎とだらしない口元。更にプラスで唾や食べ残しまで吐く始末\⍩⃝/最高だよアンタ\⍩⃝/
汚らしいわぁwww

作品自体はシリアスな内容も随所に飽きさせないシーンを入れて最後まであっという間でした。

オチは賛否両論あると思うんだけどね〜
個人的にはこんなに身を売ってナショナリズムに捧げる精神が分からないというか…まぁこーゆう方がいるから世界は保っているのかもしれないけど…

なかなかの良作でしたぁ\⍩⃝/
commonlaw

commonlawの感想・評価

3.5
過去鑑賞
OZEBLACK

OZEBLACKの感想・評価

4.0
タトゥーがイカす
ストーリーは微妙
yukko

yukkoの感想・評価

3.6
クローネンバーグにしちゃあマトモ。マフィアもん。
なんだか厳かな雰囲気を纏いつつ、蓋を開けたら淫行レイプで鬼畜臭漂う。

サウナでファイティング👊ヴィゴのツーケーのなーあーまで拝めそう。誰得?
モロ出しだからどーしたって目が追っかけちゃう😳
ヴァンサン暴力的単細胞の通常運転。ワンパ過ぎなキャラで飽きてきたなー。
MarkAKG

MarkAKGの感想・評価

4.0
ハリウッドスター達主演ながらも、ヨーロッパ映画の雰囲気全開で内容は韓国18禁マフィアもの。
という感じ。
ただ、マフィアと言っても
ファミリーの感じはあれど本作は
兎に角、悪すぎて悪すぎて…
怒りが。

全裸無修正で敵と闘うヴィゴ、またしても素晴らしい。

なぜ今まで見なかったんだろう。

SFじゃないパターンの鬼才クローネンバーグマフィア作品。

あと15分続き観たいですラスト。
>|