レッド・スパローの作品情報・感想・評価

レッド・スパロー2017年製作の映画)

Red Sparrow

上映日:2018年03月30日

製作国:

上映時間:145分

3.6

あらすじ

「レッド・スパロー」に投稿された感想・評価

トム

トムの感想・評価

3.5
無味無臭でパサパサなビスケットを食べたように気持ちになりました。
この監督、ハンガーゲームは良かったのに今回はハズレな感じがします。
ジェニファー・ローレンス主演のスパイ映画。007シリーズやミッション・インポッシブルシリーズに見られる激しいアクションとかは無いけど、スパイ映画らしい、どっちが敵で、どっちが見方なのか分からなくなる様な心理戦はなかなか見応えありました。

叔父の勧めもあり、ロシアのスパイとして成長したドミニカ(ジェニファー・ローレンス)は、アメリカの内通者を探るため、CIA諜報員のネイト(ジョエル・エドガートン)に標的を定める。てか、叔父がプーチンにそっくり!絶対狙いましたねこれ。(^^)

怪我でバレリーナの夢を諦め、国のために色仕掛けをメインとしたスパイに変身していく訳だけど、今作のジェニファー・ローレンスは体張ってますね!R15指定なんで期待してましたが、ホント裏切らない脱ぎっぷりでした!拷問シーンも痛々しく暴力描写に凄みがあるし、あの皮膚を剥がすローラーみたいなヤツ!あれはヤバいです。

2時間以上あるので少し長く感じましたが、最後まで予想出来ない展開で面白かったです。
nattsumin

nattsuminの感想・評価

3.4

なんか書いたらネタバレになってしまいそうでうまくかけないけど
アトミック・ブロンドとか女スパイブームがきたなかでどっちも見てみて、レッドスパローのほうがストーリーがしっかりしてて置いてかれることがなくて見応えがあった🙌🏻
金髪姿がきれいできれいで、、、
アクションじゃなくて駆け引きだらげの頭脳戦なのが予想外でよかった!
千屋

千屋の感想・評価

3.3
墜ちたボリショイのプリマがくノ一化する、そんな話。いや現代劇なことにビックリする。房中術訓練所にこんな尺割いてるのにちょっと笑える。ダブルスパイモノの脚本ちょっと食傷気味。
K

Kの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

スパイ映画にしては、脇の甘さが気になるシーンもあったけど、何を考えているのか分からず、ポテンシャルも未知数なドミニカに惹きつけられ最後まで楽しめた。

序盤のドミニカが、暗雲に覆われた雪原を車でスワローの養成所へ向かうシーンにゾッとした。
きっと楽しい事など何一つ無いことを暗示するような絶望的な景色だった。
「アトミック・ブロンド」ではないけど、女スパイが二重スパイなのかどうなのか?みたいなところのハラハラ感と圧倒的女体感のあるジェニファーローレンスのエロさも相まってトーンとともにバランスのとれたセンスのよい作品。
かりん

かりんの感想・評価

4.0
記録 あぁ、もう面白い!アクション系かなと思ったらいい意味で予想を裏切られました🤣
実際にあるんでしょうねーこういう機関やら駆け引き(笑)
nutaki

nutakiの感想・評価

3.0
スパイもの好きだし、最近は『アトミック・ブロンド』など女性スパイものも面白いし、期待したけど…。
あちこち穴だらけっていう印象で、雑な展開が気になった。
そして、女性の命令に依る女性への拷問(手を下すのは男だけど)のグロさや、養成学校のイカレたエロさがまた気色悪いし、観ていてイヤーな気持ちになったわ。なんせ、一番引いたのはその学校の教官がシャーロット・ランプリングってこと。70歳を超えて、さすがにこんな役を引き受けることが、この方に頼むことが、どうにも釈然としないで、そこに気を取られたなあ。
主役のドミニカにジェニファー・ローレンス。
ムッチリした体で何故かバレリーナ役からスタート。
ちょっと無理だなあ、と思う間もなくバレリーナからスパイに。
何だかほっとする。
今や人気者だし、魅力ある女優だけど、今作の役は合わないというか、無理が多い気も。スパローという感じではないかな。
脱ぐのも暴力もハニー・トラップも似合わない。
叔父のワーニャにマティアス・スーナールツ。
『リリーのすべて』にも出ていたが、プーチンに激似で、いかにもロシア!
実際はベルギー人だそうで、特徴あるお顔に冷たい目をしているけど、私は結構好き。
優しい振る舞いの奥に残忍な面がチラチラと見えて、この役もピッタリ。
アメリカCIAのナッシュにジョエル・エドガートン。
『ラビング 愛という名のふたり』ですっかり気に入った俳優。
若き日のハーヴェイ・カイテルを思い出す、イケメンではないけど、静かで優しい、心休まる存在という印象。
今作ではベテランなのにいきなりヘマをして、いきなりガッカリだけど。
この主役のスパイ2人はヘマから始まるし、お互い騙せない、スパイらしくない。
カッコいいというよりは人情味があるスパイ。
シャーロットは表情もなく、機械的で、魅力のないキャラを演じている。
ザハノフ役のキーラ・ハインズが、その特徴ある風貌で凄みがあって良いけど、あまり目立たない役かな。
そして、コルチノイ将軍にジェレミー・アイアンズ。
渋くて大好きだし、やっぱり彼が出ると、何かあるゾ!と思わせるのはさすが。
そして、やっぱり何を考えてるのか分からんクセモノ。
軍服が似合ってカッコいいわあ。
ストーリー展開は、正直複雑で良く分からない。
結局どうしたいのか、どうなっているのか、とか思いつつ観ていた。
真っすぐ進むはずの線がウヨウヨと曲がりつつ変な方向に進んでる、みたいな感じで、大事なラストもスッキリしない。
裸や拷問や色気や恋愛や、ワンサカ入れ込んでいるけど、そのどれもが必要とも思えないし、ワクワクやドキドキ要素が不足していた。
スパイものの醍醐味はスッキリして、カッコ良いとこだと思うけど、どちらも中途半端だったかな。
「ソウ」シリーズがグロかったので、口直しと思い観たら、これもグロくて、拷問シーンは痛くて、休憩にならんかったわ!
JiroFujita

JiroFujitaの感想・評価

3.0
ロシア、東欧、ロンドンを舞台に寒々しくも美しく時にショッキングな映像と淡々とドライに綴られるストーリーが印象的な作品。

そして何より皮剥グッズのインパクト大。
女性は怖い。😅
男にはこんな嘘はつけない。
真顔で全て騙し切る。参りました。
ロシアは非道でCIAは人間的というプロパカンダもありますが人間観察、勉強になります。😅
>|