トゥルーライズの作品情報・感想・評価

「トゥルーライズ」に投稿された感想・評価

ジェームズ・キャメロン監督のもと、シュワちゃんがスパイを演じたハリウッドアクション超大作。(ターミネーター2コンビ!)

特筆すべきことは主に3つ。

1つ目、コメディー色がかなり強く、アクションとの融合が素晴らしいこと。
黒幕の倒し方が最高、爽快かつ笑えた!

2つ目、馬に乗ったシュワちゃんを堪能できること。
バイク相手に街中や屋内で壮絶なチェイスを見せてくれる。

3つ目、主人公の妻が物語の中核を担っていて、中盤以降は存在感抜群なこと。
演じたジェイミー・リー・カーティスが相当体を張っていて役者さんのすごさを実感。

上記以外にも様々な方法で観客を楽しませてくれた本作、最高の娯楽作品です。
たた

たたの感想・評価

4.3
色んなアクションがあっておもしろいかった

シュワちゃんかっくぅい❗️
nori007

nori007の感想・評価

4.0
ジェームズ・キャメロン監督は、制作本数こそ少ないものの作る映画がどれも傑作。この映画もT2やエイリアン2に埋もれてる気がするが、めちゃくちゃおもしろい。

優れたところは、007のようなスパイ物ではあるもののコメディ要素が多いのでデートムービーには最適だろう。そして見終わったあとは必ずすげえのを見たと思える。

まだCGの黎明期なので、大半が実写撮影だろうにいったいどうやって撮ったのだろう。
アクションも誰も見たことがないような組み合わせで、マジでヤバい。
序盤のバイク対馬のチェイスでは「君よ憤怒の河を渉れ」の100倍すごいことをしている。

さらにリムジンからヘリへの救出劇や、ラストの空中バトルでは垂直離着陸が出来るハリアー戦闘機ならではのアクション。マジで誰も見たこと無い。そして誰もが見たかった映像だろう。
Chaam

Chaamの感想・評価

4.0
めちゃくちゃお金をかけた国家スパイばりの浮気調査という話だったかな。
すごい面白かった記憶あり。

ばりばりのアクションですが、
ストーリーも面白いのでとっつきやすいです。
竜平

竜平の感想・評価

4.1
妻子に素性を隠しつつ危険な任務をこなす凄腕の諜報部員の男が、国家を揺るがすテロ組織の陰謀に立ち向かう。「国を守るスパイ × 家庭問題」という設定で贈るエンターテイメント作品。
久しぶりに見たけども、やっぱり好きだなぁと、そんでいくつになっても楽しめるなぁと。ジェームズ・キャメロンとしては『ターミネーター2』でも魅せたような、ちょっとしたシリアスムードの中にあるコメディ路線という、アンバランスになりそうなものを上手く掛け合わせた作風。極秘任務やテロリストとの対峙といった諜報活動の中で、上手いこと秘密を保てていたものがひょんなことから崩れていく。仕事と家庭、浮気心など、家族間や夫婦間に潜む日常的且つ現実味のある問題をユーモア満載で描いていく。今作は一応アクション映画の括り、のはずなんだけど途中「なんの話だったっけ」となりそうなほどに家庭問題へと向かっていったりもして、ここらへんを今作の「味」と取れるか否か、というところなのかなと。ノレない人はノレないかもね、的な。いやしかし、今作のような夫婦の描かれ方はなんとも好印象だし、最終的には不覚にもそのエピソードにグッときてしまった自分がいる。これは大人になった今だからこそ感じれるもの、かな。ここに掛かるシュワちゃん印というか、いい具合に爽快なアクション、ジャン=クロード・ヴァン・ダムとかランボーとかのイジリが入るあたりもおもしろいなと。
そうそう、今作はアクション要素というのもやっぱり見所。今ではたまに見受ける気がするこーゆーシュール系の設定、その中での安っぽくなりがちなアクションパートをそうさせないのはジェームズ・キャメロンの手腕と言えるかも。まぁ実際に製作費がべらぼうにかかってるらしく、なんとハリウッド映画史上初めて製作費1億ドルを越えた作品なんだとか。とくに戦闘機なんか本物を使ってる場面もあるとのことで、たしかに迫力がある。終盤の手に汗握る展開と、ド派手な決着のつけ方なんかも個人的にはお気に入り。これぞ古き良きアクション映画、たまに見たくなる良作。改めて見て思うのがジェイミー・リー・カーティスの劇中での変貌ぶりね、とてもいい。
リアム

リアムの感想・評価

4.1
大好きなシュワちゃんの大迫力アクションコメディ!アクションシーンも凄いがコメディ要素が素晴らしく最後まで笑いっぱなし(≧∇≦)出てくる人物全員が常にギャグをぶち込んでくる〜。地獄の毒グモ、たぶん不気味な響きだからでしょう、ふふっ。

ハリアー登場からの橋吹っ飛ばしからのシュワちゃん飛ばしちゃう!たまらんな。飯3杯イケるわ。嫁は何歳だかわからんが振り切ってからのセクシーギャップがすごい!変わるもんですな〜。しかしシュワちゃん、タンゴはイケイケに見えてド下手やな〜。半年練習したらしいけど(°▽°)そんなところがいいよね。筋肉凄すぎてやや動きがモサいとこ。

いや〜。しかしキャメロン監督はやはり天才ですな。

ただ!唯一文句があります。ターミネーターで核の恐怖を描いたキャメロン監督にして、核爆発の扱いが雑すぎませんか?いくらコメディとはいえどもですよ。
たろ

たろの感想・評価

4.0
バイクと馬のカー?チェイスが最高すぎる。
そして、アクションもしっかり出来るんだよという事を見せてからのこの展開、やばすぎるでしょ。
そしてちゃんとアクションに収束させる展開の妙。

ギャグも自分の趣味と合う感じでちょうどよかった。

キャメロンパワーなのか急にハリヤーが2台出てきて笑う。

娘編はちょっと蛇足感あったけど、カミカゼミサイルは結構好き。
米スパイ組織に所属するハリーはイスラム系テロ組織による軍資金、兵器密輸のルートを捜査する任務にあたっていた。そんな中、妻の不倫疑惑が浮上し家族がどんどん巻き込まれていくコメディアクション映画

ジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーのターミネータータッグでハズレなわけが無い!!

こんなカッコイイ夫、こんなカッコイイお父さんなんてこの世におるんか!ってぐらいかっこいい!!

ジェームズ・キャメロンのターミネーター、タイタニックで見せた「強い女性像」は今作でも健全でした。
yamacoto

yamacotoの感想・評価

3.7
記録。

正統派スパイアクションと思いきや強引なラブコメ展開。
馬・戦闘機となんでもありなシュワ作品。内容のわりに派手に金使ってるなーと思いきや、まさかのジェームズ・キャメロンとのタッグとは…。

話はめちゃくちゃくだらないんだけど、なんか好きだなー。人に勧めたくなっちゃってる自分がいる。

そう思わせるのはやはりシュワちゃんが主役だからこそ。この人じゃないとなんだかしっくり来ない。

改めてシュワちゃんの存在感と唯一無二のキャラクター性を実感した作品でした。
子供のときには感じなかったけど、ツッコミどころ満載で笑っちゃう。

スタントマンが雑っていうか、明らかにシュワじゃない感がおもしろい。

最後のタンゴはもうちょっと練習した方がよかったんじゃ…?(笑)💃🏻🕺🌹
>|