96時間の作品情報・感想・評価・動画配信

96時間2008年製作の映画)

Taken

上映日:2009年08月22日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「96時間」に投稿された感想・評価

マサ

マサの感想・評価

4.0
リーアム・ニーソン師匠の最高シリーズ一作目!誘拐されるときのアドバイスがすごい。そして、娘が捕まって犯人に対してあのセリフは中々言えないぞ。かっこいい!ほぼピンチに陥ることもなく、娘に手を出した輩を始末する師匠。息つく暇もないアクションの連続に大満足!
1会場10人くらいは殺してたな。はい、次の会場はこちらでーす、みたいな感じでどんどんデスマーチ繰り広げてた。さすがの無双兄さん。
ちなみに大目玉の理由は分からんかった。もっと高くつく人おりそうやけどなー。
miiiiiu

miiiiiuの感想・評価

3.7

これも1か月前くらいの午後のロードショーで鑑賞。

いやあ〜リーアム兄さん。やるねぇ!
私はやりすぎくらいな爽快なアクションが好みでいつもアクションみててもっと、トドメ刺して!と思ってしまうからこの位がちょうどいい

最初の娘の誘拐のシーンはほんとにすごい!よくできてる 敵の見つけ方も倒し方もスタイリッシュだしスッキリする〜!
堀田

堀田の感想・評価

4.0
娘を探すために手段は選ばず、残忍なこともしていくこんなにもワイルドで、だけど娘思いな父親は凄すぎると感じました。強すぎて圧巻です。
リーアムニーソンの怒りの抑え方が絶妙。父親の憤慨がキリキリと伝わってきて胃が痛い。
作品自体は悪趣味ではないが、この世界が実際するだろう事に憤るし、"楽しかった"と娯楽で消費しきれない。でもクライムアクションとして完成度はとても高い。邦題(96時間)も好印象。
過激感は否めないし、非道な裏社会を突きつけ感情を煽られるのは気持ち良くはないが、そんな所も含め、バックのリュックベッソンをかなり感じるキレッキレの作品。3度目の鑑賞だけど緊張感で疲れた…消費カロリーの高そうな2時間。

女1人旅してた時、頭に過った映画。中東やアフリカや中•南米より、警戒したのはヨーロッパ。「警察」なんて意味のない世界。このテールリスクを恐れ過ぎても仕方ないが、確かにある事を肝に銘じなければ"私の自由"等と言ってられない。

【紹介】事件の域を超える無残な誘拐ビジネス。娘を探す父もまた無残。"ヒーロー"ではない。
pipopapon

pipopaponの感想・評価

5.0
何回見ても面白い。テンポが良くてサイコー言うことなし、短いし人生一面白いかもしれない
tookーo

tookーoの感想・評価

5.0
リュック・ベッソンへの興味処は、その企画力と奇抜な映像センス…って私は思っていましたが、それも此の作品まで此の後は、これ迄の焼き直しの様な企画作品ばかり…
一本目のこれは、感情を萎えさせ無い為のタイムリミット、とテンポの使い方が良いアンサンブル‼️ 作品の尺も客は飽きず、劇場には稼げる…ッとなかなかの作品!
アクション作品にそこそこ出ていたリーアム・ニーソンなのに「静」のイメージが強かったのを、「動」のベラボーに強いお父さんのイメージを着けちまいましたネ。
だ

だの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

短くいし、わかりやすいし、見やすくて良かった。

気絶させたのか殺してるのかわからないけど、行く手を阻むやつ全員なぎ倒して無双状態で、エンドオブホワイトハウスのバニングを思い出したよ。
元同僚?の奥さん撃つのはな〜、ちょっとな〜いくらなんでも〜とは思ったけど。

電話の相手見つけるときに、“グッドラック”って言わせたのは、ほほーぅ、てなった。
オシャレな見つけ方しますな。

そして何事もなかったかのように娘と飛行機で帰国してるのちょっと笑う。
バレずに帰って来れたんですか?!?!
Kosuke

Kosukeの感想・評価

3.8
・『娘の為ならエッフェル塔も壊す』
・『幸運を祈る』

殺しまくる爽快感💯
全てが程よい(笑)。久しぶりにアクション映画らしい映画を観た気がします(笑)。
パリの綺麗な街並みの中で、アクションありカーチェイスあり爆破あり、前フリが少し長い気もするけど、ダラダラ話を引き延ばしたりせず気分良くコンパクトに終幕。そして、強い(笑)。
ご要望のモノを適切な用量で。みたいな、ある意味現代的ですらある。細かい事に気を遣わずひたすら正統派のアクションを。楽しかった(笑)。
>|