ロング・キス・グッドナイトの作品情報・感想・評価

「ロング・キス・グッドナイト」に投稿された感想・評価

何だか観るのに集中力の必要な映画や古い映画が続いたので、かる〜い映画を観たくて、なんとなくコレにしたのだが、違う意味で力が入っちゃう作品だったw
一見、レニー・ハーリンらしい90年代の空気感が懐かしいド派手バディアクション。(しかも、この頃は既にそんなのもう古くない?という雰囲気だった記憶)
しかし今時分によぉく観ると、脚本シェーン・ブラックのハードボイルド讃歌精神がそこかしこに観られて、味わい深い。そして、好き。
「キスキスバンバン」「ナイスガイズ!」でも見られたパルプ小説や探偵ノワールへの愛情が随所に見られる。
アルトマン「ロンググッドバイ」が劇中登場するし、シェーンブラックはそういう作品にしたかったのだと思う。これがやりたくて監督になってからリベンジしているんだ、とよぉく解る。
しかし、そこはレニー・ハーリン大先生w大量の火薬でそんなもの吹っ飛ばす勢い。
ただ、2周ぐらいして、それも今は悪くない。特に終盤の畳み掛ける様なアクションの連べ打ちはワイルドスピードシリーズも真っ青。
シャーリズ・セロンの前にはジーナ・デイビスが居た!と力強く宣言したくなる堂々アクション。
サミュエル叔父貴も安定のサミュエル。
ふたりのバディ感も楽しい。
「キャプテンマーヴェル」や「ブラックウィドウ」辺りは明らかに影響を受けているのでMCU好きの最近の若い映画ファンにもオススメ出来そう。
過去に何度か鑑賞。よくテレビで放映してた気がする。なぜか水車のシーンがパッと浮かぶ。
もぐ

もぐの感想・評価

3.5
随分前に録画していたからタイトルを見てラブストーリーかと思いつつ鑑賞。

全然違った!!!


コメディじゃないけれどツッコミどころ満載で面白い作品。

序盤の野菜切りまくるシーンが特に狂気染みてて記憶に留まっている。
ウォシ

ウォシの感想・評価

3.4
記憶喪失の母親がとある事故にきっかけに暗殺者だった頃の記憶を取り戻し、悪党たちに狙われる話。

脚本は当時最高額の値がついていたとの事だけど、中身はとてもそうは思えないほど上品さを感じさせないボンクラ大爆発映画。

火薬大好き監督に拾われた事で脚本を爆破されてしまったのか、単にぼったくられたのか…

ラストの橋の爆破は戦争映画を通り越してディザスター映画級の破壊力。

悪くはないです。
wakana

wakanaの感想・評価

4.3
THE LONG KISS GOODNIGHT


レニー・ハーリン監督がジーナ・デイビスを女スパイ役で撮った。

ジーナのカッコよさがとても好き。

サミュエル・L・ジャクソンが共演。

(新宿ヲデオン)
(with Namiko)
一人旅

一人旅の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

レニー・ハーリン監督作。

記憶喪失の元女スパイ、サマンサと探偵ミッチのコンビが織りなすアクション。
ジーナ・デイヴィスとサミュエル・L・ジャクソンの存在感が抜群で、シリーズ化してほしいくらいの名コンビだった。
スパイという過去の記憶を取り戻したサマンサが覚醒するシーンがかっこいい。それまでの主婦感溢れる優しいママさんイメージから一変、髪をブロンドに染め上げキツめのメイクを施した後半のサマンサはもはや別人。見た目の変化もそうだが、演技という面でも前半と後半でキャラクターを完全に使い分けることに成功している。
一方のミッチは頼りになりそうでならない、でも頼りになる男。始めは舐め切った目でサマンサを見ていたミッチも、後半のサマンサの怒涛の活躍を目の当たりにし立場が完全に逆転してしまうのだ。
アクションはこれでもかってくらい盛りだくさんでやや詰め込み過ぎのきらいがある。だが、近年のアクション映画では控え目になりつつある“過度な大爆発&大脱出”の明快な演出が本作では躊躇なく採用されていて、繊細さを排除した荒削りのアクションが逆に新鮮だった。
レニーハーリンの馬鹿映画が好き。
ジーナデイビスも最高。この映画の後で離婚してるんだけど続編作って欲しかった。
最後の車が降ってくるのも後発は多くあれど、映画館で大笑いした記憶がある。
「ハリウッド映画史上一番
  橋とサミュエル・L・ジャクソンが
            吹っ飛ぶ映画!!」
  
VoiD

VoiDの感想・評価

3.2
また観たいとずっと記憶に残っているが、きっと見返すとそうでもないだろうと思いつつ配信を心待ちにしている。
戦う女の映画は数あれど、鼻血流しながら戦ってる女優さんいます⁉︎
ジーナデイビスの気合い入った演技が最高にカッコいい。
>|

あなたにおすすめの記事