SM教室 失禁の作品情報・感想・評価

SM教室 失禁1986年製作の映画)

製作国:

上映時間:59分

3.2

「SM教室 失禁」に投稿された感想・評価

imapon

imaponの感想・評価

3.3
蛍雪次朗全開のギャグ度と詩情豊かな雪のシーンが同居する雪雪作品。

父が息子のベッドに「そっち行っていいか?」て潜り込む所にに意外とグッと来ちゃう。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.0
 『ナミヤ雑貨店の奇跡』監督の黒歴史?(たぶん)映画。とにかく雪次郎さんがやっぱり強烈でこの人が出てるだけでどうしてもナンセンスコメディになる。タイトルに偽りあり(といってもロマンポルノは毎回そうだけど)で教室とかそんな関係ない。この頃のロマンポルノはぼかしを使わない主義だったのか、『やりんこチエ』同様ぼかしなしなのは偉い?なぁと思った。にしても人がびっくりするぐらいあっさり死ぬw
若い娘(沢口久美)とのサドマゾ関係に逃避している夫(螢雪次朗)が、妻(あきよし杏子)の死去に直面してしまう。性倒錯者のオヤジがジタバタする、ナンセンス・コメディ路線のロマンポルノ。製作は雄プロ。

変態オヤジが家庭内にいることを共有しているファミリーの艶笑劇。緊縛状態のオヤジが、自宅のリビングで日常的に放置プレイされているのが抱腹絶倒。「恥知らずのでかいケツしやがって!」などの、無茶苦茶な台詞回しも笑える。

この頃になると、蝋燭責めが可能な女優が多数登場するので、本作においても蝋燭のロウを垂らすシーンが長尺で収められている。しかし本編はコメディ路線に一貫しているため、SMの真骨頂は感じられない。

ドラマ面では、性倒錯者であるオヤジの血を引いていることについて、その長男が懊悩煩悶する展開が盛り込まれている。これは他作品にも起用されているモチーフだが、果たして性的嗜好は親から遺伝するのだろうかと、毎回不思議に思ってしまう。