マイ・フレンド・フォーエバーの作品情報・感想・評価・動画配信

「マイ・フレンド・フォーエバー」に投稿された感想・評価

(ネタバレ一切なし)
この映画の素晴らしさ、そして何故満点ではないのかはブログに詳しく書いております。是非ご覧ください。そして、まだこの映画を見たことがないという方は、鑑賞することを強くオススメします。
https://pottereiga.com/?p=1033 ← タップでブログに飛べます。

それでは早速、「マイ・フレンド・フォーエバー」の感想について結論から述べていきたいと思います。

映画の冒頭からこの映画の魅力にどっぷりと浸かってしまい、泣きすぎて頭が痛かったです。多分流れ出た涙を全部集めれば、5リットルくらいあるんじゃないでしょうか。そして、ただ泣かせるだけの映画なのではなく、内容やメッセージ性もとても素晴らしかったです。

という感じですね。素晴らしい映画だったと思います。

上映時間は100分もなくて、かなり見やすかったです。飽きることは一切なくて、もし上映時間が4時間だとしてもこの映画なら余裕で鑑賞できると思います。

何故この映画をもっと早いうちから見てこなかったんだと後悔しています。この映画を見るだけでかなり世界観が広がっていたと思うからです。

今このようにして、レビューを書いているだけでも映画の内容を思いだし涙が出てきます。

まだこの映画を見たことがないと言う方は、U-NEXTで鑑賞することをお勧めします。今なら無料で鑑賞できます。しかし、画質があまり良くないのが少し残念なので、注意してください。
taro

taroの感想・評価

4.5
少年は純粋。泣ける。
pokomaru

pokomaruの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

デクスターとエリックの兄弟のような親友のような関係性が凄くいい。

デクスターのお母さんが良い人。エリックの事も息子のデクスターと同じ位愛してるんやろうな…

エリックの母に、「私の息子が亡くなった。」では無く、「エリックの親友が亡くなった」って言うてた所、コンバースの所泣けた。

まさかのデクスターがボラプのジョン・ディーコン役の人!!びっくり!( °_° )
ユウキ

ユウキの感想・評価

5.0
名作。2人が愛おしい。
coffee

coffeeの感想・評価

4.5
なんなんだろうこの感情、今までに感じたことのないような
名作だぁ...
エリックの靴が片足だった時にボロ泣きでした
yk

ykの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

タバコを吸いながら泣くなんて人生で中々ない機会をくれた映画でした。
ハッピーエンドではないのかもしれないけど心が晴々とするそんな映画。

最後、母同士の会話に涙腺ダムにヒビが入りエリックが片方の靴しか履かず去っていきデクスターが片方の靴を抱き抱えてる描写で決壊。
良かったぁ、、
LU

LUの感想・評価

4.2
友情を描いたヒューマンドラマ
簡潔にいうと号泣映画だ。
コンバースの靴のシーンがあるのだが、
涙が止まらない

POPEYEの雑誌に出てきそうな服装にも注目して見てほしい!
pup

pupの感想・評価

5.0
号泣
悲しいけど温かい話。
高校生くらいの時に保健か何かの授業でHIV患者が出てくる映画を観たり本を読んだりして感想を書くといった宿題で、ビデオを借りてきて観た覚えがある。

当時はHIV感染→AIDS発症→死亡というのが当たり前の不治の病で、今とはだいぶHIVの取り扱い方が違う。ストーリーは不治の病にかかった子どもの友情を描いたロードムービーで、意外性はあまりない。

原題は”The Cure”(治療法)で、子ども達が治療法を探す旅に出る話ということである。観た時に「マイ・フレンド・フォーエバー」などというなんて陳腐な邦題をつけてくれたもんだと愕然とした覚えがある。

HIVにかかった少年が友人のエリックとともに野草を食べたりして未知の治療法を探す様子はまさに子ども心をうまく形にしている気がした。

そして最後のお別れのシーンのスニーカーには泣けた。

HIVは男性同性愛者の中で広まっていったことから偏見が強く、血友病治療の血液製剤や輸血による感染していることなど、普通に生活している分には感染らないといった、今では常識となっていることを啓蒙する要素が強かったように思えた。その一方で、HIVに感染していることを逆手にとって不良と渡りあったりし、物語性と啓蒙の両立が取れている気がした。
>|