スタンド・バイ・ミーの作品情報・感想・評価

スタンド・バイ・ミー1986年製作の映画)

STAND BY ME

製作国:

上映時間:89分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「スタンド・バイ・ミー」に投稿された感想・評価

abemaru

abemaruの感想・評価

2.0
R指定なのに楽しそうな表紙だったので興味が湧いた。
偶々『Freedom Writers』を観たあとで、インパクトがないためかつまらなく感じてしまった。同じような経験をしたことがないかもしれない。非日常が思ったより“非”日常じゃなかったからかもしれない。日常に戻る虚しさ、成人式で再開した同級生たちもこんな風にあっさり其々の道を歩んでくんだろうなと思った。
nova

novaの感想・評価

4.5
ノスタルジック。楽しいかったこと悲しかったこと驚いたこと、あんなことこんなこと、なつかしい子供時代を思い出させてくれる。リヴァー・フェニックスが最後ふっと消えちゃうのが現実と重なって胸に込み上げるものがある。
何度でも観返す。今までもこれからも。わたしの好きなものの、最も大切な、中心にある。

90分もない映画で、それぞれの子どもたちのキャラクターとその背景にある家庭事情、抱えている問題まで過不足なく描き切る凄さ。無駄なシーンが一つもない凄さ。なんて完璧な映画。こういう映画が書きたい。

会っていようが会っていまいが、あの時一緒に冒険をしたともだちが、自分はもう知る由もない、二度と重なることのない人生を送っていることって、すごいエモさ。

でも、大人になって思う。12歳の頃のようなともだちは二度とできないなんて、そんなことはない。
子どもの頃にしか感じられないものや、制限や枷があるからこその冒険は確かにある。それは世界の広さを知り、選択の自由を持つ大人になってからは決して得られない。だからエモいわけで。
でも、大人になったいまでも、一生涯のともだちには出会える。大人になったいまも、大人だからこそ、ともだちととんでもない冒険はできる。ほんとうだよ。

木の上の秘密基地って、レベルが高いなー。
nekko

nekkoの感想・評価

4.0
若いってキラキラだけじゃなくて
気怠くやるせない時もある
長い夏休み思い出す映画
kamin

kaminの感想・評価

4.2
今周りにいる人を大切にしようと思いました。
中学生の時に見てたらもっと感じるものが多かったかもです。
クレタ

クレタの感想・評価

4.1
みんな純粋で素直で可愛い。色んなもの抱えてるけど、幼すぎてどうしてらいいのか分からない。それもさらけだせる友達に出会えて、素敵だな。
少年たちの友情いいなあ。。
短い冒険だけど心が満たされたよ( ´_ゝ`)

キーファーサザーランドの若い頃めっちゃイケメン!!
リヴァーフェニックスはすでに綺麗なお顔。。
ゆずこ

ゆずこの感想・評価

1.5
名作なんだろうし確かに2人の友情は響くけど、登場人物皆品が無くてこの映画自体好きになれない😭セリフとかエピソードとか無意味に下品!!!やだ!!!
主人公かわいかったのになんであんな風に成長した??
ru

ruの感想・評価

4.0
こんな経験したことないけどノスタルジー
もう二度と戻ってこない
unOtAKasHi

unOtAKasHiの感想・評価

5.0
スティーブン・キング原作、アメリカはオレゴンの田舎町で、異なる個性とバックグラウンドを持った12才の少年四人組が、行方不明になった子供が列車に轢かれて放置されているという噂を聞きつけ、軽い好奇心から死体を探しにいく2日間の冒険を描いた青春ストーリー。

人はだれしもが無限の可能性を持って生まれてきますが、それに気付くには相応の知識や経験を要し、にも関わらずそれは無常にも刻一刻と過ぎる時間によって閉ざされていってしまいます。

多くの場合、その厳然たる事実に初めて直面するのが、この映画の主人公たちと同じ12才前後ではないでしょうか。自覚し始めた自らの可能性に対する期待と、一方で閉ざされていく可能性に対する不安、それらが入り混じることで生まれるこの年代でしか持ち得ない高鳴り、それを余すことなく描いた最高の少年青春映画です。
>|