スタンド・バイ・ミーの作品情報・感想・評価・動画配信

スタンド・バイ・ミー1986年製作の映画)

Stand by Me

上映日:1987年04月18日

製作国:

上映時間:89分

4.0

あらすじ

「スタンド・バイ・ミー」に投稿された感想・評価

優しい大人が一切出てこなくて辛かった
友情も愛情も全部切なくて爽やかなしんどさに包まれてる…
egg

eggの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

やっと見た!名作!
最後のstand by me流れるところ泣ける。。
クリス…🥺

若かりし頃のキーファーサザーランド!👱🏼‍♂️
ぴ

ぴの感想・評価

3.9
子どもの頃は大きく見えた校舎とか庭も今では車で数分の距離。あの頃味わえた大冒険気分はもう味わえないと思うと悲しいけど、今しかできない、今だからできることをしたいなと思った。
私もクリスみたいな友達がほしいな
k

kの感想・評価

-
「子供さ、子供時代は2度と来ない」
マイナスなことばかりみて憂いていないで、できることをして今を楽しもうと思いました。与えられた時間は平等で限定されているから、どう使うかも自分次第だなと思った。

友人を同じ人として知り、打ち明け合い、慰めあった夏の冒険は、クリスとゴーディの成長そのものだと思いました。自分と向き合うことにも繋がるし、みんな1人の人間だと分かる。もっと早くみておきたかった。
モブオ

モブオの感想・評価

4.5
たとえ何も結果が出せなかったとしても
旅から戻ってきたことに価値がある

4人で協力し、
コンプレックスを共有し、
命の危機に瀕して、
強大な敵に臆さず立ち向かった
記憶は脳に焼きつき、

世界がそれまでの日々とは違う景色になる

過去を古き良き時代と尊び、
少年時代の記憶を投影するのもいいけれど、
今のこの時代だからこそ、
大人になってからでも
自分にとっての"Stand by me"を
更新できるんだと信じたい
な

なの感想・評価

5.0
冒頭のstand by me の文字が出てくるところから泣ける
yan

yanの感想・評価

4.5
12歳の頃を振り返りながら進む物語はただただ純粋で周りにあるものが世界の全てに見えてしまう、そんな少年期を思い出させてくれた。

物語に強弱こそないが出演者も当時12〜16歳ということで幼さや冒険の高揚感がとても伝わってきてワクワクする。全く性格の異なる4人だったが仲良くなる理由がわかるし、冒険後疎遠になる理由もよくわかる。

結末も呆気なさそうではあるが、それぞれの幸せも切り取られていて悲しくも幸せな終わり方だったと思う。

このレビューはネタバレを含みます

途中までは遠足の行きの時のバスの様な高揚感しかなくそれはそれで最高なのだけれど、中盤から4人のそれぞれのトラウマが開示されていくことで、自分も年少の頃に感じていた漠然とした焦燥感を思い出し、すっかり少年に帰った気持ちになった。
旅を終えて深まった友情は確かに一生ものとその時は思うのだけれど、やっぱり境遇が違えばいつしか疎遠になってしまう。けれど、無理に繋ぎ止めて更新しようとするのではなく、その友情は共に過ごした記憶と一緒にその空間にパッケージされていくものだと思うし、そういう財産をたくさん抱えて生きていくものなのだと思う。
総じてとても美しい映画でした。
isokcks

isokcksの感想・評価

4.0
内気で心優しい少年、やんちゃでリーダーシップのあるクソガキ、頭のネジが一本足りないキ○ガイメガネ、腰抜けのイキりデブ、の4人が死体探しの旅に出る物語。

子供の頃ってちょっと遠出するだけでもすごい冒険に感じたし、500円が大金に感じたあの感覚を思い出した。
Yumi

Yumiの感想・評価

3.2
子供の世界は狭くて窮屈で、2日間のちっちゃな冒険を通して新たな世界に踏み出す勇気を手に入れて成長していく4人がとてもよかった。
リヴァーフェニックスの顔面が完成されすぎている。
友情は続かなくても心の中に思い出としてずっと残していくのが大事。
>|