悲しみに、こんにちはの作品情報・感想・評価・動画配信

悲しみに、こんにちは2017年製作の映画)

Estiu 1993/SUMMER1993

上映日:2018年07月21日

製作国:

上映時間:100分

ジャンル:

3.8

あらすじ

『悲しみに、こんにちは』に投稿された感想・評価

Ban37

Ban37の感想・評価

4.3

置かれた立場は全く違うけど
何故かとても共感できる。

甘えとか反抗とか嫉妬とか
うまく言葉に表現できない葛藤とか
それに手を焼く母の表情とか
あの時の情景や感情。
気付けば、
かつて少女だった自分…

>>続きを読む
kiko

kikoの感想・評価

3.6

ドキュメンタリーのような感じで、子どもたちの演技が自然すぎる。
両親をなくしたフリダ、多分死因はエイズでちょっと偏見もあり、可哀想なんだけど反抗的な態度にちょっとイラつく。
叔母夫婦はかなり暖かく迎…

>>続きを読む
どんな事情なのか、設定なのか分かるまで時間かかってしまった。あの歳で両親亡くす、親戚の家族になるって難しいだろうな。子供達の演技?自然すぎた。
moon

moonの感想・評価

3.9

幼くして両親を亡くし、叔父夫婦のもとで暮らすことになったフリダ。母親が何故死んだのかもよく分からないまま生活環境がガラッと変わり、新しい家族にはなんとなく馴染めず、反抗的な態度をとるフリダの一挙一動…

>>続きを読む
オカピ

オカピの感想・評価

3.2
子どもって育て方間違えるともはや人間じゃないモンスターになっちゃうからほんと子育てってむずいと思う
“私のママへ”
監督の言葉で終わるのとても素敵だった

死んじゃったなんて言われてもどうしたらいいかわからないよね、悲しんだらいいのかすら
いっぱいわがまま言ってもいいよ、元気に育ってね
m

mの感想・評価

3.7

子どもが理解するには時間がかかるし、
生きていくうえで難しいことがたくさんある。
ラストシーンはなんだか温かい気持ちになった。フリダは孤独を感じながらも、心も成長していき、最後はきっとアナたちと生き…

>>続きを読む
mei

meiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の方やっと打ち解けてきて良かったけど現実はなんとなく疎外感を感じたまま成長する子が多いと思うこういうのって無意識に差別してしまうものだと思うし我が子の方が可愛いのは当たり前で仕方ないから引き取っ…

>>続きを読む
Q

Qの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

両親亡くしたらこんな小さな子が普通でいられるわけないよね
せっかく迎え入れてくれた叔父一家、わがまましたり従姉妹をいじめたり
泣かないんだなあ、と思ったらラストで爆発
たぬき

たぬきの感想・評価

4.0


派手さは無いけどラストに持ってかれた
(退屈と感じる人がいるかもしれない)
意図的でなくても色んな事をしでかしたりしちゃうのはただ、純粋に愛が欲しいだけなんだよね。

主人公のフリダを演じてた子役…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事