悲しみに、こんにちはの作品情報・感想・評価・動画配信

「悲しみに、こんにちは」に投稿された感想・評価

yuka

yukaの感想・評価

2.6
両親を亡くして、きっとこれがリアルな日常なんだろうけど、あまりにのっぺりしすぎてた
tassan

tassanの感想・評価

5.0
子どもの頃のキュッとなる気持ちを 随所で思い出してしまった。
主人公フリダの気持ちが痛いほどわかる部分が随所に。
最後の最後のフリダに すべてがつまってた。

大人の気持ちも子ども(フリダ)の気持ちも共感できて 観終わった後が心地よい。

わかりやすくはないけれど、フリダの言い表せない気持ちが伝わってくる。上手だなあ

あの頃の気持ち・感覚をここまで表現できるって、監督すごいなあ。
なんて思ってしまうなんて わたしも大人になってしまった
GATS

GATSの感想・評価

3.8
こんなもの泣くに決まってる。

さよならと言われることの寂しさや、自分と他人が違うことの差から生まれる違和感は後になってやっときちんと理解できるのだが、子どもは子どもでずっと気づいてるんですよね。
大人たちが思うよりずっとずっと子どもは敏感、他者から差別されることの嫌々しさ、大人はすぐにやたらめったら言葉で理解しようとするが、子どもは感じるんですよ。わかれと言われても、そう感じてしまう。論理的思考等できるはずも無い。

ゆっくり観てほしい、親の権利というのももちろんあるが、そんな大人の話子どもにわかる訳も無く。子どもが反応するのには、ひとつひとつ原因がある、彼女たちも大人や社会をみて理解しようと、それでいて無意識に学んでるんですよ。

優しい監督。

待って、邦題『悲しみに、こんにちは』?笑かすなよ、それはない。
ドキュメンタリーのようでした。
両親を亡くし違う環境で暮らす事になったら時間が必要、信頼も。
もっと面白い映画かと思ってました・・淡々と描かれていく映画は決して嫌いじゃないですが、この映画は始まりから意味不明で始まるから何なんだ⁉︎と思いながら最後まで観た🎬でした。


両親の死の説明も無い・・登場人物の設定が意味不明・・確かに多感な年齢の少女ではあるが行動も意味不明・・解らない処が多過ぎて内容が無いから淡々としたストーリーが余計に面白さから遠ざかる映画だった。


私にとっては期待値に対して残念感のある映画だった。
fontaine

fontaineの感想・評価

3.0
音楽もさほどなく、時にドキュメンタリーのように進むので途中で退屈してしまった。
AKI

AKIの感想・評価

3.8
フリダが無言で語る静かな映画
背中から孤独感が溢れ出るショット。無垢な表情。ラストシーンはやられた。

58
なかの

なかのの感想・評価

4.5
フリダとアナの自然さが演技と感じさせない、、、子どもの良くも悪くもリアルさが描かれてラストシーンが堪らなくフリダの心の動きを感じさせる、アイスのシーンと人形をあげるところがすき、、、フリダの笑顔を見たいと思える素敵な笑顔がまた泣ける
Yuki

Yukiの感想・評価

3.8
きれいやった。
静かに動き続ける感情

演技とは思えないくらい自然
kana

kanaの感想・評価

3.9
3.8のつもりがラストシーンで3.9
思ってたよりめっちゃ良作
思ってたより明るい

こういういつ見ても観る人に小さくても影響与える映画好き

ラストシーンは、バラバラでごちゃごちゃ模索してた感情が、ふいにピタッとハマったことを無意識に感じたんだろうな。

子ども目線の映画撮れる人ってどうしてこんな上手いんだ。大人も子どもも役者陣もすごく良かったです。
>|