悲しみに、こんにちはの作品情報・感想・評価

悲しみに、こんにちは2017年製作の映画)

Estiu 1993/SUMMER1993

上映日:2018年07月21日

製作国:

上映時間:100分

あらすじ

フリダは、荷物がダンボールに詰められるのを静かに見つめていた。その姿は、まるで母親が最後に残していった置物のようだ。両親を“ある病気”で亡くし一人になった彼女は、バルセロナからカタルーニャの田舎へ引っ越し、若い叔父夫婦の元で暮らすことになる。叔父と叔母、そして幼いいとこのアナは、家族の一員としてフリダを温かく迎え入れるが、新しい家族として暮らすには互いに時間がかかり・・・。

「悲しみに、こんにちは」に投稿された感想・評価

こういう作品って結構好きです。

特に、ラストのフリダがね。

2018年7月に映画館で鑑賞
m0cchi

m0cchiの感想・評価

4.3
これ演技なのか?ほんとの話をそのまま撮影してたみたいに自然。

大きな展開があるわけではないのに、観てるうち泣けた。親を亡くすにはまだ若すぎる女の子の、新たな生活。
lp

lpの感想・評価

3.0
監督の実体験をベースにした、母親を喪い、叔父一家に引き取られた少女の一夏の物語。

映画は「母親の死」と「新しい生活環境」の受容をテーマに、非常にミニマルな成長物語を正統かつ抑えめの演出で描く。主人公と叔父一家の距離感をズームアップで切り取る演出や、主人公の「死」に対する距離感を、動物の死骸を通じて描く演出が見事。子役の演技も素晴らしい。

小粒な映画で派手さや斬新さは無いけれど、存在を知らずに素通りしてしまうには勿体無い映画だと思います。
いち麦

いち麦の感想・評価

5.0
フリダの振る舞いが純粋に境遇から来るものなのか、訝かりながら鑑賞していた。直接描かれぬ実母とその家庭環境は、それとなく窺われた。それにしても叔父夫婦の忍耐と献身には頭が下がる思い。子供には、ひたすら包容と惜しみない愛を与え続けることが全て、焦らないことが大切だと実感した。ラストシーンが堪らなく魅力的で素晴らしい。
nana9046

nana9046の感想・評価

3.9
フリダ役のライア・アルティガスの表情だけで今フリダが感じてる気持ちを表現する演技力が凄かった。照れて笑いながら、「病気にならないよね」って聞いてるところとか。ドキュメンタリーを観ているみたい。

新しい家族を好きになればなるほど、愛を感じれば感じるほど、本当の両親を失った悲しみがこみ上げてきてしまう。

ラストシーンの突然の号泣には思わずウルッときてしまった。でもそれだけ、フリダは愛されているということなんだと感じた。だからこそ、辛い気持ちに安心して向き合えるようになって、思わず涙が出ちゃったんだろう。
ちぴ郎

ちぴ郎の感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

子供の純粋さ、あやうさ、みずみずしさ。
子供の頃の、深い意味はなくてちょっといじわるしたいだけの気持ちとか、わたしもあったな。
フリダはさみしさを紛らわすために無意識に意地張っちゃったりしてたんじゃないかなぁ。お祭りで、みんな楽しく幸せそうで、どこにも入れなくってそれを眺めてるフリダの表情がかわいそうで胸がくるしくなった。
みんなに嫌われてるからおばあちゃんちに行きたいってワガママ言いながらも、ママ・パパって呼んでたり、まだまだ子供だし折り合いつけることもできないし、つらかったねって抱きしめてあげたかった〜
叔父さんちの娘のアナも純粋でいい子すぎてかわいさ爆発してた◎
叔父さんの妻も、複雑な思いもたくさんあるだろうけどちゃんと大人で良かった。
ラストは、はじめて家族になれたのかなって思う幸せさと、安心して今まで張り詰めてたのが溢れちゃったんだなって思うとこちらまでポロポロ泣いちまったよ〜
子供は誰しもみんな大切に大切にしたい。
あとスペイン人男性は髭が濃くてめちゃくちゃタイプだな

2018.102
す

すの感想・評価

5.0
ラストシーンが特によいので観てください各位 ほんとうによいです
なつ

なつの感想・評価

3.9
両親を亡くしたフリダは、叔父夫婦に引き取られ家族に…。(監督の自伝)
秒で泣けるかと思ったら泣けない。だって、フリダが泣かないもん。
子どもの頃の記憶が甦る…。
大人の気をひき愛情を確認、試すようなことをする。
何故、不機嫌なの?泣いてるの?と親に問われる。
わかんないよ、そんなの。
この感情の種類はなんなのか?
誰も教えてくれないもん。
フリダが言う“わかんないよ”が、わかりすぎて…。抱き締めてあげたい。
こうやって成長してくんだなって、ラストで号泣。エンドロール足らん。
ちょっぴり、ミツバチのささやきの世界観を思い出す。
フリダとアナがいとおしき。
kohei

koheiの感想・評価

-
コンディション不良&予習不足で見事に寝てしまった。ラスト20分くらいをみて、めっちゃおもしろそうやんこの映画って思った。またいつか…

(映画館でサングリア配ってた。東京すごい。)
NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
夏が大嫌いという根暗な映画ファンであろうとも、スクリーンからカタルーニャの青い空、緑の生命力を浴び、左耳から風が緑を揺らす音を聞き、右耳から蝉の声や川のせせらぎを聞き、頭上から太陽がサンサンを降り注ぐ音があるのを知り、夕立が屋根を鳴らす凉みを感じ、心臓を突かれるように花火の爆を感じ、花火や夏の西日が照らす少女の火照った顔に短かすぎる季節を想い、そして少女の小さいワンピース姿には有り余る悲しみを目撃し、、、それでも夏が嫌いだなんて人がこの地球上にいるとは思えない。なんて言い過ぎかな。

「君の名前で僕を呼んで」「ミツバチのささやき」といくつかを足して割ったような、、、スペインの若手女性監督の実話を基にしたという、期間限定の短かすぎるひと夏ってのは人を過剰に感傷的にさせるってやつだ。
>|