マイ・ベスト・フレンドの作品情報・感想・評価

マイ・ベスト・フレンド2015年製作の映画)

Miss You Already

上映日:2016年11月18日

製作国:

上映時間:115分

3.8

あらすじ

幼い頃からの大親友で、ファーストキスから初体験まで、互いの全てを知っているミリーとジェス。この友情は何も変わることなく、永遠に続いていくと信じていた。ところがある時、ミリーに乳がんが見つかり、同じころジェスの妊娠が発覚。不妊治療を続けてきたジェスは母となる喜びを誰よりもミリーと分かち合いたいが、ミリーのことを思うと、どうしても打ち明けられない。 相手を想うがゆえに言葉にできないことがふえていく…

幼い頃からの大親友で、ファーストキスから初体験まで、互いの全てを知っているミリーとジェス。この友情は何も変わることなく、永遠に続いていくと信じていた。ところがある時、ミリーに乳がんが見つかり、同じころジェスの妊娠が発覚。不妊治療を続けてきたジェスは母となる喜びを誰よりもミリーと分かち合いたいが、ミリーのことを思うと、どうしても打ち明けられない。 相手を想うがゆえに言葉にできないことがふえていく、2人の友情のゆくえはー。

「マイ・ベスト・フレンド」に投稿された感想・評価

Amaney

Amaneyの感想・評価

4.0
癒し系なドリュー姐さんが可愛い。洋服と赤リップも可愛い。セリフが機知に富み、作中に散りばめられたブリティッシュジョークはクスクス楽しい。人生にユーモアは大事..! ライフスタイルが変わっても現在進行形で続く2人の関係性がとても良かった。遠く離れた親友を思い出した。乳癌の治療や家族との関係、女性としての尊厳の問題に関する描写からは胸が引き裂かれるような痛みも伝わってきて、「乳癌になっても、負けないで」というメッセージは日本と海外との"差"を感じた。私も、死ぬまで『女』でいたい。色々浄化された気がした。
李嬢

李嬢の感想・評価

4.4

ずっと見たかった作品。
よかったよー、シクシク泣けたー。
トニコレットとドリュー・バリモアが見事な演技
自分がもしこうなったらって思いながらみてしまう。悲しいけどしあわせな物語。
ゆうか

ゆうかの感想・評価

3.9
幼い頃からの「大親友」の物語。

鑑賞しながら「あー、親友ってこうだよね」と思う場面が多くあった。くだらないことでいつまでも笑い、たまに喧嘩もするけれど、素直な気持ちで謝ればすぐに許し合える。一見簡単そうで、こういうことができる存在って少ないんじゃないかと思う。

あとは、ジェスがミリーの病気が発覚したあと、決してミリーの前では涙を見せていなかったのが印象的だった。親友だからこそ堪えられた涙だったんだと思う。

大切な親友を思い浮かべながら観たい作品。
かず

かずの感想・評価

4.2
女同士の友情、男同士の友情、男女の友情

どれも素晴らしく、いい人生にはいい友が必要だ。
nssk

nsskの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

持つべきものは友達!と言えるいい例の旦那さん。
ミリーの癌が悪化しているのに、連絡を受けジェスの出産に立ち会おうと必死な姿に感動。ミリーのお母さんも素敵(笑
三郎丸

三郎丸の感想・評価

4.0
邦題の鼻にツンとくるセンスのあるタイトル(友情の話だから仕方ないんですけど…)にはビビりました!
原題は「MISS YOU ALREADY=もっと一緒にいたい」
ウーン、別に原題ママでインじゃ…?
作品としては凄く良いです!

ストーリーは、
小学校からの大親友のミリー(トニ・コレット)とジェス(ドリュー・バリモア)は、お互いの人生のすべてに立ち会ってきた唯一無二の存在。(完全に腐れ縁)
大人になり結婚してもその関係は続くが、ここで大きく分かれるのは、ミリーは2人の子宝に恵まれるものの乳ガンと戦うことになる。
一方、ジェスは子宝に恵まれず不妊治療と向き合うことに…
2人の友情を軸に、お互いがどのような結末を迎えられるのか。というお話です。

本作、内容はストレートにミリーのガン闘病にスポットを当てており、ミリーの表向きパーティーピーポーの裏でジェスに不安を吐露し苦悩します…
でもどこか重くならないのは、対比するジェスの地味ながら芯のある存在と、明るくエネルギッシュ(パーテーペーポー)なミリーのキャラのせいでしょうか…ミリーが凄い突き抜けてるシーンがあり、正直ヒキます…

ミリーは、癌に冒されて大変なんですが、感覚的にどーも好きになれない…
トニ・コレット自身が醸し出してるのか、はたまた役作りなのか分かりませんが、チョイチョイ表情と立ち振る舞いが下品に見えるんですよ。
色々な女性を見てきた男性なら【受け付けない何か】を感じるかと…
演技はお上手です。だけど…ね

闘病から逃げずに向き合うミリーという存在もスゴかったのですが、本作は、そんな友人をひたすら献身的に支えるジェスの方に心打たれましたね。
親友とはいえ、自分は赤の他人に対し、あそこまできるだろうか…日本も今や独身者が沢山いるのが当たり前の世の中ですので、リアルに似たような話があるやも知れないです…考えさせられますです。

ガチャガチャと女のあれやこれやを見せつつ、全体的には自分たちの
【運命を受け入れる潔さ】
みたいなものがあり、そこは本作で非常に良いポイントだと思います。鑑賞者もいつそういう状況になるやもですからね…

ミリーの乳ガン手術後くらいから、だんだんシリアスな展開になっていくのですが、ジェスの友情もあり、涙腺崩壊しつつも鑑賞後はどこかスッキリとした気分になれます。
テーマが良かった証拠ですかね?

しかし、こういう作品に出てくる男性キャストは総じて無能っぷりが凄まじく、とても他人事で見れない自分がいます…
shin01

shin01の感想・評価

3.8
重い内容なのにそう思わせない明るい場面が多くて、友情って凄いなって思った。
いい話でした!!

ウィグの所が好き♪♪
病院での目を合わせずに指を立てるとこが好き♪タイミングばっちし👌
たけも

たけもの感想・評価

3.6
重い内容を重く扱わないで、サラッとみれてよかった。
こんなに人生の最期まで一緒にいれる友達ってなかなかいないよなあ、、。
ぶっ飛んだ友達でも大切なことに変わりはなくて最後はやっぱり泣いてしまった。
>|