サイモン・バーチの作品情報・感想・評価・動画配信

『サイモン・バーチ』に投稿された感想・評価

mii

miiの感想・評価

3.8
サイモンバーチ!懐かしい。
ハンディキャップを抱えた小さな少年が ヒーローになるお話で
実際にも モルキオ症候群患者であるイアン・マイケル・スミスが主演している事で
リアリティがあります。

小さな身体の12歳のサイモンバーチが
教えてくれる事がある。

生まれた時から身体が小さく 長く生きられないと宣告されたサイモン。
12歳になっても小さいけれど
心はとても大きな持ち主。
けれど 両親からはその見た目から 見放されています。
外見が人と違っていても 変わらずに接するのが
彼の親友ジョーとレベッカとベン。
特にジョーの母親レベッカは 息子の友人であるサイモンを
我が子と変わりなく 愛情を持って接していますが
ある日 彼女に不幸が起きてしまう。

サイモンは常に「自分が生まれた理由」を模索しながら生きており
後半に向けて
もうひとつのストーリー ジョーの父親探しが始まります。

少年の友情物語でもあり
作中には 2人でよく素潜りをして遊んでいる湖があります。
この事も 後のストーリーに繋がっていく。

「自分が生まれた理由···物事には理由があるはず」
自身が短命であると自覚しているサイモンは
常にその問いを自問してきた。
そして やっと自分の使命を理解できた時
彼は命を閉じます。
あの最後を迎えた時
短い命を後悔する事はなく 彼は幸せだったんじゃないかな。

生きる目的を見失ってしまった方や
子供を亡くされた親ごさん達にも響くであろう
希望が見える物語です。
過酷すぎる
実話じゃなくて良かった
サイモンは本当に素晴らしく天使のよう
12歳の青春真っ只中。
自己肯定感って大切

このレビューはネタバレを含みます

雰囲気好きでした。
でも想像以上に切なくて泣いちゃう。

前半は明るくて楽しい感じ。
アルマジロが印象的で羊飼い役やりたい子たちが多いのに笑えて大型犬に舐められるサイモンが可愛いです。

小さい容姿ってだけで他の子たちと何ら変わりないよね。
むしろ達観してて大人びてる。
言うことが鋭角すぎて。笑
あとさすがに演劇は大混乱でしたw

ハッピー映画かと思ってたけど悲しいことも起きてしまう。
運悪く打ったボールでジョーの母親が亡くなってしまったのはビックリでした。
何でこんなことが。

父親探しも本格化してまさかの司祭だったのね。
そこの経緯というか詳細をもっと聞きたかったな。
ジョーが落胆したり司祭が去ったりの理由が気になる。

そしてバスの事故。
ヒヤヒヤしました。
サイモンかっこよかったな。
落ち着いてみんなを助け出す姿は完全にヒーローでした。
この容姿だから小さい子が従ってくれるっていう自虐ネタみたいなのに涙出ちゃう。

いやまさか水泳とか潜水のくだりがこうやって繋がってくるとは。
ミシシッピとかよく分からんて思ってたのに感動させられた。

最後の最後までヒーローだった。
あんな状態でも他の子たちをまず心配したり。
素晴らしい人間だわ。
ジョーの涙が綺麗すぎて何かもう泣けた。

いつものコースを1人で駆け抜けるジョーが切なくて。
母親を失って親友までいなくなってしまって乗り越えるのが大変すぎる。
おばあちゃんまでもが亡くなって彼からそんな奪わないでくれって思った。
本当に神様はいるのかね…。

ラストも良かった。
子供の名前をサイモンと呼んだときまた泣きそうだった。

あんまり詳しく描かれてなかったけどサイモンの両親酷すぎん?
冒頭で子供に失望して無視したみたいなの見たとき信じられなかったわ。
嫌っているとかじゃなくて無関心な感じ本当につらかった。
身体的な部分ではなくそういった境遇に対して優しく接してあげて欲しいと思ったけど先生たちのやり方もすごい嫌いだった。
大人げないっていうか汚いわ。
サイモンの方が大人だし多分口喧嘩では勝てないとかそんな感じですかね。
司祭の言葉キツすぎてキレそうだった。
「言いづらいけどみんな離れたがってる」とかよく言えるな。

あんな奴が父親なのは嫌かもな。
バスで気失ってたけど何かバチ当たって欲しかったw

てか結構宗教感も強めでした。
でもただ信じたいものがあるって感じで強制的でもなくてちょうどよかったかな。
かける

かけるの感想・評価

3.5
サイモンの死因はなんだろう。
90'sの雰囲気が好き。
信仰、なのか、神の計画でもなんでもなくて、サイモンの人間性がすばらしいということに尽きると思ってしまった。
キリスト教のことがわかれば、理解が深まるのかもしれない。

と昨日は思ったが、人とは違う身体、親にも認めてもらえない中、自分の存在する理由をなにかに見出さなければいけなかったんだ。それが信仰であり宗教なのかもしれない。それがあったから、彼は強くいれた。宗教であれ、自分であれ、信じるということ。
り

りの感想・評価

3.9
最初画像だけ見て犬神家的な感じでミステリーかホラーだと思ったら全然違くてびっくり!(決めつけよくない、、!笑)
サイモンの親はどうかと思うけどジョー(サイモンの親友)のお母さんが自分の子供のように接してくれてて救い
大学3年

大学3年の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

障害をもって生まれた人の物語って良くあるしハズレもない!!けどどこか展開が似てしまう。
ってずっと思ってたけど、今作は結構型破りな気がする!!愛する人を自ら殺してしまう、助からないというかなりの胸糞展開。だけどサイモンバーチ本人が全くその気を感じさせないから、明るい映画のようにも思える。不思議な、、

サイモンバーチが自虐ネタや、同級生の胸に飛び込んでくるのはとても良かった。決して報われない人生だけど、とにかく明るい!
藤原季節くんの好きな映画だと知って。
わーこれ好きなやつだった。好きだ。。こころ温まって涙出た。よかった。
りな

りなの感想・評価

3.7
過去鑑賞
ラストに震えた。
メッセージ性が良かった(気がする笑あまり覚えてないかも)
心太

心太の感想・評価

3.6
かつてサイモン・バーチという少年がいた。彼について親友のジョーが語って話が進む形式。神父や教師にとっては憎たらしい存在だが、クラスメイトからは慕われている。この作品は前半と後半で大分印象が変わってくる。舞台劇の大失態とサイモン主導による救出劇が白眉か。
northshore

northshoreの感想・評価

3.8
子役の子たち(ボヘミアン ラプソディのジョーマッゼロ❗️)が素晴らしかった。
>|

あなたにおすすめの記事