ザ・クライアント 依頼人の作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・クライアント 依頼人」に投稿された感想・評価

まのん

まのんの感想・評価

3.6
高校生の時になぜかみんなで途中まで観てそのままになってた作品。ブラッドレンフロも出てるので再鑑賞。

主人公は年の割には賢くて大人びてるけど向こう見ずな所はまだまだ子ども。そんな子どもに振り回されまくる映画。前半はテンポもいいしハラハラした。

レジーラブのキャラがとてもよかった!
ちき

ちきの感想・評価

3.0
子供のときに見て好きだったなぁ~と懐かしい気持ちで鑑賞。ジャンルとしてはジュブナイルものですね。
大人になって鑑賞すると、子供に振り回される大人たちって域を出ない作品ではありますが、ラストの爽快感がやっぱり気持ちいい!
楽園

楽園の感想・評価

3.0
動画配信サービス『U-NEXT』にて定額見放題で視聴しました。

観ていて、当時映画館で観た記憶が呼び起こされました。
自殺しようとしていた男性を救い出そうとしてから、とんでもない事に巻き込まれた少年を
女弁護士が助けだすみたいなストーリー。

当時、映画館で鑑賞した時は面白かった気がしたけれど...
今は、普通だった(^^)
1994年の作品で、視聴上映時間2時間です。

暇な時にでも観てください。
ストーリーを拡げる為なのはわかるが、話を面倒にしすぎている感は否めない。
少年の態度や言動にも若干の違和感があった。孤軍奮闘のスーザン・サランドンはとても良かった。
ブラッド・レンフロが主演。
キム・コーツとかウィル・パットンとか結構好きな俳優が出てました。
多分ファーゴの人っぽいのも出てたけど本当のちょい役。
メインは法廷ものですが、ちょっと逸脱した展開にもなります。
リアルな法廷もの好きの人からしたらちょっと違うかもしれません。
個人的には好きな映画でした。
前半でかなり引き込まれたけど、物語が進むにつれて興味がどんどんなくなった。
主人公の全ての行動に意味があったのかな〜と思う。

主人公が望んで行動してるというより、映画の中で話を面白くさせたいからストーリーを軸に主人公を動かしている印象。
2021年10月20日地上波、午後ロー。
「ペリカン文書」「ザ・ファーム/法律事務所」に続く、J・グリシャム原作の法廷サスペンス。

上院議員殺しの真相を知るマフィアの弁護士が自殺した。
検事局は、目撃者の11歳の少年マークの口を割ろうと執拗な接触を図る。一方マフィアも少年を捕まえようと追う。
逃げ場のない頼る者も居ない
マークは弁護士事務所に逃げ込み、わずか1ドルで女弁護士(S・サランドン)を雇う。
まあまあよかった。
少年の行動が賢かったり思慮が足りなかったりしてやきもきした。少年の一連の行動にはそこまで意味があったのか、話をただややこしくしただけではないのかと思った。
yamacoto

yamacotoの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

記録。

うーん、レビューの点数的にもう少し楽しめると思ったが、私的にはしっくりこない作品でした。

議員暗殺の真相を知る弁護士の自殺を偶然発見→FBIに嘘をつく(理由はTVドラマのマフィアからは逃げられないから)→弁護士を1ドルで雇う(何故か承諾)
前半このあたりの部分だけで疑問が大渋滞。さっさと証言して終わりなのに、無駄に先延ばしされた挙句、最後は子供の家族は家も金も仕事も与えてもらってみんなパッピー…。僕がひねくれてるのかもしれないが、全然共感も何もなかった。

映画とはいえ都合が良すぎる。
ちょっと合わなかったです。
sunflower

sunflowerの感想・評価

3.8
最近トミー・リー・ジョーンズに少々ハマりましてのチョイス。

あ、これ、トミーさんは脇役?だったのですね😄💦

若かりし頃のスーザン・サランドンが、気品があって美しく、そして心優しい💖

ああいう駆け出しの若手の時期の、屈託のない熱意というものを、いつまでも持ち続けてほしいと思いますね😌✨

ずっと"子生意気"で"ちょっと憎ったらしいガキ"キャラを通していたマークが、別れ際に、耐え切れず女性弁護士に抱きついて感謝と友情の想いのたけをぶつけるシーンは、グッときて涙がこぼれました。

この作品には、お涙シーンはラストのラストでのその一瞬くらいが、ちょうど良いのでした😊


ところで、ブラッド・レンフロって、あの「マイ・フレンド・フォーエバー」の少年だったんですね!

本作の1年後に「マイ・フレンド・フォーエバー」が公開になったようなのですが、たった1年で、同一人物とは思えないくらいに成長したんですね!ビックリ😲

久々に「マイ・フレンド・フォーエバー」をレンタルしようかな☺️🎶
>|

あなたにおすすめの記事