レナードの朝の作品情報・感想・評価・動画配信

「レナードの朝」に投稿された感想・評価

lili

liliの感想・評価

3.5
30年も前の映画ということに驚き
症状は戻ってしまったけど、
半昏睡状態にあっても意識はあるということがわかっただけでもすごい
mk

mkの感想・評価

4.4
 嗜眠性脳炎を題材に、医師と患者の関係を描いた作品。「病気をテーマにするなんて、病人が可哀想だ」と言う方も多くいます。
 そのような意見も、あって然るべきだと思います。しかし、世の中が病気に興味を持ち、理解を促すことは、大切なことだと思います。
 今まで見た映画には無い感覚がこの映画にはあった。医療従事者として、この映画に出会えたことに喜びと感謝を覚えます😊

3
KOSUKE

KOSUKEの感想・評価

4.0
実話をベースにした物語。
ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズの演技が最高。
名俳優たちを楽しむ映画。
sa

saの感想・評価

4.0
とってもいい映画に出会えた。

レナードにとっては目覚めてから30年の空白があるからまるでタイムスリップした気分だったんだろうなー。

ちょろっと映る用務員役で無名時代のヴィン・ディーゼルが見れた。
chika

chikaの感想・評価

3.6
表情よすぎる
Drセイヤーの親切さとレナードの人間味◎
奇跡から現実に戻るつらさ

このレビューはネタバレを含みます

ロバートデニーロってこの人だったんだ。
演技がうますぎる。

夢の中にいる時の目が動かない感じと、戻ってきた時と、その過程の演技がすごく自然で、役者ではなくて本当に患った患者がいるようだった。

ずっと前笑点見てる時に
小遊三さんが自分のことをロバートデニーロに例えてたんだけど、

言ってることなんとなく分かったかも笑
面影がなくはない笑笑

ていうか夜中に薬の量勝手に増やして投与するのあれマズいでしょ!ww
あんなに勝手に増やして飲ませていいもんなの??
って心配になった。


お母さんに会うシーンでバカみたいに泣いた。でもそのシーンが序盤の45分あたりだったから、ああこれから良くないことが起きるんだろうなぁと思って悲しくなった。


あと電車や建物内で障害を持った人によく会うのだけど、その人たちに白い目を向けるのはやめようと心がけている。

彼らも私達と同じように傷ついたり、気持ちがあるから。
Somechan

Somechanの感想・評価

3.5
脳炎患者に新薬を用いて一時日常取り戻させた実話に基づく話。

自分が起きたとき30年経ってたらとか思いつつ、患者たちが今と向き合ってることに純粋に凄いなと思えた話だった。
ウニ

ウニの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

30年も半昏睡状態だったレナードが1人の医者の熱意で新薬を投与され奇跡的に回復、その後同じ状態の患者も次々に意識を取り戻していく。 けれど、それは一時的なものでまた元に戻ってしまう。
ロビン・ウィリアムスが優秀なのに人との付き合い方が苦手な医者をとても純粋で素敵に演じていた。そしてロバート・デニーロの演技が素晴らしくて、観ていて心が苦しくなる。 私自身脳神経系の病気なので興味深く観た。 1度意識が戻り遊びに行ったり昔話に花を咲かせたりできた事がやはり幸せな事で、でも、又、回復前の状態に戻る事が分かってしまうのは残酷だなって思った。
S

Sの感想・評価

3.5
実話を基にした映画
精神科の新人の先生が、新しい薬を投薬して昏睡状態の患者を救おうとする話。

ロバートデニーロが若い。
欠伸

欠伸の感想・評価

-
セイヤー医師はレナードが実際に意識を取り戻した時どんな感じだったんだろうか
>|