レナードの朝の作品情報・感想・評価・動画配信

みんなの反応
  • 医者と患者の心の交流
  • 限りある人生の大切さと素晴らしさ
  • ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズの演技力
  • 当たり前を大切にすることの重要性
  • 命の尊さと生きる素晴らしさ
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『レナードの朝』に投稿された感想・評価

4.1
35,507件のレビュー
み

みの感想・評価

4.5
ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズ、2人とも大好きだったので自分的に来るものがあるキャストだった。
苦しくて温かかった

このレビューはネタバレを含みます

ロビンウィリアムスとロバートデニーロの友情物語。
ロビンの欠点の設定が弱かった気がした。
ロビンに欠けているものが曖昧(雰囲気では【研究人間=人との関わりが欠けてる】なんだろうとは思うものの)なので…

>>続きを読む

学生の時の愛読書だった『レナードの朝』をようやく鑑賞
著者のオリヴァー・サックス氏が同書でこのフィルムへ只管感謝の意を述べられていたのを覚えている
思わず嗚咽を漏らして泣いてしまった……
1969年…

>>続きを読む
ちぢみ

ちぢみの感想・評価

4.3
主人公の気持ちが痛いほどわかる。
最後の終わり方がめちゃくちゃ好きで叫んだし何回も見た。
みら

みらの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

残酷だなぁ…残酷すぎる病気だった
体に閉じ込められてしまうような感覚なのかな

すごく儚い話だった
30年ぶりにawakeされて、また失っていくなんてあまりにキツすぎる

もっとちゃんと生きないとっ…

>>続きを読む
ねる

ねるの感想・評価

3.7
ロバートデニーロの痙攣とかの演技がリアルで凄かった。。
セイヤー医師の人間への興味と患者への思いで起きた奇跡だったんだな、と。
ロビンウィリアムズの微笑んだ顔ってすごく優しくて温かくて好きなんだよな。
kutkut

kutkutの感想・評価

4.5

助けたい気持ちに器用も不器用もない

研究ばかりでミミズを相手にしていた医者が、神経疾患患者を診ることになる。不器用に患者と接しながらも研究で培ったその優れた観察眼、熱意で奮闘していく。

患者を見…

>>続きを読む
lunaaqua

lunaaquaの感想・評価

4.1
デニーロの演技が上手い、内容は事実に元ずいた話だという事で見てて辛くなった。
良作。

このレビューはネタバレを含みます

ロバートデニーロの演技が本当に凄い。ロビンウィリアムズの演技も素晴らしいんだけど、この作品のロバートデニーロの演技はちょっと飛び抜けてる。

「事実は小説よりも奇なり」とはこのことだと改めて感じる作…

>>続きを読む
すな

すなの感想・評価

4.4
実話を元にしているということも相まって
泣きどころが多数

デニーロ好演
>|

あなたにおすすめの記事