ダラス・バイヤーズクラブの作品情報・感想・評価

ダラス・バイヤーズクラブ2013年製作の映画)

DALLAS BUYERS CLUB

上映日:2014年02月22日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ロン・ウッドルーフは、賭博と酒と女の日々を送るデタラメな男。ある日突然、「あなたはHIV陽性で、残された時間は30日」と宣告される。が、落ち込むどころか特効薬を求めて東奔西走。ある時は神父に成りすまし、ある時はパイロット、ある時はビジネスマンルックで世界中を飛び回り、最新薬を集める。薬を国内に持ち込んだ彼は、患者たちにさばき始めるが、ゲイ・コミニュティーに嫌悪感を持つロンが販路を広げるのは難しか…

ロン・ウッドルーフは、賭博と酒と女の日々を送るデタラメな男。ある日突然、「あなたはHIV陽性で、残された時間は30日」と宣告される。が、落ち込むどころか特効薬を求めて東奔西走。ある時は神父に成りすまし、ある時はパイロット、ある時はビジネスマンルックで世界中を飛び回り、最新薬を集める。薬を国内に持ち込んだ彼は、患者たちにさばき始めるが、ゲイ・コミニュティーに嫌悪感を持つロンが販路を広げるのは難しかった。そこで美しいトランスジェンダーのレイヨンを仲間に引き入れ、<ダラス・バイヤーズクラブ>という組織を立ち上げることで、会費制で無料で薬を配り、多くの客を得て勢いづいていく。しかし、前に立ちはだかったのがAZTの投薬を推奨し始めた医師に製薬会社、そして政府だった。映画は、司法と孤軍奮闘し、「生きる権利」を訴え続けた一人の男の7年間の記録。マイナスから発するエネルギー溢れる姿は、見る人誰をも魅了し、勇気と希望を与えてくれる。

「ダラス・バイヤーズクラブ」に投稿された感想・評価

yasuko

yasukoの感想・評価

-
生きねば。

何日も前に観たのだけどこれしか言えないのだ。
knnnnnjr

knnnnnjrの感想・評価

5.0
#マシュー マコノヒーかっこよすぎ
#HIV
#カウボーイ
#泣けない感動作
#ノンフィクション
#モーテル
#実業家
「生きたい」という思いが一人の男を動かす物語。
普通に暮らすという当たり前のような事が出来なくなった時、人は大胆な行動に出るんだなと、思いました。
それぐらい命というものは重いなと痛感しました。
主人公の体調に合わせて耳鳴りのような音が響いて、辛さを体感させられる演出も良いと思った。
病院を敵視する主人公というのも新しいし、病気を治せない病院ってなんなんだろうなと考えてしまった。
エイズという題材なのに、前向きにさせられる不思議な作品。人生観が変わる良い作品です。

このレビューはネタバレを含みます

俳優陣の気概を感じた ジャレッドレトふつくしい... 余命〇日と告げられたあとどう生きるか系の映画はごまんとあるけど、医師の怠慢に中指立てて生き延びて最後には周囲の環境まで変えてしまうのは痛快
臣

臣の感想・評価

5.0
映画好きなら必ず観るべき映画🐨👍
主演マシューマコノヒーの演技ヤバイ
1980年代初期?まだエイズが発見されてばかり。エイズになり、余命1週間?の男が6年生きた、実話。
医療にメス、エイズ闘病、非合法構わずエイズ治療薬試す、裁判、独り社会、エイズと闘った生き様は観るべき
B5版

B5版の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

エイズがまだ誤解の多い病気であった頃の、実際にあったHIVに感染した男の話。

主人公のマシューマコノヒーの役への入り込み方が素晴らしい。
本当に危ない病人に見える。
トランスジェンダーの相棒役の方も良かった。

主人公の粗野でいい加減で、やりたい放題の序盤から、
余命宣告を受けての、
生に踠き、理不尽に怒り、権力と対峙し、HIV感染者達との歩み寄る姿勢に考えさせられた。

実生活の中で、
人間死ぬ間際や、死を意識する年齢になると本性の醜さや、根源的な恐怖に日々苦しむことになるのかもしれないと思ってました。

でもこの映画を見てると、
生き方や人間性は、自分や周り次第でどんな時も良いように変えていけるのかも、と思いました。

終盤、訴訟に負けて帰ってきた主人公に、皆が心からの感謝の拍手で出迎えするシーン、
困ったようにしながら、はにかむ主人公を愛おしいと感じました。
zaki

zakiの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

2018年9作目

1985年、世間にはエイズに対する誤解と偏見が残る時代。しかもアメリカで最も保守的とされるテキサス州で、HIV陽性により余命30日と宣告された男がいた。これは、未承認の新薬を巡って政府と製薬会社を相手に戦いを挑んだ実在の人物ロン・ウッドルーフの7年間を切り取った感動の実話である。
実話。
最後のシーンで自分自身が生き延びる為に偏見と制度と戦った結果がHIV患者のヒーローとしての象徴になって拍手が送られるシーンが良かった。

なんか苦手な自己中野郎で観てて辛かったんだけど、最後のシーンでひっくり返った。

バッファロー66とかこの手のキャラ変の感じすごい好きです。
印象的に残ってるシーンがある。主人公が同僚のトランスジェンダーとスーパーで買い物している時に旧友と会うシーンである。一見なんの変哲もないシーンに見えるかもしれないがとても印象深かった。
旧友が同僚を偏見の目で見たことに対して主人公が怒る。これを真近で見てた同僚がこの事の前と後では目の色がハッキリと変わる。いつもケンカばかりでましてや主人公も最初はトランスジェンダーということに偏見を持っていた。だから嬉しかったんだと思う。
あの目の色を変えることが出来るまで細部にこだわったのだと思う。
どうしようもない男が社会を変えた実話モノって本当に熱い。
ゲイに対して強い偏見を持っていた主人公が、当時ゲイがなる病気とされていたHIVに自分がなってしまい治療薬の普及に尽力するって話。
しかも協力してくれるキーパーソンがトランジェンダーって!どんな巡りあわせだよと。作り話かよと。

そのトランスジェンダー役のジャレッド・レドの変貌ぶりも見どころです。
チャプター27では殺人犯、スーサイドスクワッドではジョーカー、カメレオンぶりに目が離せないお気に入りの俳優さんです。イケメンだし。
>|