ダラス・バイヤーズクラブの作品情報・感想・評価

ダラス・バイヤーズクラブ2013年製作の映画)

DALLAS BUYERS CLUB

上映日:2014年02月22日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ロン・ウッドルーフは、賭博と酒と女の日々を送るデタラメな男。ある日突然、「あなたはHIV陽性で、残された時間は30日」と宣告される。が、落ち込むどころか特効薬を求めて東奔西走。ある時は神父に成りすまし、ある時はパイロット、ある時はビジネスマンルックで世界中を飛び回り、最新薬を集める。薬を国内に持ち込んだ彼は、患者たちにさばき始めるが、ゲイ・コミニュティーに嫌悪感を持つロンが販路を広げるのは難しか…

ロン・ウッドルーフは、賭博と酒と女の日々を送るデタラメな男。ある日突然、「あなたはHIV陽性で、残された時間は30日」と宣告される。が、落ち込むどころか特効薬を求めて東奔西走。ある時は神父に成りすまし、ある時はパイロット、ある時はビジネスマンルックで世界中を飛び回り、最新薬を集める。薬を国内に持ち込んだ彼は、患者たちにさばき始めるが、ゲイ・コミニュティーに嫌悪感を持つロンが販路を広げるのは難しかった。そこで美しいトランスジェンダーのレイヨンを仲間に引き入れ、<ダラス・バイヤーズクラブ>という組織を立ち上げることで、会費制で無料で薬を配り、多くの客を得て勢いづいていく。しかし、前に立ちはだかったのがAZTの投薬を推奨し始めた医師に製薬会社、そして政府だった。映画は、司法と孤軍奮闘し、「生きる権利」を訴え続けた一人の男の7年間の記録。マイナスから発するエネルギー溢れる姿は、見る人誰をも魅了し、勇気と希望を与えてくれる。

「ダラス・バイヤーズクラブ」に投稿された感想・評価

Hikari

Hikariの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

マシューマコノヒーもジャレットレトも役作りが凄すぎて拍手を送らざるを得ない。

差別や偏見は、一見死に直面したからこそ得られる寛容さから無くなって行くように見えるけど、その実、知識を得ることによって無くなって行くんだと、そうゆう所が大変に良かった。

ロデオが好きなテキサスカウボーイは差別や偏見から解き放たれて、ロデオが大好きなテキサスカウボーイになる。

気持ちの良い話でした。
Kent

Kentの感想・評価

4.5
この映画好きだ
マシューマコノヒーの演技は素晴らしいし、何より主人公を演じるのにあそこまで減量したのが凄い
そして、ジャレットレトの演技も文句ないし、ジェニファーガーナも良かった
何から何まで完璧な映画でした
劇中の" I'm fuckin still living here!!!"って叫ぶところも良かったなあ
mxx

mxxの感想・評価

4.5
ジャレッドレトの演技力..女装した姿や話し方がとても綺麗でした。本当にすごい俳優さん。
マシューマコノヒーの減量は映画と分かっているのに心配になる程でした。
何という逞しさ!
80年代アメリカ、HIVで余命宣告された男が、ありとあらゆる手を尽くして生き延び、次第に同じ病気で苦しむ人々の希望になっていく。

当時はHIVに対して、政治も医療機関も一般社会も、明確な方針が見出せず手探り状態な時代。一刻を争う患者たちにとっては、非常にもどかしい社会であった。
主人公のロンは、あらゆる薬を試し知識を得て、違法な手段であろうと金も稼いで、新薬の認可を阻む法律にも対抗して、1日でも長く生き延びるために、良い事も悪い事も思い付く限りやり尽くす。
何となく生きてきた男が、己の人生の意味を見出してからの生き様、圧巻でした。

マシュー・マコノヒーとジャレッド・レトが、2人ともどんどん痩せていくんだけど、体型変化だけではない、役柄になりきった鬼気迫る演技で、とても素晴らしかった。
Filmo

Filmoの感想・評価

4.0
劇場公開時何度か観に行きました。
切なくて悲しいけれど、美しい命の儚さが描かれていると思います。
マシューとジャレットは最高の演技でした!
やっぱりマシュー・マコノヒーの演技力半端ない

ノンフィクションだからこその人間味溢れるシーンかわ多々あった
80年代のテキサス州出身っていうこれでもかというくらい保守派な主人公の変遷に心打たれるストーリー
だからこそもうちょいそういうシーンを際立たせて欲しいなと個人的に思いましたね
kei

keiの感想・評価

3.9
生きるために必死なロンがめちゃくちゃかっこよかった

そしてほんとにどんどん痩せてってリアルすぎた。
マシューマコノヒーすごいさすが👏🏻
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.1
痩せすぎだろ\(^o^)/マシュマコの体の絞り方が正気の沙汰とは思えない。どんどん漫画みたいに痩せてって、本当に死ぬんじゃないかと感じる。中身がどうこう言うよりまずそこに驚いた。期限付きで死ぬことがわかったからこその個人のあがきと言うかもがきがそのうち社会的に大きな流れに繋がっていくと言うのはアメリカ映画では良くある話かな。でも必要以上に主人公に冷たいというか美化がない演出で良かったです。
Misaki

Misakiの感想・評価

3.7
“ 死なないのに必死で、生きてる心地がしない ”って言葉が印象的で

はじめは自分の生きたいように生きてたロンが
HIVが発覚して、もがきながら生きることに奮闘して
同じ苦しみの人たちを救いたいって行動して
これが実話なのは悲しいけど、かっこよかった
リリー

リリーの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ロンとレイヨンが凄い。

諦めないこと、疑うことは大切。

検問がガタガタな所は映画だからしょうがない。

「生きることに必死で生きてる心地がしない。」と言っているが、いぜんの彼よりよっぽど人間らしく、人として成長してると思う。人間は直接生死に関わるかは別として皆んなそれぞれ生きるのに必死なんだと思う。
>|