ダラス・バイヤーズクラブの作品情報・感想・評価

ダラス・バイヤーズクラブ2013年製作の映画)

DALLAS BUYERS CLUB

上映日:2014年02月22日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ロン・ウッドルーフは、賭博と酒と女の日々を送るデタラメな男。ある日突然、「あなたはHIV陽性で、残された時間は30日」と宣告される。が、落ち込むどころか特効薬を求めて東奔西走。ある時は神父に成りすまし、ある時はパイロット、ある時はビジネスマンルックで世界中を飛び回り、最新薬を集める。薬を国内に持ち込んだ彼は、患者たちにさばき始めるが、ゲイ・コミニュティーに嫌悪感を持つロンが販路を広げるのは難しか…

ロン・ウッドルーフは、賭博と酒と女の日々を送るデタラメな男。ある日突然、「あなたはHIV陽性で、残された時間は30日」と宣告される。が、落ち込むどころか特効薬を求めて東奔西走。ある時は神父に成りすまし、ある時はパイロット、ある時はビジネスマンルックで世界中を飛び回り、最新薬を集める。薬を国内に持ち込んだ彼は、患者たちにさばき始めるが、ゲイ・コミニュティーに嫌悪感を持つロンが販路を広げるのは難しかった。そこで美しいトランスジェンダーのレイヨンを仲間に引き入れ、<ダラス・バイヤーズクラブ>という組織を立ち上げることで、会費制で無料で薬を配り、多くの客を得て勢いづいていく。しかし、前に立ちはだかったのがAZTの投薬を推奨し始めた医師に製薬会社、そして政府だった。映画は、司法と孤軍奮闘し、「生きる権利」を訴え続けた一人の男の7年間の記録。マイナスから発するエネルギー溢れる姿は、見る人誰をも魅了し、勇気と希望を与えてくれる。

「ダラス・バイヤーズクラブ」に投稿された感想・評価

「子供も欲しい。人生1度きりだけど
他人のも生きてみたい」
ロンが言うからこそすごい重みがあって考えさせられる言葉だった!!

本当に熱い映画でなまら楽しかった( `・ㅂ・)و

最後のテロップ的に実話なのかな?
色々調べてからまた見直せたらいいなぁ(◦ˉ ˘ ˉ◦)
パン

パンの感想・評価

3.5
これ実話なんですよね。
大きな組織に立ち向かうのって、体力使うしお金もかかるし、、、でも諦めなかった主人公たちは凄い。

あと俳優さんの役作りが凄い。
減量してるなーとは思ったけど
病気で弱っていた時にさらに痩せてて、
演技でなくて本当にフラついてるのではと心配になるほど。
役者魂に脱帽です。
sia

siaの感想・評価

3.2
AIDSで余命一ヶ月を宣告された男の人生を描いた実話に基づく物語。

AIDSそのものに関する知識がほとんどなかったので、映画を観て初めて知ることや学ぶことが多かったです。
また、'80年代にはAIDSが同性愛者だけの病気だと信じられ差別されていたなど、当時の世間の認識を窺い知ることができたのも興味深かったです。

ただし、この映画の主軸は病魔との闘いを描くことではありません。
製薬業界との闘いこそが本作の中心的な対立構造です。

主人公はAIDS治療のためにアメリカで認可されていない薬品の密輸を目論みますが、そんな彼の前にFDAが立ちはだかります。

FDA(食品医薬品局)は弁護士モノや政治モノの米ドラマにもしばしば登場する、新薬の認可や管理を行う機関です。
ところが、本作でFDAは効果的と思われる薬よりも利益になる薬の方を優先して認可を与えようとします。
利益本位のやり口に反発した主人公は、新薬を密かに患者へ横流しする「ダラス・バイヤーズクラブ」を立ち上げて行政と真っ向から対立する道を選ぶのです。

このように本作は、AIDSという題材を通じて、アメリカ社会における製薬業界の腐敗やマイノリティーに対する偏見を痛烈に批判した社会派ドラマです。

主演のマシュー・マコノヒーは今作でアカデミー主演男優賞を受賞していますが、病に冒されるにつれてどんどんやつれていく身体づくりが凄まじかったです。
同じくオスカーを獲得したジャレッド・レトのトランスジェンダーの演技もさすがという感じでした。
この前『レクイエム・フォー・ドリーム』を観たばっかりだったので、こいつまたドラッグ漬けになってるぞなんて勝手に心配しちゃいましたけど。笑

ただ、物語が結構サクサク進んでいくので、ロンとレイヨンの関係性やAIDS治療法の議論など、もっと掘り下げてほしいなと感じた部分でもどんどん流されていってしまうのがもったいなかったです。
特に製薬会社との法廷闘争は、そこを中心に映画を作ってもいいんじゃないかというぐらい重要なシークエンスだったと思ったのですが、かなりあっさりと描かれていました。
この映画はあくまでロン・ウッドルーフという人物の半生を描く物語であったためそのような構成になったのでしょうが、ドラマ的な部分では少し物足りなく感じてしまいました。

娯楽として見て楽しいというタイプの映画ではありませんが、AIDSや薬品認可といった根深い問題について議論を投げかけた非常に意欲的で考えさせられる作品だったと思います。



ちなみに全然関係ないんだけど、難病に冒された男が金のために薬を売り捌くという流れでちょっと『ブレイキング・バッド』を思い出しちゃいました。
green

greenの感想・評価

2.8
ウーン。あんまり好きな感じじゃなかったかな。て、これ実話だったんだ。
印象に残ってるのは日本人ドクターのヤマダサンとヒロシ。
18/220
Sayoshu

Sayoshuの感想・評価

4.2
前向きに生きる勇気をもらった
マシューマコノヒーめちゃくちゃかっこいい
石井碧

石井碧の感想・評価

4.0
クズ人間がHIVに感染して余命宣告されてからどんどん変わっていく。患者のために仲間のために奔走して最後はたくさんの人を救って亡くなった。めちゃくちゃカッコいい!!人って変われる!
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.8
マシューおじさんのやる気を感じた。本人が病に冒されながらも、信念を貫き通す様はエネルギーに満ちていた。ジャレッド・レトーの妖艶さや自我が強く自己中心的で依存的な感じも、とても良かった。何かを変えたいとき、あのぐらいのエネルギーが人からは出るんだな。
ワカメ

ワカメの感想・評価

3.4
HIV感染してからの生き様を描いた映画…
強いなぁ…余命30日 って言われたらあんな事出来るかなぁ(;´༎ຶ۝༎ຶ`)
黒味噌

黒味噌の感想・評価

3.5
アウトローな人間がじぶんのやり方で人を救う物語はスカッとする。きちんとサクセスしているところも気持ちが良い。

製薬会社の利益と新薬の承認・未承認の関係性の問題は、今の日本でも間違いなくあると思う。正直、ガンの治療法が現時点で無いっていうのも本当なのか疑いたくなる。無いんじゃなくて、承認してないだけなんじゃないの?って思っちゃうな。
エイズになってから、薬を販売していくまでの過程をちゃんと描いた映画だと思った。

マコナヘイとレトの演技がすごく良かった!

絵にかいたようなクソ野郎でも、生き甲斐を見つけて正義感にみちあふれていればまともになるんだな…と実感
>|