フォレスト・ガンプ/一期一会の作品情報・感想・評価・動画配信

フォレスト・ガンプ/一期一会1994年製作の映画)

Forrest Gump

上映日:1995年03月11日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「フォレスト・ガンプ/一期一会」に投稿された感想・評価

KUBO

KUBOの感想・評価

5.0
今日、私主催の映画上映会「22年目のフォレスト・ガンプ」で、公開当時以来、久々に「フォレスト・ガンプ」を見た。

このイベントは、22年前の1995年、学校の鑑賞教室で見た映画を、大人になってもう一度家族もいっしょに見てみようと、私が企画したイベント。おかげさまで多くの教え子、友人にご来場いただき、素晴らしい時間を過ごさせていただいた。

久しぶりに見る生徒たちの顔に、自然と顔がほころんでしまう。卒業から20年以上が過ぎ、みんな立派な大人なのだが、教師と教え子の間に流れる空気というものは変わらない。不思議なものだ。

上映した「フォレスト・ガンプ」は、20〜30年の人生を振り返る映画。22年前、中学3年生だった彼らが鑑賞教室で見た時は、今はまだ未来だった「人生」は、22年を経て、フォレストと同じく振り返るものになっている。

かくいう私も、その当時から現在までの人生を振り返りながら、改めて鑑賞させていただいた。名作とは、見る年齢によって顔を変えていく。振り返る人生の方が多くなった私には、また格別な感慨があった。

Life is like a box of chocolates.
人生は開けてみなければわからない。

若きトム・ハンクスは走る、走る、走る!

「人生」に例えられた、風に流れてきた羽根で始まり、流されていく羽根で終わるオシャレな構成。

誰もが自分の人生に重ねることができる歴史的ニュースや人物を絡めた脚本の妙。

今は当たり前になっているCGや合成を、初めて上手に使ったのも本作だろう。

まさに、誰にでもオススメできる名作中の名作だ。

慣れない舞台挨拶などで緊張して疲れ果てたが、映画ファンの先生として、本当に一生忘れられない思い出になった。
ユーキ

ユーキの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

走ることで運命を切り開いてきた男。
彼の体験したアメリカ近代史(但し公民権運動はほぼ無視)であり、ヒューマンファンタジー映画。

知能指数が低くても、実直に誠実に生きていくことで幸運が彼に味方し、お金や名声がついてくる。
でも彼はそんなものより、たった一人の女性の愛を求めていた。
人生はままならないもの。

ジェシーは身勝手な女と見られがちだけど、彼女は彼女なりの苦しみを抱えて生きていたので、一概に非難もできない。
そんな事を想起させた、終盤生家に石を投げるシーン。

音楽もいいし、アメリカ各地の自然も美しい。
aknr

aknrの感想・評価

-
過去観賞記録
再観賞後にレビュー予定
終始暖かい気持ちになる名作!
まっすぐ生きようと思った。エビが食べたくなった。
mzyk

mzykの感想・評価

-
いいはなし。ほっこり
Taka

Takaの感想・評価

4.4
Life was like a box of chocolates. You never know what you're gonna get. このセリフが今まで見てきた映画の中で一番好き。
べだ

べだの感想・評価

5.0
誰もが行きたい🦐ババ ガンプ🦐
TOU

TOUの感想・評価

-
見ながらうとうと。
Ritsuki

Ritsukiの感想・評価

4.2
フォレスト・ガンプの人生を駆け巡る物語。ひとりひとりに大切な人達との出会い、生き方、ストーリーがある。大切な出会いに感謝。
>|