7月4日に生まれての作品情報・感想・評価・動画配信

7月4日に生まれて1989年製作の映画)

BORN ON THE FOURTH OF JULY

上映日:1990年02月17日

製作国:

上映時間:145分

ジャンル:

3.4

「7月4日に生まれて」に投稿された感想・評価

戦争映画ではなく戦争帰還兵のヒューマンドラマであり反戦要素が色濃い作品。突然エロいシーンが挟まれるので少し慌てました…笑
『ミッションインポッシブル』以前の若かりしトムクルーズが迫真の演技でその悲惨さを物語っています。
ラストは少し報われましたが、"theアメリカ映画"て感じでしたね。
s

sの感想・評価

4.0
ベトナム戦争関連は本当辛い🪖国のためにと繰り返すトム…戦争なんて何のためにもならない。トム・クルーズすごく良かった。
沖野

沖野の感想・評価

3.5
ペニスって叫ぶ系映画。500日のサマーもペニスって叫んでたけど、叫ぶ人によって全然違う。
そら

そらの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

主人公ロンの半生を追うことで、「戦争ってなんなんだろう」って考えさせる映画
大義のために失うものがあまりに多くて怖かった。
それでも最後は前向きに進もうとしている姿は素敵だったな。

友人と夜語り合うシーンが印象的だった。
「あの時足を撃たれた時点でじっとしていたら良かった」
1番後悔していたのは本人なんだなあって

トムはどの作品でも演技上手いけども、特にこれは逸品
熱量が凄い
1年間実際に車椅子生活をしたそうな
アカデミー賞主演男優賞とって無いことが驚き
ユイ

ユイの感想・評価

3.0
いったい何のために、その一言に尽きる。

ベトナム戦争絡みの映画は、時間があっても心の余裕がないとなかなか見られない。

実際に戦地へ赴いた人さえ反対派になるということは、それだけ多くの兵士が現地で「この戦いは何なんだ」という疑問を持たざるを得なかったという意味だろう。

戦いの果てに自分たちの国を手にしたアメリカ人の言う「愛国心」=正しいもののために戦う、という感覚はやはり日本人よりも数段強いように思う。

だからこそ、自分の決断で志願し身体の自由を失い、尽くした国家さえ信じられなくなったロンの絶望は深い。
不運の事故による不随なども十分に辛いだろうけど、彼は自分でその道を選んでしまっただけに、何かのせいにせずにはいられず、しかし同時に自分自身も決して許されない過ちをたしかに犯している。
その行き場のない後悔を抱えて苦しむ姿は見ていて辛かったです。



もうすぐ衆院選ですね。
どのように自分たちの国を守り、同時にどのように戦争の悲劇を繰り返さずに歩むか、あまりに影響力のない一票の弱さに諦めそうになるけど、いちおう悩んでみています。
KEiGO

KEiGOの感想・評価

3.4
トム・クルーズマラソン!
世論に翻弄されたひとりの兵士の物語。

『ランボー』と同様、ベトナム戦争の帰還兵に焦点を当てた反戦映画です。
ベトナム戦争について触れようかと思いましたが、それは『プラトーン』に取っておこうかと。

ひとこと言うなら、世間は勝手。
帰還兵に対しての公助は明らかに足りておらず、そうした歪みがコーヴィックやジョン・ランボー、冴えないタクシードライバーを生む。
とはいえ国がノーダメージかと言うとそんなこともなく、この戦争でアメリカも疲弊していたのは事実。うーん、退役に際して様々な保障があることも事実だし…(それが十分であるかは分かりませんが)
ビリヤード場でコーヴィックと一悶着を起こした元海兵が言ったことが真理なのかもしれない。


第62回アカデミーは『7月4日に生まれて』が8部門ノミネート、『ドライビング Miss デイジー』が9部門ノミネートと、この2作が圧倒した年だったんですねー!

我らがトムも主演男優賞にノミネートされています。(残念ながらこの年の受賞はダニエル・デイ=ルイス)
車椅子前後で体形が違う…!実際にトムは役作りのために1年間車椅子で生活したそうな。トムは役作り、ひいては映画製作に対してずーっと真摯ですよねぇ。あなたのそういうとこが好きなんだよ~、本当に尊敬。

本作でもトム・ベレンジャーやウィレム・デフォーといった実力派の名優と共演しています。特にメキシコの荒野でウィレム・デフォーと感情をぶつけ合うシーン、良かったですね。



余談
戦地で負傷した際、神父が最期の礼拝に回ってくるシーンがありますが、輪廻転生的な価値観ってキリスト教にもあるんですね。復活とは異なる、死後も廻って生きたいと願うことはやっぱ普遍なんですね〜
Kir

Kirの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

アメリカの独立記念日に生まれた男の話。

子役がトム様に似ている。よー見つけてきたな。

若い頃のトム様のギラギラ感好き。

監督らしい社会派な内容。露骨に共和党を批判できるのも監督だけかな。

話はありきたりで、美談にしたいがためのご都合設定と展開が目立つ。

アメリカ人なら見れば、な映画。
緑雨

緑雨の感想・評価

3.0
一番の見どころは傷病兵を収容する病院の描写。惨めで屈辱感に満ちた感情の表出が秀逸。

それにしても「大勢の観衆に向かってスピーチする」ことを「名誉」とするような精神性から全く抜け切れないあたり、結局自家撞着なんだよな…
shuh8

shuh8の感想・評価

3.4
保守派からもリベラルからも批判されるリスク、また二枚目のイメージを損なうリスクを顧みず主演したトムクルーズ、You are the man.
ガス

ガスの感想・評価

3.8
オリヴァー・ストーン作品ではプラトーンよりこっちの方が衝撃的だった。
見てて辛かった、、

終盤のニクソンの言葉が皮肉すぎる。
>|

あなたにおすすめの記事