フォレスト・ガンプ/一期一会のネタバレレビュー・内容・結末

フォレスト・ガンプ/一期一会1994年製作の映画)

FORREST GUMP

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「フォレスト・ガンプ/一期一会」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ジェニーとの出会いがガンプさんの足を自由にしたのは間違いない。そこから軍隊に入り、ババと出会い、小隊長との出会いが、のちの漁業人生に繋がってる。
決して広くないガンプさんの交友関係、大切な人たちがみんな居なくなってしまっても、その人たちと出会ったからこそ生まれた新たな出会いがまた次の人生を運んでくれるのね......。

自分を次のステップに進ませてくれた人との辛い別れが待っていても、そこで出会った新しい人によってまた次のステップに進んでいくんだな
はたから見たらすごい経歴だけど、本人にとっては全て繋がってるんだな

自分の人生は出会った人々が作ってくれたものだと実感した。
(ガンプさんと呼びたい)
面白い。アメリカの歴史を生きたフォレストと、ジェニー。
ただ、アメリカの政治とか、過去を肯定して、新しいカルチャーを否定して、カウンターカルチャーにはまったジェニーはエイズにかかって死ぬ。すごく偏った考えも入っている。私も教えられて気付いたけど。前のレビューの前半は恥ずかしいから消した。



最後の
本当はみんな運命を待ってるのか、ただ風に漂ってるだけなのか、僕は両方だと思う、両方同時に起こるんだと思う。
あの台詞に猛烈に救われたことがある。必死で生きてて、自分の力でなんとかなることもあるけど、なんかどうしても上手くいかないこともあって上手くいかない時ってめちゃくちゃ苦しい。そんな時にこんな風にフォレストが言ってくれたことで手を差し伸べてもらって心が軽くなった感じがした。その後に寂しいよって素直に言うところもいい。

「僕は頭が良くないけど、愛というものがどういうものかは知ってるよ。」
メモ


「過去を捨ててから前に進みなさい」

「run forrest, run」

アメリカに育ってたらめっちゃ面白いだろうなwババガンプシュリンプとかスマイルとか
(追記:まって、ババガンプって映画が元だったんだ!www)

「運命が決まってるのか
それともさまよってるだけか
どちらもなんだと思う」

人生について考える
また新しく始まること、
1つの人生が終わること

最後はなんか寂しい気分になった。
孤独を感じる。
成功じゃなくて私は好きな人と一緒にいたい。
家族や彼氏との時間をもっと大切にしよ、と思った。
「人生はチョコレートボックスなのよ」と言うセリフしか知らなかった今作。

初めて観てみましたが、長さを感じさせず面白かったです。
全体の構成の感じが「100歳の大冒険」と似ているなぁと感じました。作成時期はこちらの方が先ですが。

以前「フォーザボーイズ」を観た時にも思ったのですが、アメリカ人にとってベトナム戦争は、他の戦争と何か意味合いが違うのでしょうか。
もっと色々な映画と比較してみたいと思いました。


主軸はフォレスト・ガンプとジェニーの2人の物語だと思いますが、私はダン中尉が最も印象に残りました。
部下を亡くし、足を無くし、自暴自棄となった状態から、ガンプとの交流などを通し、ラストの幸せそうな姿へと変化していく様は、観ていて最も心打たれました。
めっちゃよかった…
この作品でちょっとだけ歴史学んだ気がする

幼い頃からどこか抜けてて、とにかく足が速いことが取り柄のフォレストガンプ。

全米選抜のアメフト選手、名誉賞の兵士、卓球の全米選手、ババガンプ社の社長、大のエビ取り職人、アメリカを走って三年間横断などなど

最後にずーーーっと思ってきたジェニーとの子供を目の前にして涙目のフォレストの姿が印象的だった まさかあの日ジェニーと別れた最後の日に子供ができていたとは…
フォレストとジェニーの結婚式よかったああ
ジェニーかわいいいい!
ダン小隊長歩いてる!

トムハンクスをターミナルで好きになってから、フォレストガンプを見て、もっと好きになった!
めちゃよかったあ
ご都合主義お構い無しの良作。

そんなことどうでもいい!
いい話だろが!!ってなる。


もう僕達知り合いだよね?
「僕にはどちらが正しいのか分からなかった。
運命は決まっているのか、それともただ風に漂っているだけなのか。
だけど僕は両方だと思う。」

運命は決まっていて、それに向かってどう生きるかが大切。
フォレスト・ガンプは自分に正直に行きた結果、運命を引き寄せることができた。

悲しい結末だったけれど、最高に幸せな気持ちになれる映画だった。


Life is like a box of chocolates.
You never know what you're gonna get.
映画からの名言だとは知らなかった!
全然知らずに目にしていて、驚き!
ベトナムの雨季にFor What It's Worthが流れはじめて...という流れ、なんともいえずすき
この世というかんじ

I will miss you forest


No particular reason.
I just kept on going.

Dying is a part of life.

世界に対する愛が感じられる映画は好きだ
フォレスト・ガンプは障害を持っていたのだろう。知能指数が低く、一つのことに集中、固執する性格からその気はあったのだと思う。この時代にこういった人が主人公になっている映画は他にもあるのだろうか。母親とジェニー、息子のフォレストと、自分の拠り所となる存在が彼の生涯において常にいたことが、損失をカバーする大きな役割を果たしていたように思える。ジェニーを亡くした後、息子のフォレストがいなかったらフォレスト・ガンプはどうなっただろうか。上手くいきすぎている人生にも思えたが、フォレスト・ガンプ自身が狙って得た利益ではないから、不快感はほぼない。大統領がこぞって射殺されていくのが面白かったが、これは単なる天丼的な面白さだろうな。ジェニーがフォレスト・ガンプと性交した後、家を出たのは何故だろう。汚れた過去のせいで真っ直ぐな愛を許容できる余裕がなかったのだろう、逃げたんだな。月並みな解釈ではあるが。
I.Qの低いフォレストがいい意味で遠回り。映画もはしょれそうなところはたくさんあるけどフォレストの語りで進んでいくので省きはなし。そんなところもフォレストのなんでも真っ直ぐな感じが出ててよかった。I.Qが人より低くて劣っていても賢いお母さんのおかげで素直でなんでもまっすぐなフォレストの成功が笑えたし、最後のジェニーのお墓に話しかける時は泣けた。
>|