プルートで朝食をの作品情報・感想・評価・動画配信

「プルートで朝食を」に投稿された感想・評価

きゅう

きゅうの感想・評価

4.0
キトゥンの振る舞い、話し方、キトゥン自身とっっっっても綺麗。びっくりした。衣装も音楽も好みすぎる。小説読んでいるような感覚で、言葉一つ一つが美しかった。幻の女を見つけるまでいろんな出来事があるけど、キトゥンのペースで物語が進んでいくところが切なくて同時にたのしかった。
何の気なしに借りたけど、最近好みの映画によく出会う
自分の映画の好みが広くなってるのかも

生まれてすぐに捨てられて養子に出され、両親を知らずに育ったパトリック
幼い頃からお洒落と化粧が好きで周囲から色眼鏡で見られながらものらりくらりと生きるパトリックだが、遂にまだ見ぬ母を探しにロンドンに向かう……という内容

フィクションだけど話は本当に重い
しかし、それをフルスイングでぶっ飛ばしていくパトリックが素敵すぎる
というかキリアン・マーフィーが男性と忘れるくらいにお美しい…
細かいチャプター毎に区切られてるけど、その度に髪型もファッションもガラリと変わるけどホントに綺麗…
この映画、パトリックのお姿だけで半分くらい持ってる気がする(言い過ぎか)

パトリックが素敵なのは外見たけでなく内面も
この頃ってLGBTの言葉もほとんど普及してない頃だから男か女しかない中で、パトリックは「女装した男」でしか無いけど、沢山の(良くない)男に惚れられた
そして精神的に傍にはチャーリーがいた
それはパトリックが後ろめたい仕事をしながらも自分の生き方に胸を張って生きてるから
美しいしカッコいい

パトリックの半生をファンタジー感漂わせながらシリアスにポップに楽しく観れました
なんだかジョン・キャメロン・ミッチェル感をスゴい感じた

リーアム神父の懺悔シーンがとても胸に響きました
なかなかの波瀾万丈だけど、キリアンの女装が素敵すぎて楽しめる。
瑞季

瑞季の感想・評価

-
女装しても相変わらずの色気なキリアンマーフィー、、最高、、
全体的にポップで可愛くて観やすい
ひろこ

ひろこの感想・評価

3.8
笑顔の裏にある苦しみを隠しながら
強く生きているキトゥン。
今よりも厳しい偏見や差別の目が絶えない時代の中で堂々と生きていてすごくカッコよく思えた。キトゥンに幸運を。
面白かった。ニール・ジョーダン監督 x キリアン・マーフィー。

原作ありらしい。幼い頃に養子に出された男の子が母を探し続ける話なんだけど、波瀾万丈すぎて。悲壮感もあるんだけど、コメディ味たっぷりでしんみりしない、

化粧や女の子のキラキラした服装が大好きで周囲から変な目で見られてもお構い無しで我が道を行くパトリックが清々しいすぎて素敵だ。60年代ー70年代くらいのイギリスとアイルランドが舞台でIRAやらサッチャーやらも話題にのぼり、そのあたりを絡めたちょっと悲しいエピソードもあったが、なんだかんだで乗り越えていく。とにかくパトリックが逞しくて応援したくなる。

予想以上にいろいろ起こる。あれだけ起きたら心が折れそうだけど、パトリックはのらりくらりでやりすごす。きっと内心ダメージ受けて傷ついたりもしてるのだろうけど、表に出さない。強いなー。

キリアン・マーフィーの女装姿がかわいすぎだし、おしゃれだし、視覚的にも楽しめる。

リーアム・ニーソンやブレンダン・グリーソン、ルース・ネッガも出てる。
あい

あいの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

キリアンマーフィの演技がすごいことは分かっている。だけど、改めてすごいと感じられた作品だった。最初の方の見た目は男性なのに仕草が女性らしくて、最初から最後までずっと可愛くて綺麗な女性だった。
そして、最後に実母にいうセリフが主人公の想いがつまってて思わず涙が出た。
\\迷子の子猫ちゃんよ♡ミャォーン//

大好きっっ♡愛してるぅぅ~♡
キーリーア~~~~ン!!!!!!!!

こんなのもう100億STARSに決まってるっ!!
ニール・ジョーダン監督のセンスが光る最高中の最高傑作*☆

こんな面白かったっけ?前回見た時より格段に面白い。笑えて仕方なかった~!!でいて泣ける~!!!

《あたしは本当のママを捜す旅にでる―――》

ルンルン♪で超絶にメルヘンキュートな物語♡

個性的な主人公キトゥンのポジティブ&ユニークな性格がめちゃくちゃ良い!

男子なのに昔からキラキラしたものが好き、お裁縫好き、お洋服とお化粧でお洒落するのも好き。そんな周りから奇異の目で見られる主人公の頭の中の世界を垣間見ていると、現実世界の方がおかしいんじゃないかって錯覚するような…いや錯覚じゃない、キトゥンは間違ってない、本当は現実世界の方がイカれてておかしいんだ…っっ!

厳しい現実なんか私の住む世界には不似合いなのよ♡そんな聖天使キトゥンなりの2.5次元マイウェイな世界観がFabulous!!!!!

あれもこれも全てはキリアン・マーフィーの天才的な名演技あってこそ。

本作は私にとって思入れ深く決定打で、キリアンが自分にとって特別な存在になったきっかけの映画。最初、彼に興味を持ったのは『28日後…』を観てからだったんだけど、本作でいっきに気持ちが弾けたんだよね♡これを観ずして彼は語れないっ!!

『プルートで朝食を』の次に観た『サイコ リバース』にハマって一時期、何度も鑑賞繰り返してた時あった。『サイコ リバース』は彼の特徴的なアイスブルーの瞳の色が封印された貴重な映画。女装する役どころと1人2役こなす魅力のギャップ、いつもと違うブラウンの瞳でガラッと雰囲気の変わる彼に夢中になった。

キトゥンなキリアンほんっとに綺麗*☆

脚の細さ、肩のすくめ方、上目づかい、おねだりの表情、手の柔らかさ、腰のゆらし方、しなやかな歩き方、セクシーな声…もう細部にわたるところまで全てが乙女♡どんな女性よりも女らしい。
特にブランコのシーンの妖艶さ、額に入れて飾りたいくらい。あの美しさはこの世のものではない。本役は彼でなくては絶対に成り立たなかっただろう。

~喜怒哀楽でまみれる愛しい人生~
~カラフルに彩るファッションと音楽たち~

劇中でキリアンが歌うデュエットソング『SAND』が聴きたくてサントラを買った。

「監督が好きな音楽でサントラを作るべきだ。思い入れのある曲を使えばうまい具合にイメージを伝えられるからね。」

そう言っていたジョーダン監督のらしさ全開の作品!!本当にこの映画は唯一無二だと思う。

しかしキャスト大集結だなぁ。安心のリーアム・ニーソンにトリッキーなスティーヴン・レイ、そして本当は良い人イアン・ハート♡どのお役も心が温かく素敵で印象深い。

やっぱり今この瞬間、特筆すべきはレイ様だよね。『クライング・ゲーム』観た後だと「あれれ?」ってなるやつじゃん!ニヤニヤしちゃうやつだ。監督もこれ分かっててやってんだろうなっていうのが凄く伝わって来る。あんま言いたくないから…ここまで。内緒にしたい(笑)

キリアンとレイ様がイチャイチャしちゃうのなんてさ…なんなのよこれ私を萌え死にさせるつもりなのっっ!?!?!? 本当に参ったぞ♡

他にも好きなセリフとか印象的なシーン、演技やキャストの使い方とか役どころとか…書ききれないほど語りたいことがいっぱい。とにかくこの先二度と出会えないであろう素敵な作品*☆好きすぎて辛い。

振り返ると現実的な話なのに、観てる最中はずっとおとぎの世界にいる感覚。

"まるで映画のような映画"

この風合いは監督ならでは。
それでいて元気をもらえる一本!

ニール・ジョーダン監督を知らない人には、まずこれをオススメしたい!


――人生は奇想天外な魔法*☆

――小鳥たちのさえずりに耳を傾けてみて

――きっと幸せはすぐそこに…♡


*☆Keyword*☆
『Sweet Life, My Sugar Baby Love』
yuko0925

yuko0925の感想・評価

4.0
イギリスはこういう地味だけどいい映画作るの本当に上手いなー。
キリアンすごい。普段の男っぽい感じが信じられないほど綺麗。ピーキブラインダーズのトミーと真逆…。
イギリスでさえゲイであることが違法だったのって、そんなに昔の事ではないんだなーと改めて。
章立てされて話が展開していくのがよかった。
母親を訪ねた時とか取り調べを受けてる時のキリアンの演技が本当にグッとくる。
mumbleboy

mumbleboyの感想・評価

4.0
ニール・ジョーダン、名前も聞いたことある気がするし作品も名前が印象深いのがいくつかあるけど実際に観たのは今作品が初でした。

アイルランドが舞台で(イギリスもだけど)音楽が割と前面に出てきてる感じ、とくると「シング・ストリート」を想い出す。全然違う作品ではあるけどどことなく似た雰囲気も感じました。

主人公のパトリック・“キトゥン”・ブレイデンが一見変人と呼んでしまいそうなすごく特徴的な人物だけど彼(彼女)の優しい物腰はずっと変わらず簡単に不幸になってしまいそうな状況下で思ってたいたのとは違うかも知れないけど幸せを見出していく、という様な映画でした。出てくる人が全員独特でずっと楽しませてくれました。ニール・ジョーダン作品、他にも観てみようと思います。
>|