ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

初めて観たのは金曜ロードショーで、数奇な人生を正直興味本意でなんとなく観ていましたが、どんどんストーリーに引き込まれてしまいました。普通の人間と同じように美しく歳をとっていくデイジーと、どんどん若返っていくベンジャミンとの、見た目は違えど、互いに大事に想い合う愛に感動しました。ベンジャミンの人生はとても素晴らしかったと思います。恋愛だけではなく、様々な人生のターニングポイントに出逢えます。
見直したらめっちゃ良かったので採点し直し。
見舞いに来たブラピに対してのブランシェットの一言「完璧だわ。」
まさに〜!!!
nakataka

nakatakaの感想・評価

3.5
生まれたときは80歳の老人の風貌。
月日とともに若返っていく、
ファンタジー的ヒューマンドラマ。
若返っていく男と、老いてく女。

時の流れを体感しながら、
偶然と偶然が重なることで、
人と人が出会うことの大切さを教えてくれる映画です(´ー`)
あかね

あかねの感想・評価

3.6
ブラピかっこいい〜ってなる映画でした。ストーリーは長すぎだけど、人生ものなんで仕方ないと思いました。暇な時に観てみてもいいと思います。いろいろな人に出会って人は成長するんだなぁと思いました。
李嬢

李嬢の感想・評価

4.5

見入ってしまった
不思議な作品。でも深くて見てよかった
ケイト・ブランシェットのダンサー姿は美しかったー。
夜の公園で踊ってるシーン綺麗
tkmk

tkmkの感想・評価

4.4
"ありとあらゆる人間(ごく普通の人間)が歩む"壮大な「人生」、この脚本はそれを伝えたかったのではないだろうか。

というのも、「可逆的に歳をとる」以外、ベンジャミン・バトンが味わう人生イベントは誰しもが経験する"ごく普通の人生"だからだ。生、出会い、別れ、死。これら全てを人間は経験していく。

原題での"The Curious Case of Benjamin Button"の"case"が、「ベンジャミン・バトンという人間の"場合は"こんな人生でしたよ」ってのを表しているようにさえ感じられる。その意味では、どんな人間一人一人の人生も"curious"なのだろう。

個人的に好きなシーンは、デイジーが事故に遭うシーン。David Fincherらしく、時系列でどう事が起こったかを論理的に、しかし事実とは裏腹にも描いていて演出の上手さを感じた。ここにも「人生とは」というこの作品のテーマが描かれている。

作品全体を通して、「人生の奇怪さ(curiosity)」を感じられる。人間それぞれに与えられる試練や幸運などを描くことで、人生の真理を突いている。
IkumiSoda

IkumiSodaの感想・評価

3.8
一緒に年を重ねることがいかに尊いか。
単調なストーリー展開だけど、1人若返っていくベンジャミンが切なかった。
餃子

餃子の感想・評価

2.0
「若返る」という最大のテーマを全然活かせず、終盤になって慌ててねじ込んだ印象
はるか

はるかの感想・評価

4.5
切なかった

ティルダさんを「人目を惹くほどの美人ではない」設定は無理がありすぎるだろー!!!
美しすぎて目が離せなかった…。

でもベンジャミンは最期愛する人の腕の中で息を引き取れて幸せだったんじゃないかなあと思った。
もち

もちの感想・評価

3.7
不思議な話。けどシンプルでもある。

一緒に歳を重ねられない辛さというものは経験できないからわからないけど、相当なことだろうな、、
>|