ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

Kodai

Kodaiの感想・評価

3.6
歳老いた状態で生まれてきたベンジャミン。はじめは忌み嫌われながらも必死に生きようとする姿や、それを支える周囲の姿に胸を打たれる。後半になるに連れて若さを取り戻すものの、周囲とのギャップに苦しむ主人公や恋人との関係性など、見応えある作品。
手塚

手塚の感想・評価

2.5
いつかはこういう話が出てくるんだろうと思っていたら、やはりアメリカ
田所

田所の感想・評価

3.9
設定はめっちゃファンタジーやのに、描いてる人生は自然ですっと入ってくる映画。それが凄いと思いました。
Ruri

Ruriの感想・評価

3.8
永遠はない



だからこそ今の時間を愛する人と1秒1秒大切に過ごしていくことが重要だと思った
監督もブラピも大好きすぎてずっと見たかった映画。
レビューとか記事みすぎてちょっとネタバレわかってしまってたけど、良かった!
面白かった!って感じではないけど、1人の生から死までを160分で見て、すげえってなった。あっという間だった。良い映画。
pamse

pamseの感想・評価

4.0
大切な人、大好きな人の事を思うと、同じ時代に生まれて良かった、、と思っていた。
同じ時間軸で生きて当たり前だと思っていたことも、本当は不思議なことなのかな。
2人が結ばれてから、気ままに暮らすシーンは印象的。
メイクやCG??凄いです!
haruge99

haruge99の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

不思議な設定だけど違和感なく見れた。
若い頃(といっても見た目はじいさん)に、ロシアのくそ寒そうな野外を、シャンパンをグラスで飲みながら歩くシーンが好き。
あえる

あえるの感想・評価

5.0
人生という時の流れの皮肉さと愛おしさを教えてくれる至極の作品。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.5
ノスタルジックで悲しくて不思議で秀麗なおとぎ話だった
途中のシーンでもあったけど、想像もできないくらい広大な宇宙の中で様々なものが交差している中に生きていて、一人一人の人生なんて取るに足らないものだけど、生まれてから死ぬまでにどれだけの人たちの人生と重なるのだろう。
ダンス教室の鏡の前のシーンでベンジャミンとデイジーの年齢が交差した時に話していたこと。

自分の人生の中でもきっと多くの人の人生と重なっては通り過ぎていくと思うけど、重なっているその時にそうやっていられたらきっと眠りにつく時、良い人生だったなって思い返せるんだろうなと、そう思いました。
なんというか、見ててずっと、苦しい。

彼の特殊な境遇自体に共感するようなことはないのだけれど、失うもの、得るもの、抱えている孤独、生きづらさが他の人物とフラットに描かれているところが、かえって苦しい。

とはいえ彼だからこその感受性もあって、数奇な人生を前向きに、誠実に生きてくストーリーがかなり好き。また見たいな。
>|