ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価・動画配信

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

The Curious Case of Benjamin Button

上映日:2009年02月07日

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

i

iの感想・評価

3.8
普通に年老いていく方が幸せなのかもしれない。

そして何よりブラピかかっこよすぎた。
ダンディーなのもかっこいいし、若返ってもかっこいい。
この発想を思いついて映画にした時点で凄すぎる…そしてブラピ…
胸が切なさで苦しくなるけど、普通に年取るのも悪くないんだなと思える。
奇抜な人生なのに普通の生活の中で描いているから切なく涙が止まらない。
原作フィッツジェラルド恐るべし。
てるぅ

てるぅの感想・評価

4.0
切ないな。永遠なんてないって。とりあえずブラピかっこええな。
niwa

niwaの感想・評価

3.5
ベンジャミン自身の姿形や彼を取り巻く環境が変わったとしても、彼が終始穏やかに話すところはだけは幼少期から変わらなくて良かった。
哀しみを知っている人の穏やかさな気がしました。
人生の美しさや儚さをふんだんに味わえる映画。
時計が前に進もうが、後ろに戻ろうが、行き着く先は皆同じ。
だから何事も悲観せず、それぞれの生き方で経験を積もう、というメッセージが感じられた。

あと雷のくだりは毎回笑った。
harman

harmanの感想・評価

4.0
若返っていくブラピの男前度に絶句よ。
『時間が溢れてく』って表現がいい。
結局、最初と最後はオムツよ。
べりぃ

べりぃの感想・評価

5.0
生きること、死ぬことすべてに意味があるように感じた。逆走して生きると死に直面すること多くて悲しいなあ。
だけどみんなと同じように生きていると生きていることに当たり前になっている。当たり前ではあるがそれが素晴らしいことと教えてくれた。時間を大切にしよう。
RyoKa

RyoKaの感想・評価

-
生きるとは。。『生』と『死』『人生』
愛すること。。。
様々なことを考えさせられる。

ベンジャミンとデイジーの愛のカタチを見ていると、人を愛しむ心ってこういうものなんだろうな、、と思う
長くて、静かな映画だけど、見入ってしまいました。どうやって撮影したのか気になる!
2人のお家素敵だな〜
ブラッドピッド上手いなあ〜
>|