ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

pluie

pluieの感想・評価

3.5
作品の流れがフォレスト・ガンプに似ているなと思ったら脚本を手がけたのがエリック・ロスだったので納得。

老人の姿で産まれ歳を重ねるごとに若返るベンジャミン・バトンの物語は絵画のように美しい画で語られ出会いに恵まれ温かい優しさで溢れていた。

愛する人と結ばれ子供が誕生した時に迫られる選択がきつかった。
我が子が育って大人になっていくのに対し自分は子供になる。
愛ではどうにもならない辛い現実が人生これからって時にこの数奇な運命が重くのしかかる。

産まれた時よりも死を迎える直前のほうがとても残酷だった。

この運命だからこそ出会えた人との経験は心を豊かにし真実の愛とも向き合い絆を深めたからこそ死を迎える直前の刹那的な瞬間に目で伝える事が出来たのだと思う。

子役時代のエル・ファニングとテーブルの下で蝋燭に火を灯してお互いの秘密を言い合うシーンがすごく好きだった。
じーま

じーまの感想・評価

3.5

今となってあの女優さんがケイト・ブランシェットだったことに驚いた。
みんと

みんとの感想・評価

4.0
斬新な脚本にメイク術とCGを駆使した壮大かつ奥深い作品だった。

人とは違う人生を受け入れ、ひたむきにその人生を謳歌するベンジャミン。
デイジーと一緒に過ごせた時間は決して長くはなかった。けれど読み聞かせのように振り返るデイジーの人生はやはり愛するベンジャミンとの人生でもあった。
目に見える肉体の変化よりずっと深いところで結ばれた二人の愛が何処までも美しい。

人は数々の選択と偶然を繋ぎ合わせて生きている。その中でデイジーが事故に遭うシーンはとてもで印象的で核心をついていた。論理的に時系列で巧妙に表現されていて、人生において避けて通れない運命とも言える出来事はこうして起きていると考えると現実味を帯びて少し怖くも感じた。


誰一人として同じではないそれぞれの人生は実はベンジャミン程の数奇で美しい人生なのかもしれない。
そうじ

そうじの感想・評価

4.2
ベンジャミンの若返る人生と共に、ヒトの一生について考えさせられる素晴らしい作品でした。
最後の描写もよかった。
自分らしく生きることが大事なんだと思わされた!!結局泣いてしまった!
見終わった後つい泣いてしまった。
大切な人と一緒に歳を重ねていけることを改めて幸せと感じた。
きょへ

きょへの感想・評価

4.5
なん年前だろう。
昔から知ってた映画だったけどやっと観れた!面白かった。
もも

ももの感想・評価

5.0
3時間ながい~っておもったけどあっという間!おもしろいけど切なくなった
A

Aの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃に見たきりで2回目の鑑賞。
個人的にはデイジーが事故に遭うシーンの語り方がとても好きです。
デイジーが亡くなる所でおわらないのも良い。
ところどころ泣いてしまいました。
生まれた時からお爺さん、どんどん若返っていく様を描いた発想豊かな映画。

わざとらしさがないのはさすがブラッドピッド。

内容はおよそ考えつかない結末ながら考えさせられる内容。
>|