ベンジャミン・バトン 数奇な人生の作品情報・感想・評価

ベンジャミン・バトン 数奇な人生2008年製作の映画)

THE CURIOUS CASE OF BENJAMIN BUTTON

製作国:

上映時間:167分

ジャンル:

3.6

「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」に投稿された感想・評価

ICE

ICEの感想・評価

4.2
最高でした。
人は生まれてからだんだんと成長をし、老いて、そして最期には死が待っている。
それが普通の人生のはずだが。

ベンジャミンは全くの逆。
老いた状態で生まれ、そしてだんだんと若返ってゆく人生。

恋をし、様々な体験をし....。

彼の数奇な人生をまるで自分が追っていくかのように進んでいく映画。

何度繰り返し観たことか。
そして儚いし、切ない.....!!感動する
お気に入りの映画です。
KANAKO

KANAKOの感想・評価

4.3
切ないほんと……一緒にいれたのは少しだったけどいつも思い続けてた2人💕💕
ケイト・ブランシェット美しいしブラピ超かっこいい😍
Huluの配信が終わってしまうので久々に。やはり傑作。近づくハリケーン、終わりゆく人生と物語。ブラッドピットは勿論すごいが、やっぱこの映画のケイトブランシェットには恐れ入る。現在から過去の切れ味のあるカットバックは後の『ゴーンガール』で完全に応用されてる。ラストカットの時を刻み続ける時計のショットまでカッコいい。『ビューティフルマインド』もフィンチャーが撮ればよかったのに。
超大作!!!
公開当初は若かりし頃のブラピがまた見れる!と話題になってましたよね。
スルーし続け、10年越しにようやく鑑賞💡

ストーリーに惹かれ、
この手のテーマに弱いはず、、、
しかし思ったよりも心が動かなかった、何故だか😅
これは完全に好みの問題ですね。
non

nonの感想・評価

4.0
老体で産まれ、年をとるたびに若返っていくブラピの数奇な人生
恋愛関係になると彼女は気の毒だった
自分はどんどん老いていくのにますます若く美しくなる彼氏
つらいでしょそれ
ちゃこ

ちゃこの感想・評価

3.9
長い人生を寿命で終えられるって、なんて幸せなんだろう。死に向かっていくのはみんな同じ。
彼は戦争も生きながらえる運命だったのだろうか。寿命を全うする運命。

水の音、時たまある静寂。
綺麗な空。

離れていても、別の誰かと寝ても、眠りにつく前には愛する人のことを思う。

人生まるまる描くわけだから、2時間45分なのも納得かも。人生の長さを感じて欲しかったのかな。
原作は短篇だから、ずいぶん広げたなあ。こんなに壮大な恋愛模様はなかったはず。

-----------------------------

長いだけあって、セリフや描写が丁寧。

「しわくちゃで醜いけど、あなたも神の子よ」
赤ん坊、カジモドやエルファバが重なる。でも彼はちゃんとお父様に愛されてた。良かった。
赤ん坊の声と動き、愛おしい。本物は悪魔のようだろうけど。

お父さんはとっさに老人ホームに預けるなんて機転が利くなあ(違うか)。仕事ができる人は賢い(そうとは限らない)。そういえば、原作では父とも兄弟とも、友人のようになる時期があったような気がする。ほとんど覚えてない。また開いてみよっと。

あら!エルファニング!天使のようだわ。ケイトブランシェットの子どものころ。なんて綺麗な青い目。
その次の子役も上手いキャスティング。ちょうどエルファニングとケイトの間のような。鮮やかな髪と青い目がデイジーの花そのもの。

20歳くらいから演じてるケイトも素晴らしい。あーなんて上品に喋るのかしら。若くて好奇心旺盛で活発。
そして、シワが増えてもなお美しい。パーツのバランスが良いからなのね。

「上手に弾こうとしないで、大事なのは感じること。音楽に身を任せるの」

歳をとると幼児の頃に戻るというが、逆再生でもこんなにもひとの一生とぴったりだなんて。
人生の折り返し地点、やっと同い年「お互いにやっと追いついた」と鏡の前で話すのが印象的。
43で産むって、だいぶ高齢出産だな。当時ならかなり珍しがったんじゃないのか?

あ、ティルダ・ウィントン。グランドプダペスト〜のおばあちゃん、少年は残酷な〜のお母さん。元が薄幸そうな顔してるよね。でも綺麗な顔。ドレスアップしてベンジャミンと喋るときの彼女が綺麗。恋をしてるみたいって伝わってくる。
なんとなくケイトに似てる系統の顔。
エリザベスの去った晩のピアノの音楽〜〜

「良かったわ。彼を温めてくれる人がいて」
初恋のことまで報告してくるなんて、酷い。

-----------------------------


「人生は複雑とは限らない。求めるものを知っていれば」

事故の過程をこんなに丁寧に描くのねえ。

ダンディなブラピもかっこいい。若返ってもかっこいい。

-----------------------------

老ベンジャミンの声、あんなに高くしなくても良いんじゃないか。お目々には光が入りすぎてるような。ちょっと違和感。でも特殊メイクもCGも素晴らしい。演技だってブラピとは思えないくらいすごい。

あの家族の周りには黒人が多い。お手伝いさん、塩対応の看護師。ニューオリンズだからか。

ハチドリ、和名と鳥の特性がぴったり

姉「モブに双子がいる場合、片割れが死ぬのは定石だよね」
ハリポタ最終章見終えた直後に言われて衝撃的だった言葉を思い出した。

デイジー、モダンバレエ



グレートギャッツビーも観ます。
あ、ディカプリオの「華麗なるギャッツビー」は、同じくディカプリオの「ロミオ&ジュリエット」と「ムーランルージュ」の監督脚本コンビなのか。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.0
長いけれど、人生を語るにはこのぐらいは最低限いるんだろうなあ。愛する人の死を見る悲しさ、時間の流れが自分だけ違う孤独。キャストが最高でした。
がい

がいの感想・評価

4.0
久しぶりに観たら
ベンジャミンが一目惚れする女の子がエルファニング
こんなところにエルファニング映画
そしてスパイス的にティルダ様映画でもある
海野栞

海野栞の感想・評価

3.0
わたしにはとても長く感じた。
内容がやんわりとしか覚えてない…
でも若かりし頃のブラピカッコよかった!
きもと

きもとの感想・評価

4.0

-

老人として生まれ子供になり死んで行く。

-

この作品は、見た目が老人であるベンジャミンが若返るに連れて、人生の経験を積んで行きます。

老体でありながら精神面での成長を迎えるというパラドックスがこの作品の見どころだと感じました。

若者の見た目で洗練された精神を持つベンジャミン。

そのベンジャミンが行なって行く行動1つ1つが見どころでした。

5回くらいみるくらい面白かったです。

一度みることをお勧めします!
>|