スティーブ・ジョブズの作品情報・感想・評価・動画配信

スティーブ・ジョブズ2013年製作の映画)

Jobs

上映日:2013年11月01日

製作国:

上映時間:128分

ジャンル:

3.2

「スティーブ・ジョブズ」に投稿された感想・評価

ビジネス主題なストーリー。

一人の天才が葛藤するのも
一人の凡人が葛藤するのも
同じ事だと思う。

誰であっても葛藤のある人生を送る意味があると思った。

誰もやったことのないことをやってみるのは誰にでもできる。
Tosshini

Tosshiniの感想・評価

3.4
スティーブ・ジョブズの成功するまでの山あり谷あり人生。やっぱり実力社会のアメリカらしい映画だった
shimpei

shimpeiの感想・評価

3.4
スティーブジョブズの大学時代からipod発表までの人生を映画化。

娘を中心とした家族の確執はダニーボイル版で詳しく分かる。

こっちは製品を開発するビジネスマンとして、会社としてのエピソードが詳しく分かる。
ryodan

ryodanの感想・評価

4.1
D・ボイル版の「スティーブ・ジョブズ」を丁寧に補完してくれました。両作ワンセットで見ると理解が深まります。どっちにしても一緒にいたくない人物である事は間違いなさそうです。人の心を掴むのは上手いけど掴んだ心を踏みにじるのも得意とする彼。ヒトを自分にとって得か損かで判断する人間。今でこそ目新しくない価値観ですが彼が先駆けだったんでしょうね。企業が利益最優先を目標にし、ネット環境が更なるグローバリゼーションを押し進めていった。時代の光と影を彼自身が体現していった感じでした。でもやっぱり光の方が圧倒的に強かったですね。今でも功績は称賛されてますから。自分も彼の光しか見てなかったから偉大な人だったんだなとずっと思ってました。一連の作品を見てやはり個人的にはさしたる魅力は感じられなかったかな。
しんい

しんいの感想・評価

3.6
天才ってやっぱりどこかいかれるぐらい何かに没頭して、周りが見えなくなってしまって、執着するんだね。

良いイメージばかりではないが、スティーブ・ジョブズの生い立ちとアップルの歴史がよく分かるドキュメンタリー映画でした。
何をすべきか見失っているスティーブ、親友のウォズニアックの趣味であるコンピューターに興味を持つ、、、

ジョシュア・マイケル・スターン監督、アシュトン・カッチャー主演の伝記ドラマ。学校のオタク仲間達とガレージの小さな会社から始まり、伝説的な大企業へと成長する様が描かれています。ジョブズのことを技術者だと思っていたのですが、ビジネスマンとしての実力だったのですね。どうしようもない男ではあるジョブズなんだけど、何もないところから生み出す力、創造力、努力、完璧主義で妥協を許さないなど、そうあってこそ地位を築き、今でもなお愛されるものが生まれたのだと感じました。
Alohagirl

Alohagirlの感想・評価

3.3
まさに異端児って感じ。
世界を変えた人の1人なんだろうけど、彼の周りにいる人たちは振り回されて大変だったんだろうなって映画を見ながら思ったけど、気付いたら映画を見てるこのiPhoneも耳につけてるAirPodsも全部Apple製品だったからもう何も言うことはないです。

もう一度見たいとは思わないけど彼を知るきっかけてとしてこの作品を見るのはいいと思う。
ナナコ

ナナコの感想・評価

4.5
「世界を変えるためにAppleに人生を捧げた」

映画で彼を知ろうと思ってたけどNeXTのこととか知らなかった。前知識あった方がよかったかも。

「与えられた人生を生きるという誤った考えを捨てて人生を抱きしめ向上させ足跡を残すことを学べば違った人間になれる」
たこ

たこの感想・評価

3.6
作品へのこだわりが強いことで知られるスティーブ・ジョブズのアップル誕生までを描いた映画。

良いものを作るには努力を惜しむな、という気概が今の魅力的なアップルの製品へと繋がっているのかなと感じた。

プレゼンが凄く上手いことで知られているスティーブ・ジョブズだが、作品中で幾度と交渉の場面が出てくるが、初期の販売店への売り込みや融資を受けるに当たってはその能力が活かされ、会社の規模拡大に繋がり、2012年には時価総額の株価が世界一という成功へと繋がったのだと思う
この映画,3つしかシーンがない。1984年のMac,1988年の"the cube",1998年のiMac,それぞれの新製品発表会前の舞台裏だけで,スティーブ・ジョブスの仕事に関する考え方がまとめられていた。ただ、ひたすら会話が続き,字幕に追われている感が強く、少々疲れた。

(2016/2/21)
>|