海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE」に投稿された感想・評価

テレビ放映から30年後に宇宙刑事ギャバンの勇姿が見れたことは素直に嬉しいです。
森崎

森崎の感想・評価

4.0
個人的に不定期開催の「東映『先入観とか捨てて興味持ったキャストがいたらテレビシリーズはすっ飛ばしてまず観ていこう』特撮劇場版まつり」、今回はゴーカイジャーその②。


これ好き…熱い、めちゃくちゃ格好良い!
タイトルにVSが付いているシリーズは「おまえら相手の戦隊にリスペクト無さすぎか」みたいな戦闘シーンになりがちだけど、宇宙海賊VS宇宙刑事という収まりの良さと共闘関係になるまでの展開がテンポよく観ていて気持ちが良かった。チョイ出しとなるゴーバスターズの役割も良し。

なによりワイヤーやCGが悪目立ちしない程度に抑えられた分たっぷりと見られるアクションが派手だし肉弾戦にも銃撃戦やサーベルを使った立ち回りにもキレがあってかなり見ごたえがあったしゴーカイが35周年記念作品ということで本作の最大の特徴となっている歴代の戦隊の力を使って闘うシーンもありがてえ…数少ない知ってる戦隊がいっぱい見れる……
でも一番は必殺技→怪人爆破までの画!ローアングルや斜めの構図!とにかく格好良い!これは観てくれ!


ってテレビの前で感激するじゃないですか。それと同じくらい、いやそれ以上に興奮しているのがゴーカイシルバー伊狩鎧。スーパー戦隊をこよなく愛する男。ゴーカイジャーが全戦隊を背負うならば彼が全視聴者を背負い、代弁者として歴代の戦隊がいかに格好良いかや戦闘シーンの熱さに痺れてくれるからこっちも心置きなく戦隊の世界に痺れることができる。この存在は貴重。心置きなく推そう池田純矢を。あっ、ゴーカイジャーも!

このレビューはネタバレを含みます

80年代に一世を風靡した宇宙刑事ギャバンが復活。メタリック・シルバーのボディ、レーザーブレード、蒸着プロセスのカッコよさが古びてないのに驚く。マクー一族の末裔で、ドン・ホラーの血筋を引く由緒正しき悪役(演じるのは佐野史郎さん)の「宇宙を支配するのは私だ」的な大見得に、「だから?」「知るか!」と返すゴーカイジャーの現代っ子ぶり。マクー監獄の何層にも分かれる構造は、『インセプション』っぽい。バトルケニア、デンジブルーとギャバンの不思議な親和力で魔空空間への入り口が開かれる。刑事の脱獄を海賊が助けるという展開。
Skipper

Skipperの感想・評価

3.6
中盤のゴーカイレッドの戦闘がかぁっこいいィィ!!! 映画と関係ない話だけれどゴーカイジャーってワンピのグランドライン突入から始まるみたいなものだからメンバー間の絆が盤石でいいよねって。あとヤツデンワニ嬉しい。戦隊映画で一番好き。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

2.9
大葉健二さんものすごくカッコいい。
最大級の見どころは過去作品の敵幹部がたくさん出てくるところ!
ただこれ劇場公開してるのに64分なのね。まとまっているけどちょっと短すぎでは。。
マーヴェラスがこどもの頃にまさかあの人に助けられたなんて口が裂けても言えない笑
HK

HKの感想・評価

3.6
ゴーカイジャーとギャバンのクロスオーバー作品

大葉健二さんに対するリスペクトがとても感じられる作品であった。ただ、全体的には主題歌のテーマをそのままメインに扱っているような気がしたがそれはそれで大好きな歌なのでとても嬉しかった。

また、アクションもとても良かった。特にゴーカイレッドとギャバンブートレッグの戦闘シーンは地形も利用した密室での激しいアクションでとても見応えがあった。

他にもデンジブルーやバトルケニアなど他の大葉さんが演じたキャラクターも出ていて見ていてとてもワクワクした。

とても面白い作品だったと思う。
くくれ

くくれの感想・評価

4.6
新旧ヒーロー共演映画、かくあるべし。と言った部分が全て詰まってる。

ラスト20分サービスシーンの嵐。何も言えなくなる。

エンディングの最終話オマージュは最早やり過ぎなレベル。

これを神作品と言わなかったら何を神作品と言うのだろう?
P銀

P銀の感想・評価

3.3
一条寺烈は先輩って言うか「親父」なんですねー。おおむねニヤニヤしまくり。そしてギャバンダイナミックはやはりかっこいい。
YOSHIEMON

YOSHIEMONの感想・評価

3.5
とにかく烈ちゃんのアクションが観れて嬉しかった😭 ストーリーも楽しめた!ギャバンずいぶんとピカピカになったなぁ〜笑