劇場版 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼えるの作品情報・感想・評価

「劇場版 百獣戦隊ガオレンジャー 火の山、吼える」に投稿された感想・評価

ulysses

ulyssesの感想・評価

3.0
私の青春の1ページ。当時3歳(∘¯̆ᘢ¯̆)و”ꉂ将来の夢はガオホワイトになることって言ってるくらい好きだった。変身道具のGフォン、獣皇剣とガオの宝珠やら未だに持ってる( ¯−¯ )b『百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊』がすごい好きでVHS持ってたなぁ。

今はキュウレンジャーとかいってめちゃめちゃ人数いるよね。私の子供が3歳になる頃には戦士何人いるんですかねσ(・ε・`●)
家でゴロゴロしながら観てるときに壁を超えてこっちに演者が話しかけてくるとドキッとするよね。非常に香ばしい。

僕が好きになった最初のレンジャー。見ながら超ノスタルジーに浸った
コング買ってもらえなかったなあー。

しょうがないのがわかってるんだけど原住民少なすぎるでしょ。画面が常にチープ。

まーでも6人に見せ場があったのはいいこと。まあまあでした
django

djangoの感想・評価

3.0
特に何も感じなかった。
思い入れのない戦隊ヒーローなどこんなものか…。
原住民と遊んでたら、敵と戦うことになった。みたいな話。
敵が神話の神々なのかな。
第4の壁を越えて、観客のチビッ子達にヒーローが語りかけてくる。
それが1番の特徴か。
うみち

うみちの感想・評価

3.0
歌舞伎っぽい立ち回りとデッドプールほどではないけどちょいちょい第4の壁を破ってくる面白作品。玉山鉄二出演。
『ガオコング』登場シーンのファイヤーダンスには笑った。
劇場用オリジナルストーリー。物語にノイズが入るか入らないかギリギリなラインのハイテンション&ハイテンポでひたすらにぶっちぎる感じが最高にガオレンジャーで楽しい一本。TVシリーズの良いところを見事に凝縮出来ていたと思います。
あおい

あおいの感想・評価

2.9
命あるところ、正義の雄叫びあり!百獣戦隊ガオレンジャー!!!

仮面ライダーアギト劇場版との同時上映で、久しぶりにスクリーンに特撮戦隊が復活した戦隊25周年の記念作。

本編は戦隊の中でも稀にみる大ヒットで、今でもファンの間では絶大な人気を誇る作品。自分は幼稚園だったので、うろ覚えだったのですが、改めて見て、懐かしくなりました( ^ω^ )

動物ものの、戦隊はたくさんありますが、やはりロボやガオアニマルの造形がカッコいい。古き良き感じと今風雰囲気をうまく折衷させています。今では定番となった、サポート系のロボが充実しているのも良いところ。メンバーをそれぞれの色で呼び合うのも面白い設定です( ^ω^ )

そしてこのガオレンジャーで一番有名になったのは、ガオシルバーを演じた玉山鉄二でしょう。追加戦士で今この知名度になった俳優は珍しい気がします。

特撮はその当時見ても、数年経ってたから見ても、違った楽しみ方ができる、本当に素晴らしい作品です。

「灼熱の獅子!ガオレッド!」
「怒涛の鮫!ガオブルー!」
「孤高の荒鷲!ガオイエロー!」
「鋼の猛牛!ガオブラック!」
「麗しの白虎!ガオホワイト!」
「閃烈の銀狼!ガオシルバー!」

AmazonVideo#88
現在では毎年恒例となった戦隊プラス仮面ライダー映画の第1弾。

キャラクターたちが映画を観ている子供たちに向かって話しかけたりかけ声を要求してくるのは子供に向けて作られた作品らしくて良いような気もするが、応援させて名乗りを決めた直後、戦闘に移行せず別のシーンに切り替わるのは気持ち良くないし不自然。それと観ていてやっぱり気恥ずかしさが残る。
この試みが今作限りだったのはさすがに子供騙しが過ぎたのだろうか...。

終始画面が暗く、逆光ばかりの画だったのも気になった。せっかくのアクションやカッコいいロボがよく見えない。
この短い尺で見せたいこと詰め込んでくれてたから高評価。異次元世界と通常世界との関連性か何かの設定があれば良かったのになあ
takunoha

takunohaの感想・評価

2.5
アマゾンビデオで視聴

とりあえずパワーアニマル達はかっこいい、財団Bが換装できるおもちゃを量産しまくりし出したって、ターニングポイントのシリーズのガオレンジャーです。

テトラ酔っ払いすぎ!!
その必要がないよ!!
ふき

ふきの感想・評価

3.0
さすがにこの内容をこの尺に入れ込むのは不可能では。ロボが大盤振る舞いなのは嬉しい。
>|