レオン 完全版の作品情報・感想・評価・動画配信

レオン 完全版1994年製作の映画)

Leon Director's Cut Edition

製作国:

上映時間:133分

4.3

あらすじ

「レオン 完全版」に投稿された感想・評価

フォロワー様が増えてきたので、改めて自分の映画ライフの振り返りをしようと思います。オールタイムベストの第2位。

色んな映画を観てきました。「好きな映画は何?」って聞かれて、マニアックな作品もいくつか目に浮かびます。でも、あえて第2位は皆さんもきっと好きであろうこの作品をあげさせて下さい。本作との出会いは中1のとき、ちょうど10年前です。

【家族を惨殺された少女マチルダと、その命を救った孤独な殺し屋レオンの物語】。このたった2行のあらすじに、全てが集約されます。それ以上をあえて語る必要もないでしょう、未見の方はぜひご自身の目でご覧下さい!

何でこんなに好きなのか、他の作品と違って正直筆舌に尽くしがたい。ナタリー・ポートマン、ジャン・レノ、ゲイリー・オールドマンを始めとする完璧なキャスト、緊迫感のあるバイオレンス描写、哀愁漂う音楽。良いところをあげたら、キリがないんだけど、決定的にこれだ、って言えない...。
でも1つ言えるのは、これほど「2人に結ばれてほしいなぁ...」っていう思いで映画の最初から最後まで祈り続けた映画内カップルに私は出逢ったことはございません。(笑)
「ロリコン?!」っていう意見があるのも百も承知なんだけど、でもマチルダとレオンは映画史上に残るBESTカップルだと思うんです。直接的な描写は少ないけど、2人の表情、仕草、セリフひとつひとつに、愛がにじみ出てるんです。もうそれがほんっとーーーにいじらしいし、愛おしいし、切ない。こんな恋、現実に絶対無いだろうと思う。映画だからこそ為せる技。
屈強なレオンが、マチルダにだけ見せる笑顔や照れた表情。全てを失ったマチルダがレオンだけに見せる屈託のない笑い声。一世一代の名演技、名演出。
豚のシーン、霧吹きのシーン、そして牛乳を吹き出すあのシーンがもうたまらなく好きです。
あ、小道具や衣装もいちいち秀逸なのも良いところかもしれない。全てが絵になるし、意味のこもったアイテムばかり。レオンの部屋がシミのない、もっと綺麗な部屋だったら?レオンがもっとイケメンだったら?マチルダがもっと幼かったら?色んな計算式を考えましたが、これこそ黄金比。

『レオン』はアクション、バイオレンス、サスペンスなどに分類されがちだけど、私はこれこそ究極のラブストーリーだと思っています。全シーン、全ショットにリュック・ベッソンがほとばしらせた、レオンとマチルダという淋しく不器用な男女の葛藤と幸福。ラストはもう何て言葉にすればいいかわからないけれど、ただただ涙が止まらず、でもホッとする不思議なショットで終わります。

だからきっとこんなに好きな映画なんだろうな。他に理由はないです。ただただ、幸せになってほしい、って素直に思えた映画の中の愛でした。
レビュー書けません、ぜひ今すぐTSUTAYAへ!!(笑)多分私が言いたいこと、伝わると思います。とりあえず、素直に「好き」な映画。

完全版の方が尺が長くて、2人の愛がより細かに分かるシーンが多いからあえて完全版を推してます!レストランのシーンとか、ベッドのシーンね。賛否両論で、あのシーンは不要だって意見もあるけど、私はあっていいと思った。
孤独な男と少女が出会うボーイミーツ作品。次第に心の距離が縮まるのを丁寧に描いた名作
ひとりで生きることに慣れた凄腕の殺し屋レオン。そこにマチルダが現れ一緒に生活することになる。自分の命をかけて守るべき存在ができたことによってはじめて自分の死に対する意識が芽生えた。そして彼女に対する愛情も覚えた。それはずっと閉じ込めていた暖かくて抱きしめたい感情だった。残酷で儚くも美しいラストに涙が止まらない。生涯の名作。
ヒロキ

ヒロキの感想・評価

4.1
世の中にナタリー・ポートマン好きが多い理由がよくわかった
何十年も前の映画なのに色褪せない名作。
なんだろうカッコイイ。
出てくる人、もの全てが。

そして
レオンとマチルダの愛。
どんな種類の愛なのか?色々想像してみたけれどピッタリ当てはまるものは見つからない。

でも少しずつ、レオンの感情が動いていくのが好き。

マチルダ役のナタリーポートマンが美しすぎる。上目遣いにドキドキ。
12歳の役だけど、大人と子どものどちらの表情ももってて本当に素敵!!

ゲーリーオールドマンのこの演技は一度見たら忘れられないね。
yutard18

yutard18の感想・評価

4.3
ゴードン警部補!!!! 
ここまで見入ってしまう映画に久しぶりに出会えた気がする
何か難しいメッセージ性のある映画や、結末を鑑賞者に委ねる抽象的な映画も素晴らしいと思うが、あれこれ頭で考えさせるのではなくて、続きが気になってあっという間に終わってしまう映画だった
40目前ですが、思えば一度も観たこと無い事に気づき視聴。思ったいたのとは、いい意味で裏切られました。
今のご時世だと、マチルダとの関係性を描写するような事自体が、映画上でも難しいのかもしれませんが、価値観の多様性を許容する事も大事だと思いました。(我ながら随分堅いコメント)
ナタリーポートマンの才能の片鱗が、キラキラで、見入ってしまいました。
さて、自分も地道に頑張ろっと。
みゆ

みゆの感想・評価

5.0
愛です。
Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

5.0
名作を再鑑賞しようシリーズ。
これぞ傑作。
名シーンの奥歯カチッを定期的に観たくなる。
>|