ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:131分
    監督
    ギャヴィン・オコナー
    キャスト
    ベン・アフレック
    アナ・ケンドリック
    J・K・シモンズ
    ジョン・バーンサル
    ジョン・リスゴー
    ジェフリー・タンバー
    ダエグ・フェアーク
    ロン・ユアン
    ゲイリー・バサラバ
    グレゴリー・アラン・ウィリアムズ
    あらすじ
    田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

    「ザ・コンサルタント」に投稿された感想・レビュー

    小夜子
    小夜子の感想・レビュー
    1日
    4.0
    むむむ!これはキテル!「ゴーン・ガール」で木偶の坊キャラがこびりついてしまったベンアフが、頭脳明晰で超絶豪腕なのに"コミュ障"という、複雑かつ母性本能くすぐるヒーローに大変身。

    私的には「レオン」や「ターミネーター2」、「フォレスト・ガンプ」などの魅力が絡み合った快作です!
    なおとぅん
    なおとぅんの感想・レビュー
    1日
    4.1
    ラストはちょっと予想できてしまったが面白かった。

    銃での戦闘シーンはジョンウィックのようにテンポがよかったのでよりかっこよく見えた。

    ベンの幼少期の子役、ベンにソックリだった。
    komblog
    komblogの感想・レビュー
    1日
    3.5
    マット・デーモンがボーンシリーズに復帰したから、ベン・アフレックもおんなじことやりたいのかな〜と思ってみたら、想像以上に超Bギャグ映画だったwww
    設定がそもそも最もつまらない仕事と欧米で考えられている会計士が実は殺人マシーンだった、というジョークのようなものの上、同じようなポジションのアナ・ケンドリックとの男女のステレオティピカルな対比構造とか、定期的に暴力的なシーンとコメディシーンが入る構造。特にオチに当たるクライマックスシーンは「お前があいつだったとは、そんなバカなw」としょーじき爆笑するwww
    銃撃含む戦闘シーンやアクションはやっぱりベン・アフレックでは重そうで親友のマット・デーモンほどの軽やかさがなく、且つ、ライフル持ちになぜハンドガン???、という敵のダメさ加減書きになるのでマイナス1点。結局、今回の一番悪い人がもうどうでもいい感じというか、つまりそれって話の筋がもうどうでもいいという感じになっているのでマイナス1点。並行して主人公を探していた政府の人が事件に直接関わらなくて、主人公の人物紹介のためだけにいる感じなのでマイナス0.5。エピローグでどう考えても続編作るなコリャ、という感じが若干嫌だったのでマイナス0.5点だけど、オチのある意味での「ザンシン」さにプラス0.5点でこんな感じw
    ボーンシリーズみたいなスパイアクションみたいなものを期待していくとがっかりするかもしれないが、B級スパイアクションコメディだと思っていけばそれなりに楽しめると思う。俺は十分楽しめたし、特にクライマックスには爆笑www
    senjyu
    senjyuの感想・レビュー
    3日
    4.5
    大変好みの映画でした。

    大企業の不正というストーリーラインよりも、主人公は何者なのか、という謎と張られた伏線に唸る感じです。

    ムビチケカードのデザインが正直ちょっとどうかなと思っていましたが、映画鑑賞後に見ると、最高…となりました。
    Mちゃん
    Mちゃんの感想・レビュー
    3日
    -
    途中眠かったけど銃撃始まったら目がさめた
    WarrenNathan
    WarrenNathanの感想・レビュー
    4日
    4.0
    思ってたよりよかった!すごく驚かされます!
    MasaichiYaguchi
    MasaichiYaguchiの感想・レビュー
    4日
    3.7
    田舎町のしがない会計士という表の顔と、凄腕の殺し屋という裏の顔を持つクリスチャン・ウルフを主人公に、スリリングなサスペンスアクションを繰り広げる本作はハードボイルドタッチで男心を酔わせる。
    この二つの顔を持つアンチヒーローを演じるのはベン・アフレック。
    ベン・アフレックと言えば、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」で世界的に有名なアンチヒーローのバットマンを演じたが、個人的には本作の方が魅力的に思える。
    このアンチヒーローは数学の達人であり、殺し屋としても格闘術や射撃の腕が超一流なのだが、そのような天才ゆえに常人とは異質な面を持つ。
    「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」でベン・アフレックと共同で脚本を書いた盟友のマット・デイモンは、シリーズ化された「ジェイソン・ボーン」で最強の暗殺者を演じているが、今回ベン・アフレックが演じたこの二つの顔を持つ殺し屋と好対照を成す。
    意図は違うが、ジェイソン・ボーンもクリスチャン・ウルフも軍隊的に鍛え上げられた“戦闘マシーン”。
    そして、身分不詳の一匹狼でリスクの高い宿命の下にいるので自己保身能力が高い。
    このように共通点が多い二人だが、大きく違うのは、クリスチャン・ウルフはその異質性ゆえに、出自や彼の家族、同じような特異性を持つ仲間が作品で存在感を放っていること。
    主人公の回想として出てくる過去と現在が作品で交互に描かれるのだが、ラストで過去と現在が重なった時、作品に張り巡らされた伏線が繋がり、ハードボイルドな作品でありながら、何とも言えない温もりに包まれます。
    ToshikiYokota
    ToshikiYokotaの感想・レビュー
    4日
    3.5
    試写会にて
    YoshihiroKubo
    YoshihiroKuboの感想・レビュー
    4日
    4.5
    今年3本目の試写会はベン・アフレック主演「ザ・コンサルタント(原題:The accountant/会計士)」。

    予告編とか見て「なんで今さらベン・アフレックがジェイソン・ステイサムみたいな映画やるんだ?」なんて気持ちで見に行ったら…

    この映画、最高におもしろかった!

    そして、宣伝担当泣かせ、レヴュアー泣かせなのは、そのおもしろいところが言ってはいけないところだから。チラシや予告編だけ見るとよくあるアクション映画のように見えてしまうけど、全然違う! 逆に言うとそれ以上の情報を知らずに見た方がいい!

    だから、うっかりネタバレしちゃってるレヴューは絶対読まないこと!(Filmarks でもネタバレにしないで書いちゃってる人もいるから要注意!)

    言えることは、

    1、ベン・アフレックの演技力に改めて驚かされる。ベン・アフレックって、こんな演技ができるんだって。

    2、ともかく脚本が秀逸! 散りばめた伏線が全てキレイに回収されて「う〜ん」と唸って気分スッキリ!

    ということで「アクション」がすごいのは当然で、本当におもしろいのは「言えない」ところにあるという、アクションだけじゃないアクション映画。絶対オススメ!
    Nagi
    Nagiの感想・レビュー
    4日
    -
    2017/1/12
    >|