スカーフェイスの作品情報・感想・評価

「スカーフェイス」に投稿された感想・評価

アルパチーノの演技、特に登りつめていく時の自信に満ちた表情、転落していく時の抜けた表情など顔の演技が凄すぎる。

トニーモンタナという人物の人生の成り上がりと堕落を、まるでジェットコースターに乗ってるかのような感覚で観れる映画です。

不器用だけど自らの仁義と欲に忠実で猛烈に生きているトニーの生き様はかっこいいという意見もあるが、小学生並みの感想だけど、やはり悪い事と薬物はいけないんだなぁと思いました。
マフィアオブマフィアモノ。キューバから肝っ玉だけでのし上がった男の物語。成功とは裏腹のラスト。みたされない。欲にうえたアルパチーノ。ボスの言葉がひびくねえ。
青二才

青二才の感想・評価

3.6
キューバからアメリカへやってきたトニーがギャングとして成り上がる話

トニーの成功への野心と執着心の強さ故に、横恋慕していたボスの女のエルヴィラや、大きな屋敷、ギャングのボスの地位を手にしても、満たされることのないトニーの表情が良い。数々の修羅場を潜り抜けてきたと思われる肝の据わった態度を、自身の最期の時まで貫く様がカッコいい。

念願のエルヴィラと結婚式を挙げた際に、虎をお披露目するシーンが最高

余談
『オリエント急行殺人事件』や、『アントマン&ワスプ』で記憶に新しいエルヴィラ役ミシェル・ファイファーの若かりし頃の姿が美しい
さいごにちょっと出の、
和製ターミネーターみたいなやつが、
まさかのいちばんおいしいとこ、
ぜんぶ持っていきましたね。

ラストシーンだけ見た人は、
あいつが絶対主人公だと思うはず。

あと妹、サイババ。

それはさておき、チンピラが、
のし上がっていくストーリーは、
最後に転落するってわかるだけに、
幸せ絶頂のシーンでも
見ててつらくなります。
映画の中の映画といって過言ではないだろう。

前半部、キューバの貧しい男が度胸だけでアメリカ裏社会にのし上がっていく様は圧巻だ。主人公はまさにハングリー精神だけを持って生きているかのようにギラギラしている。
そして麻薬組織のボスになってからの退廃的な生活と衰退。主人公の退廃具合や酒、煙草、そして麻薬で病的におかしくなっていく描写が対比的だ。

この映画を成立させているのはアルパチーノの演技力であろう。野心、裏切り、度胸、恐怖、鬱、愛など様々な感情が乗り移る怪演技だ。
かおり

かおりの感想・評価

4.0
面白い‥‥!
マリエル難民事件を知らなかったのでとても興味深くて見入りました。

ゴッドファーザーのアルパチーノもかっこよかったけど、スカーフェイスは全然違う顔。
ゴッドファーザーで物静かだったマイケルが嘘のよう。
でも内に秘めた哀しみが漂う雰囲気、俳優ってすごいなぁ。
トニーモンタナは乱暴で独りよがりな奴だけどどうしても憎めない魅力的な男だった。(葉巻の吸い方が可愛いし)
多分アルパチーノの魅力。

マニーは足を洗って普通の生活できそうなタイプな気がしたし良い奴だったのにな。
見応えありで楽しめた。
今年はマフィア映画をたくさん観たいです。
jenn

jennの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかくトニーが魅力的 やってることは最低だけどなんか筋が通っててかっこいいと思ってしまう 前半のハングリー精神でのし上がっていく様は見ててスカッとする 後半は口半開きで薬漬けのトニー 不器用な性格のせいで周りの人を遠ざけてしまう ずっと家族が欲しかったのにね 約3時間だけどあっという間 ラストシーン大好きです ミシェルファイファーがとっても美しい
もと

もとの感想・評価

5.0
アルパチーノのトニーモンタナは最高です。
ネタバレになりますがカリートの道、ゴッドファーザーにも似ていて非なる部分もあり、人間臭さを演じさせたらピカイチです。
後の狼たちの午後もアルパチーノ以外では考えられないし、
ゴッドファーザーのフレドが出演してるのが粋な映画です。

アメリカではアルパチーノよりトニーモンタナの名のほうが有名で一人歩きしてるという噂もありますしね。

荒くれ者から落ち着いたボスまでたくさんの顔を見られる映画です。

あと、情婦エルビラが美しすぎる。
アルパチーノのブチ切れた演技はいつ見ても最高!ジョルジオモルダーの80年代のサントラも堪らんですね。今じゃハリウッドでもこんな映画作れないような気がします(^^)
ys

ysの感想・評価

5.0
年末年始は長編を。
公開時映画館で鑑賞。
DVDで十数回目の再鑑賞。
パチーノ✖︎デパルマ✖︎オリヴァーストーン
当時公開が楽しみだった、大好きな作品。
粗野な成り上がりギャング、
野心家トニーモンタナの自滅的な一生。
憎めない一面もある。
チェーンソー虐殺も。
マイアミチェーンソーマッサカー。
ナイトメアキャデラックも登場。
シートが虎柄。
トニーモンタナはのちに虎も購入。
ミシェルファイファーが最高に美しい。
孤独と悲哀が切ない名作。
ジョルジオモロダーの音楽も最高。
アッパーチューンと切ない曲が
織り混ざっている。
ミッドナイトエクスプレス、フラッシュダンス、トップガンなどもこの人です。

ウィーアーユアフレンズ🎬に
スカーフェイスのポスターが出てくる。
見たことないカッコいいやつ。
感動して一時停止して
写メ撮りました。笑
トニーモンタナはラッパーたちの
カリスマになっている。
http://www.tapthepop.net/scene/72413

ちなみにオリジナルの
Scarface 暗黒街の顔役🎬の主人公は
トニーカモンテという名前らしい。
観たような気もするけど曖昧です。笑
ハワードホークス監督作。

スカーフェイスというのは
アルカポネ Al Caponeのあだ名だそうで
英語の発音はアルカポーン!かわいい笑

アルカポネの映画は
デパルマ✖︎デニーロ、ケヴィンコスナー、ショーンコネリーの名作
アンタッチャブル🎬ですね。

まだまだ観たい長編があるけど
また来年、笑
>|