大陸横断超特急の作品情報・感想・評価

「大陸横断超特急」に投稿された感想・評価

Bondrake

Bondrakeの感想・評価

4.0
 軽い気分で観れる娯楽映画。 てもコメディとして期待しすぎると「ちょっと期待はずれ...」ってなるかもしれません。あくまでもエンターテイメント作品として楽しんでみてください。
 ジーン・ワイルダー 良いですね。ワンカ(ウォンカ)以外でみたことなかったものですから。
 とにかく娯楽に必要なものならなんでも詰め込んであります。笑い、恋愛、アクション、サスペンスなどなど。
 サクッと観れるので気になったら観てみてください。 できればMr Boo バージョン(吹き替え)で。
Catman

Catmanの感想・評価

5.0
まただものお〜!!

ってコレやっぱり吹替版の広川太一郎が最高なんですよね。独特の洒落が効いた言い回しはもはやジーン・ワイルダー本人がパクった方がいいんじゃないかと思わせるレベル。お得意のアドリブ風をやり過ぎないサジ加減も丁度いい。主人公の台詞が多いだけに、全編を通して彼の名調子が作品の軽妙洒脱なムードを増幅してます。広川氏の芝居がケミストリーを引き起こして他の声優が乗ってくる感じも楽しい。

むろん映画自体も超オモロイ。コメディとサスペンスを軸に、ロマンス、アクション、バディとあらゆるエンタメ要素が見事なバランスでてんこ盛り。そして圧巻のクライマックス。誰が観ても楽しめる娯楽映画の王道です。キャスティングもいちいちハマってるし、ほんの端役に至るまでサブキャラの造形が豊かで魅力的。マクグーハンの出演も個人的に高得点です。70年代独特の空気感も心地いい。ヘンリー・マンシーニによる音楽も上質なんだよなぁ。

『シルバーストリーク号』という味気ない原題とは対照的に、『大陸横断超特急』という大きなスケール感とロードムービー&パニックムービーのテイストを一言で醸し出す邦題もステキです。す
シュウ

シュウの感想・評価

4.0
昔見たゴールデン洋画劇場の懐かしさもあるこの映画。

列車内サスペンスと思いきや、空ありカーアクションありのコメディで盛りだくさん。

後のセガールを始め、様々な列車映画にも影響を与えていること間違いなし。
eedays

eedaysの感想・評価

4.0
こどもの頃に観たよ。映画ってドリフよりおもしろーいと思ったよ。たぶん、ドリフは週に一回観てたからだけど。
列車と殺人といえば、動く車内が密室だということを利用した推理物が定番ですが、これはまさかのアドベンチャーです
エンターテイメント性があります
吹き替えで見たのですが吹き替えの演技が面白かったです
ryusan

ryusanの感想・評価

4.8
列車ものの大傑作、列車に何度も戻ってくるシナリオとラストも圧巻。
列車から落ちて戻る回数ギネスブック。
ShotaTerai

ShotaTeraiの感想・評価

5.0
土曜洋画劇場で夢中になった本作をDVDで見直す。しかし吹き替えで見ているのに(広川太一郎最高)所々英語に戻ってしまう、なんでだろうと思ったら、どうやらテレビ放映時の吹き替えなので時間枠に収めるためにカットされた部分は英語のままということのよう。そこを踏まえるとこの映画の間延びしている部分をしっかり掻い摘んで切ってあり、見事にタイトにまとめたテレビ放映版が素晴らしいなぁと思いました。
ゆみみ

ゆみみの感想・評価

3.0
LA発シカゴ行きの寝台列車シルバーストリーク号で発生した殺人事件。主人公と犯人の列車内アクションかと思いきや、なぜか主人公、何度も列車から落ちる(笑)。久しぶりに映画見て爆笑した!定期的に何回も見たくなる!ぜひ吹き替えで!
チェケ

チェケの感想・評価

4.0
定期的に見たくなる。ジョージとグローヴァーの掛け合いが楽しい。たまたま道中一緒になっただけの縁のジョージを助けに戻るグローヴァーの漢気に痺れる。
ほ

ほの感想・評価

3.5

列車旅で浮かれて美人ナンパしたら殺人じけんの目撃者に!
というサスペンスコメディー。


電車から何回落ちても生きてる主人公の謎バイタリティ。


安心&オーソドックスな展開。
>|